FC2ブログ
最近の感想日記
Tag : ゼラオラ
とりあえず地上波初の時は改めて書こうかなと思ったので、劇場版ポケットモンスター みんなの物語の感想日記です。

当時の感想もよろしければ…
http://maryuudokuhaku.blog93.fc2.com/blog-entry-4226.html

以下視聴後に

ヒャダインさん、あばれる君、サンシャイン池崎さん、しょこたんの生放送部分~~

・と矢嶋監督
しょこたんは途中からで、最初はおっさん4人の(笑)話を。
矢嶋っちはトレンド入りしなかったのが残念ですねえ。

・もはや早口言葉
生コメンタリーで色々やったんだろうけど、昨年に引き続きスピード展開でやるよなここ(;^ω^)

・みんなのつぶやきがまぶしい
スタッフがある程度選別はしてるでしょうけど、純粋でまぶしい意見が採用されやすくて、時折目が行っちゃったときに辛いひねくれファンです(笑)
本編に集中してても、素直なご意見が胸に突き刺さる…w

みんなの物語本編~~

・バンギラスのヒロイン感
序盤の悪役?解せぬ。
あのキュートさはやばいでしょ!?<落ち着いて
ピカ様の「誰に物言ってんだ?余裕」的なドヤ顔もツボwww

・個人的な推しはリサ
かっこうええおねーちゃんが好きです(笑)
久しぶりに聞いたから
「なんでそんなに頑張れるのよ!!?」
でも泣いてしまった(当時はCMとかで散々聞いてたから…)
そういえばリサって、陸上やってた当時から髪の毛あのカラーリングなんでしょうか?
いや地方チャンピオンがあのド派手ギャルってのも、すごく、萌えてしまって大好きです( *´艸`)

・ポケモンだからこそ活きる死生観
今年もとい21年前のアイツーちゃんや、ラティオスお兄ちゃんなど、先例も少なくないですが。
普段ゲットだろうとトレーナーバトルだろうと、決して死がないポケモン世界だからこそ、死を描いたときに重くのしかかるっていうね。
ヒスイおばあちゃんの過去エピソードのインパクトは、おばあちゃんの美人さと共に、テレビで見ても衝撃的です。

・だからネイティオとか助けたれって
ゼラオラの最後の、倒れてくる柱戻すシーン。
力が足りないとかいう問題じゃないねん。
信じてるとかは別にいいねん。
でも、ESP使える子らは助けてやれよぉ!!
と、今回も思ってしまった…。

・ルギアの鳴き声
パルキア、ギャラドス、ホウオウと並んで、あのウォーンって感じの鳴き声は大好きです。


あらすじ~~

風祭りが行われるフウラシティ。最終日には人々に恵みの風を与える伝説のポケモン、ルギアもやってくることから、連日にぎわいを見せていた。サトシとピカチュウもその1人だ。
しかし街の人々は、必ずしも祭りを楽しんでいるとは限らないようす。

弟に突然ポケモンの捕獲を頼まれてしまった初心者のリサ
姪っ子のためとはいえ、嘘と見栄っ張りのカガチ
優秀だが極度の人見知りで人前に出られないトリト
なぜかポケモンを嫌っているヒスイ
そして森の中へとこっそり出かけているようすのラルゴ

サトシが彼らと出会ったとき、それぞれの物語が始まる。



おまけのような何か今年の”初予告”に関する解説的感想~~

上記、劇場での感想でラストに大暴走した件を、実際どうなったのか振り返ってみようかと。
詳しくは視聴後にですが、当時私が問題提起?していた部分だけ先に並べておきます。

>>2019年夏、あいつが帰ってくる
ミュウツーの件。
これはもう、大当たりというか、いやはずれとかありえないしな話ではあるんですけど。
どうしようかね本当に。
明日見に行く人がツイートだけでも結構いるようなので、ずらそうかなあ。

>>風と一緒に2019
主題歌の件
こちらは予想的中というか、期待に応えてくださりありがとうございますですね。

>>3Dの不安
人間は2Dアニメージョンでお願いします。 の件
実は、微妙に違和感は拭えていない今日だったりします(笑)
ピカチュウたちポケモンは違和感ないんですけどねえ。
いっそのことFFのようなリアル美人系に…<みんなの物語以上に誰サトシ?ってなるからやめて

>>古谷さんと高木さんは再登場あるか の件
「ヘイ!そこのボーイ!」
「ポケモンバトル、できるかなー?」

レイモンドさんまで確定となった今となっては、本業声優さんは期待しかしたくないんですけど、ど、ど、どおうなんでしょうか…。
(無理なら古島さんとか今の出演多数さんにやってほしいなー)

>>カスミとタケシの代打は? の件
そのままの世界観ということで、代打の心配の必要すらなくなったのは嬉しいです。
ただこっちも違和感は残っているのよな。
なんというか、しゃべったりとか行動すると違和感が目立つんだけど気のせい?

>>どっからどこまでやるのか
アイちゃんエピソードは?の件
アーマード関連はやるってのと、あと今日の予告映像で、フジ博士とその部下さんたちをぶっ飛ばしてるのはありましたね。

>>新規幻のポケモンの存在
ミュウツーとミュウで、前売りと当日は埋まりそうな件
残念ながら、当日は配布自体がないという結果で、半分的中という。

NEW 2代目サカキ様
去年の予告段階では思ってなかったので追記。
アーマードで思ったんですが、サカキ様出ますよね?
そういえば、三宅健太さんに交代なさってからって、初なのではないでしょうかと。
すごく、期待しています。


いつにしようかなあ。
(ぶっちゃけ逆襲くんをまだブイに連れて行ってないという…wまずそっちやっとくか)


関連記事
ポケットモンスター サン&ムーン第101話「放て!友情のツインスパーキングギガボルト!!」の感想です。

これまでのお話
2018年12月9日は、第100話「風を断つ稲妻!その名はゼラオラ!!」を放送しました。
カプ・コケコと再会したサトシは、早速バトルを申し込む。
ところがカプ・コケコとピカチュウの電撃がぶつかりあった瞬間、サトシとピカチュウは見知らぬ街に飛ばされていた。
既に崩壊した街には、一体の大きなポケモンがいたが…。

関連記事
ポケットモンスター サン&ムーン第100話「風を断つ稲妻!その名はゼラオラ!!」の感想です。

これまでのお話
2018年12月2日は、第99話「イーブイどこいくの?あのコに会いにどこまでも!」を放送しました。
浜辺で出会ったトリミアンがトレーナーと共に去っていくのを見たイーブイは、以前遊んだピカチュウたちを思い出し、街へと繰り出す。
ところがそこで、アローラの姿をしたペルシアンに追い掛け回される羽目になってしまい…?

関連記事
今週のポケモン公式サイト、告知がいろいろ半端ねえ気がする。


ゼラオラの身長って何センチだっけ?
https://www.pokemoncenter-online.com/?p_cd=4521329257419&lp=official&utm_campaign=official_zeraora&utm_source=official&utm_medium=referral

ゼイコミ、ゴマンキュウセンヨンヒャクエン。
…OH。

150cmのゼラオラくんの、等身大ぬいぐるみがポケセンオンラインで受注予定だそうです。
自立は無理だけど稼働はできるとか怖いなあ。
ちびっことの2ショット写真が上記サイトでは見られるんですが、確かにでかい。

受注期間 2018年9月15日(土)10:00~2018年10月28日(日)23:59
と、スタートはまだ先ですが、気になる方はブクマや予定表チェックなどしておくと良いかも。


ホラーさを感じさせる秋の新メニュー
https://www.pokemoncenter-online.com/cafe/news/180907_01.html

続いてはポケモンカフェ。
以前告知されていた、新メニューの内容が明らかに。

9月8日(土)~10月31日(水)までということで、明日予約している方は早速楽しめます。

中身は
ピカチュウのハロウィンよくばりプレート 1,706円(税込)
ピカチュウのハロウィンよくばりプレート プレート付 2,894円(税込)
ゴースのメンチカツバーガー 1,706円(税込)
モンジャラのハロウィンモンブラン 1,490円(税込)
ゴルバットのどくどくフロートドリンク 918円(税込)
ピカチュウのハロウィンマロンラテ 918円(税込)


モンジャラさんのカラー再現パネエ。
相変わらずの値段ですが、ゴースとゴルバットは少し気になってしまいます。

また10月1日(月)~31日(水)の間は、コースターとランチョンマットも限定しように。
ちなみにコースターは通常、ランダム6種から1つ選択だそうですが、限定品にするかランダム挑戦するかは選択できるそうです。
これは嬉しいすね。
イメージはハロインのようで、ポケセンのグッズシリーズWe Are TEAM TREAT !のものを採用。
デザインが気になったら、グッズを集めてみるのも良いかも。


台風や地震の影響で…
https://voice.pokemon.co.jp/stv/zenten/2018/09/post-9505.html

ポケモンストア関西空港店
ポケモンセンターサッポロ
ポケモンストア新千歳空港店

現在上記3店舗がおやすみ状態になっています。
いずれも当面は営業の予定なし。
目処がいつ立つかは未定とのこと。
イベントなども無いので、近隣の方、どうか無理して行こうとなさらぬように。
営業してないって時点でもそうですが、ご自身が活動できる状況でも、交通網とか未だにやばいという話も聞くのて…。


ピカブイも「しゅう」くんが案内してくれます
https://www.pokemon.co.jp/info/2018/09/180907_gd01.html?i002=news

もうなんか恒例だからってのもあるんだろうけど。
ゲーム発売前から攻略本の告知だよ(笑)
例によってソフトと同時?最速クリアガイドと、
エンディング後とか本格的なガイドの2パターン。

本格的こと完全版は12月1日(土)の発売。
こちらもいつものように、元宮秀介さん&ワンナップさんの執筆です。
1200円はカントー編のリメイクだからかな。
久しぶりに見たこの価格、攻略本では結構ありがちな値段だけど、安く見える不思議。
辞書や鈍器にはならなさそうだ←


そんな感じでしたー。
関連記事
というわけで、珍しくも早めに見に行ってきてしまいました。
劇場版ポケットモンスター、2018年の、みんなの物語
鑑賞後感想日記です。
ずずずいーっとネタバレするので、未鑑賞の方は回避をお願いします。
あらすじなどは、映画公式サイトをご覧下さい。


どうでもいい前置き?
バレ防止策とか言って(笑)
スマホ忘れて、当然?メモ用紙も持っていなくて、慌てて帰ってきて書いてます(爆)
やっぱガラケーほど、緊急感ないんだよなあスマホ。
今回、ムビチケだったわけですが、予約番号と電話番号で予約したチケット取得できるし。

ちなみに席は、Jー14。会場によっては違うかもですが、1番でかいスクリーンの時間帯でのど真ん中予約してやりましたよ(ノ∀`)


ではでは以下、感想です。

ゼラオラを受け取ってね。のシンプルさ
例年、会場でのポケモン受け取りは、キャラクターが案内をする専用アニメを制作していました。
が、今作に限ってはなしで普通の案内(去年もなかったっけ?)。
監督の交代で、このあたりは変更したのかどうなのか。

ちなみに、うちに来たゼラオラくんは、ゆうかんで、打たれ強い。
これどこまで固定なんでしょうか。
性格のみ、もしくはノー固定だとしたら、映画に見合った感もあって私ホイホイの性格・個性になってまして、かなり感動してます。
…久しぶりにUSつけたらモクローくんがくたばってて、始まるまでの間ポケセン行ってきた(ゲーム内)のは内緒です。ほんとうすまんかった。


ヒーローするところはそこなのかサトシぃ!?
全体的に言うと、メイン問題の部分ではあまり活躍がない印象を得ましたね。
ラルゴを男の子たちから助ける登場の仕方は格好良かったのに。
メインの部分では、どっちかというと街の危機<ゼラオラと仲良くなること、みたいな。
いやそれも大事というか、それがないと行けないのはわかっていますし、別段不満というほどでもないんですが。
みんなの物語、だけに、サトシの活躍が突出してない?イメージです。

ヒロインはバンギラス
異論は認め…る(笑)
首にコードが引っ掛ちゃって痛みのあまり暴れて、サトシとピカチュウに救われる。
この間のサン&ムーンといい、ポケモンスタッフはバンギラスをなんだと思ってるんだ!!
常に可愛いとか反則(*´ω`*)
彼?には申し訳ないけど、暴れてる間鼻の下が伸びていた可能性が高いのは私です。

ヒーローはリサ?
一方で、謎めいた暗示を予告で出していたリサちゃん。
その甲斐あってというか、それだけの存在感、たしかに出してますねー。
冒頭で、陸上部の子らを意味深に見ているというシーンがありましたが、かつては地方トップまで上り詰めたほどのスプリンターでありながら、足の怪我によって再起に恐怖を抱き、引退してしまったというエピソードが。
その足を活かしてルギアを導く聖火を運ぶというのは、オリンピック意識もあるのかなあ。
めちゃくちゃ格好よかったです。
高所恐怖症なのに、電気ストップでリフトが動かないため、聖火台の頂上まではしご?とか、本当頑張った。
(聖火消失事件での2回目のリフトで、1人ぜえはぁしてたのを見ているので、余計にお察しする)
ルギアが目の前にやってきてくれたってのは、多分スタッフからの最高のご褒美ではないかと。
山ちゃんは喋んなかったけど(笑)、専用の?あの鳴き声は大好きです。

壮絶なヒスイおばあちゃんの過去
理由もなくポケモン嫌いってのは、あの世界では珍しいので、なんかあるだろうってのは、察していましたがね。
50年前、発電所停止のきっかけとなった火事。
発電機の鍵を取りに火の中に飛び込んでいったおばあちゃんのブルー。
が、鍵をおばあっちゃんに手渡して、ブルーは火に飲まれてしまい…。

右手の手袋の下には、おそらくやけどのあとがあるんでしょうなおばあちゃん。
自分のせいでポケモンが死んでしまうのなら、もう関わりにはなるまい。
そうして50年…(´;ω;`)
にしても、おばあちゃん50年前美人やなー。
煩悩と感動がせめぎ合って大変でした。いやまじで。

きっかけはカガチさんのウソ
ウソというか、今回の場合ホラという印象。
もともとはリサちゃんだけについた、レアポケモンがいるという嘘。
それを大勢の人がいるところで言ってしまったもんだから、ラルゴが聖火を盗み、ポケモンハンターたちが山狩りをするという事態に発展。
実は追及されたら、結構立場的にピンチでしたね。
でも憎めないのは、病気がちな姪ちゃんのためを思って、つい見栄を張ってしまうという動機があったためで。
結果的に、その見栄を事実にしてしまおう、ということで街を救うことに。
そういう意味では唯一、街そのもののためでなく、たった1人のためにっていうところで、また違った感動があるんですなー。

被害者だからこその功労者、トリト
ロケット団に高濃度の胞子を盗まれたことが今回の事件の引き金になってしまったトリトくん。
カガチさんの嘘(というか見栄)に協力していたことを自ら明かしてしまうドジっぷりも発揮。
しかしだからこそ、アロマセラピーやラムの実での胞子散布を食い止めることを思いつけたとも言える。
功労者っていうか、苦労人かも(笑)
ただトリトくん、理解者の友人が1人いることは、目を向けてあげてもいいような気はしました。
人間とポケモンとっていう話ですが、陰口を言うメンバーが多い中、アフロっぽい茶髪の彼だけは、トリトくんを擁護していたので。
人見知りかつ臆病とはいえ、ポケモンだけに目を向ける前に…と思わずにはいられないかな。

ラルゴはヒロインか、犯人か
思えば、しょっぱなからレモン?(があるだと!)のリアカー倒して迷惑かけてるとか、暗示じゃないだろうな(笑)
ヒロインっぽさを出していましたが、ゼラオラのためとはいえ聖火を盗んでみたりと、かなりお転婆ちゃんでした。
ゼラオラとの出会いのきっかけも、岩盤落下は偶然とは言え、ポケモンたちとはしゃいでいたり、かなり活発で、見た目の大人しそうなお嬢様印象とは違いますね。
エンディングでの、お父さんとゼラオラとピクニック?は、彼女が言い出したに違いない(笑)微笑ましかったです。

市長よりイケメン声のするゼラオラ
いや中の人同じなのは知ってっけど。
ラルゴパパが喋るより、ゼラオラが唸ってる方が、なんか格好いいなって思っちゃったんですよ!
しかしあれだな、最後の柱?落下。
「念ポケモンたちサポートしてやれよ」とか突っ込んだのは私だけではないはず。

夏モードのロケット団
キミきめもそうだったっけ?
ムサシねーさんはノースリーブで、コジロウにーさんも半袖かつアンダー来てるけど上着がヘソ出しルック(ムサシねーさんはアンダーなしのへそルック…はいつもか?)。
妙にいろっぺーねーさんでww
ていうか、一応すでにサトシと面識はある設定みたいですね。
キミきめ!では、直接的な接点なかったのに。
そして今回は、珍しくちゃんと?悪役。
窃盗が成功しなかったがために、街への胞子散布と山火事を招いてしまっているという。
…ちゃんとじゃねえか。

モブさんの姿を借りたレギュラーの活躍
ゲット大会司会のポケだモンじさんを筆頭に(笑)
分かりやすかったのは、レモン売りの少年の1人のマーマネでしたな。
テロップを見る限り、ほかにもアニメで見かけるお名前がちらほら。

ポケランちゃんねるの真相(笑)
へー、作品内でもやってるからCMになったんですねー。
とか、最初は思っていたんですが。
以前、中の人がしょこたんというのは聞いていてですね。
まあ、予想つくというか、案の定、本作でもしょこたんが担当しているリサちゃんの弟、リクくんがその正体だったという。
おまけに、おねえちゃんにあげたサングラス、盗聴っていうか撮影機能がついていて、風祭り当日のあれこれを病室にいながら放送できていた理由も明らかに。


いやゼラオラまじ格好良かったんですよ。
可愛い版サトシも可愛格好良かったんですよ。
ざ・皆の物語って感じで、活躍配分と、その背景にあるものとか上手いなと思ったんですよ。
なのに…




2019年夏、あいつが帰ってくる
「此処は何処だ、私は誰だ」
3Dでやるかもしれないミュウツーの逆襲ってなんだよ!!
ふざけんなばーか!!
大好き!!!

というトンデモネー予告映像がですね!!
これは流石に詐欺にできねえだろう。
というか市村正親さん、あれ取り直しなんでしょうか。
使い回しにしても、許可もらってるってことですよね。

風と一緒に2019
「知りたきゃ、波止場のカモメに聞いてみな。聞くまでもない。」
と、ボイジャーさんが私の頭の中でお達しをですね!!
主題歌も決定事項でいいですよね!! ね!!
(劇中本当は、尋ねられているのは海の荒れ模様の中船が出せるかという話で、「海をご覧なさい(無理に決まっている)」と続きます)
キミきめのところで、オラシオンになったのは、このための布石カー!!としか思えないですよ!!

3Dの不安
人間は2Dアニメージョンでお願いします。
って話だよな。
サトシが作画監督さんの違いによってコロコロ顔を変えるのはまあ仕方がないとしても。
予告映像のミューにぃの片目(全身は出てきませんでしたー)が3Dだったのでそう思っただけで、実際は2Dってのは全然歓迎する。

古谷さんと高木さんは再登場あるか
もちろん佐藤藍子さんも再ゲストで構わねんですけど。
キミきめでフシギバナ使ってたのがソラオこと古谷徹さんで、カメックス使ってたのがスイートこと佐藤さんで。
ギャラドス使いのウミオこと高木渉さんが、サトシたちとともに無事に?ミュウツーのもとへたどり着きますのですよ。

カスミとタケシの代打は?
マコトとソウジカムバック!!か?
あと、サトシがゼニガメをゲットしていない?世界なので、どうやって行くかがまた問題になるのですよなあ。
あ、リザードンは言うこと聴いてるから、飛んできゃいい話か?
(雨降ってるのが問題ではあるが)

どっからどこまでやるのか
そういえば、アイちゃんとのあれは総集編というか、完全版的な話なんですよね。
当時短編があったこともあって、完全版でも90分未満。
120分フルに使ってくれれば、入れることは可能?
…変にオリジナルを入れないでくれれば安牌ではあるが、さてどうなるか。
(リメイク?ってのは冒頭のツーさんのセリフから察しってのが大きいので、我はここに在り以降の設定とかっていう可能性もありましたらすみません。それはそれで歓迎というか。)

新規幻のポケモンの存在
ホウオウのところでも、その裏的存在としてマーシャドー入っちゃったしなあ。
ミュウツーとミュウで、前売りと当日は十分な気もしないではないのですが。
もし追加するとしても、今回のゼラオラのように、ルギアと直接は関係ない体で入れる…方向で頼みたい。


ってわけで、早くもポケモン脳の半分以上がコピーにーさんで占有されています。
今年の映画の感動とかどうしてくれるんだスタッフ(笑。いやちゃんと感動残ってるけどね!)
そういえば、映画としての20年後は2018年なので、翌年ってのはある意味しくみやがったなっていう。
つーか、当時の映像を振り返ろうってんで、1998年の逆襲、地上波放送どっかで組むのも確定じゃないですかこの!(笑)

まだまだ妄想をふくらませそうな余地しかないのですが、とりあえずこの辺で。
長々と読んでいただき、ありがとうございました。
関連記事
カテゴリ一覧
アルバム
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター