最近の感想日記
Tag : ペンデュラム
遊☆戯☆王ARC-V第148話(最終回)「ペンデュラムが描く奇跡」の感想です。

これまでのエンタメ
2017年3月19日は、第147話「解き放たれたドラゴン」を放送しました。
4竜をズァークにはさせないと決心する遊矢。ジャックとの闘いも超え、最後に待ち受ける対戦者とは?
関連記事
遊☆戯☆王ARC-V第140話「魂のペンデュラム」の感想です。

これまでのエンタメ
2017年1月15日は、第139話「闇に染まる眼」を放送しました。
続いては沢渡と、カードから蘇ったクロウが立ち向かう!
関連記事
遊☆戯☆王ARC-V第百十一話「ペンデュラムハート」の感想です。


これまでのエンタメ

第110話「破かれたスマイル・ワールド」
2016年6月19日放送

傷ついた黒咲の救護を急ぐ遊矢の前に、突然現われるエド!デュエルは力の象徴であると信じるエドは、遊矢、そして遊勝の「エンタメデュエル」を己の力で否定するためにデュエルを仕掛けてきたのだった。そんなエドにとまどう遊矢だが、彼の本心を知るため、ユートの制止を振り切りこの闘いに挑む…!
関連記事
覇王黒龍のルール本(笑)


画像見えない方>>遊戯王OCG パーフェクトルールブック 2015 (Vジャンプブックス)


表紙で既出ですが、覇王黒龍さんについての詳しい解説がある初めての?ルールブック。
すなわち、ペンデュラム・エクシーズカード。
についての説明があります。

表向きか裏向きかで召喚方法が変わるってのが、当然なんですが面白かったです。
(エクシーズなので、基本がエクストラ収録なわけですが、1回も召喚されていない場合は他のエクストラ同様に裏向きで配置。
一旦召喚されて破壊なりなんなりされたあとは、ペンデュラムなので表向きでエクストラに行くってことですね。
攻撃その他の効果については本誌・・・というかカード参照で。)

初めての方向けに、基本からルールは収録されているのと、
今年も検定の問題がいくつか掲載されているのは2014年版と同じですね。
検定は、審判として働きたい方は今年は必見ですがさて。

付録は混沌の黒魔術師。

熟練者の方にとっては、改訂していない部分が既知というか、2014年版にも載ってるし、そもそも自分で覚えてるしってことかもですが、まあ、知らない人もいるのでご了承くださいってところで。

本のレビューとは関係ないですが、これを機に、
ペンデュラム・シンクロ
カード名としてのペンデュラム・融合

(アニメではすでにペンデュラム融合って言葉が存在するので一応。ルーンやビーストアイズではなく、例えて言うならユーリのドラゴンとオッドアイズで融合的な方)
にも期待が高まるところ。

・・・・ペンデュラム・儀式のハブラレ可能性についても、本当にどうなんでしょうかね。
最終的なキーになるから今は触れないのか、そもそも本当に無視する気なのか・・・(笑)


内容紹介
2014年に改訂されたルールをすべて網羅!
今年行われる「遊・戯・王OCG検定」にも対応し、模擬問題も掲載しているぞ。
さらに同梱の特典カードは新テキストとなり、禁止カードから制限復帰した「混沌の黒魔術師」!!

出版社: 集英社 (2015/5/1)
言語: 日本語
ISBN-10: 408779718X
ISBN-13: 978-4087797183
発売日: 2015/5/1



関連記事
遊☆戯☆王ARC-V第三六話「共鳴する竜(りゅう)」の感想です。

これまでのエンタメ

第35話「アカデミアとレジスタンス」
2014年12月14日放送

黒咲に敗れ、医務室で治療を受ける素良。しかし医務室を抜け出し、素良とユート、それぞれの想いがデュエルでぶつかり合う!姿を消した素良を捜していた遊矢は、2人のデュエルを止めようとするが、無情にもその手は振り払われてしまう。融合とエクシーズ、2つの世界を取り巻く実態が、デュエルによって今、明らかに…!!


関連記事
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター