最近の感想日記
Tag : ポケモン
以前もあったような(笑)
跳ねろコイキングが早くも終局を迎えていたり、DHCのキャンペーンが気になっていたりな18日の更新ですが、とりあえずこれをピックアップです。

全国のポケモンセンターで、「劇場版ポケットモンスター」に登場するポケモンたちをプレゼント!
http://www.pokemon.co.jp/info/2017/08/170818_p01.html?i002=news

7月後半からミュウ、
8月にサトシリザードン、マコトポッチャマ、ソウジルカリオ
の配布が行われていた、セブンイレブンのスタンプラリーですが、この度ポケモンセンターでも再配布となりました。

と言っても、こちらはスタンプラリーではないので、ポケセン(ストアも)に1回いけばすぐに1匹もらえます。

期間はラリーとは逆で、キミきめの3匹が先。
8月22日から9月3日まで対象です。

1日につき1匹のみですが、3回通えば全員をもらうことができます。
ただし配布はランダム方式なので、希望の順番でもらうことはできません。
(ダブりはないので、3回でコンプは変わらない)

一方ミュウは翌9月4日から18日まで。
特に言及はされていませんが、上記が各1匹ずつということもありますし、何回通ったところで期間中1匹だとは思います。
(もしポケセン企画だけで、同一ソフトに2匹以上貰えたって人がいたらコメントを是非お願いします(笑))
だいたい2週間ほどですかねーどっちも。

またこれも明記がないですが、いやだからこそ?ポケモンたちはセブンイレブンのキャンペーンと能力などは同じ設定のようです。


ちなみに既にセブンでゲットしている場合でも、こちらで新たにゲットすることは可能に。
(ポケセンだけでのダブりは不可)
同一ソフトに2匹欲しい人も、お時間があれば通ってみては?


関連記事
ポケットモンスター サン&ムーン第38話「ミミッキュのばけのかわ!」、の感想です。

これまでのお話
2017年8月10日は、第37話「イワンコといのちの遺跡の守り神!」を放送しました。
進化が近いと言われたイワンコだが、ある夜突然姿を消してしまった。サトシは夜にカプ・テテフの鱗粉を見たことを思い出して、テテフが居るとされるいのちの遺跡へ向かうが…?
関連記事
サブタイ:マーシャドーの真影感。
とか言って。
劇場版ポケットモンスター、20th、キミにきめた!
ようやく見に行ってきましたよっと。
忘れている見所があれば、先輩方、ご指摘をお願いしたく(笑)


暴れたいマーシャドー
配布ちゃん。
性格はちょっとど忘れしたけど、攻撃よりだったような。
んで、個性も暴れるのが好きで、映画にこの子が出ていたらまた違ったんじゃないかなと視聴後に考えてみたり。

古谷徹を呼んで欲しい
審判のタケシはさておき(笑)
ソラオくんだっけ。
スイートも佐藤藍子さんなわけなんだけども、今ブームなので声欲しかったなあとか言ってw
無理ならば若手の蒼月昇さんを代わりにとか<…
残念だったのは、バナードも大友龍三郎さんじゃなかった?ことかなー(笑)

階段ぐらいでは怪我しない
スーパーマサラ人と言われて20年のサトシですが(笑)
今回、注目すべきはテンセイ山じゃなくてマサラタウンだと思いました!
ベッドの階段、オーキド研究所の階段。
普通に考えると打ち身・擦り傷がひどそうですが、彼はなんと無傷!!
服も汚れてなくなかったか(笑)
ポケモンたちの攻撃に比べれば軽度ということなのかもしれないけど、それを考えるといかに我々が非力かっていう話でもあり。
すごいなあってw

オーキド博士と初心者用ポケモン
そもそも。
初心者用ポケモンはどっかからの支給なのか、オーキド博士が個人的に育てているのか
いずれにしても、「トレーナー4人と聞いていた」なら、普通は初心者用2匹ずつ、最低でもいずれかは2匹用意すべきでは…
という話を同席していた友人と盛り上がってしまったwww
シゲルたちにピカ様を紹介した上で残ったならともかくも。

ゼニガメとシゲル
ここは評価したいす。後ろ姿だけだったけど。
遅刻しなかった子…もとい孫(笑)
ちょっとぐらい偉そうな口をきいてもいいのよ?
一方で、サトシの第1がカメちゃんっていうところで、シゲルと思考が一緒にニマニマしてみたり。
そして、私もカメちゃんで旅立ったので、2人と思考が一緒にニマニマしてみたり。

フシギダネと女の子
当時、性別選択がなかったので、全員男の子だと思っていたんですが。
マサラには女の子もいたんですなー。としみじみしてみたり。

200倍の脅威
オニスズメたち。
サトシがずっこけたからピカ様しか視界に入らなくてっていうのはわかりやすかったけども。
1本の木の中に1000匹だか1万匹だかって、映画スケールには合うけど密度どうなんすかスタッフ!!みたいな。
ほかからも集まってきてそうなった?にしても。
実際に見てみると濃密やったwwwww

川底のギャラドス
可愛い可愛い←

雷ではなく1000万ボルト?
いや1000万はラストの方かな?
アニメでは雷が落っこってきて、ピカ様に力を与えていましたが、今回上からはなかったような。
あれ、技名としては何なのかなと気になっています。
ウルトラサン・ムーンで、キミきめキャップの技構成を見れば分かりますかね~?

っていうのがOP前映像



すごいけど、
ホウオウエピソードすごいけど!
「ただの再放送をただじっくりみたかった」
って気持ちは、ちょっと払拭できないかなあ。
しかも、ラストのための伏線扱い感も出てしまって…。は、後述。

めざせポケモンマスター20th
劇場で聞くとやっぱ違いますねえ。
出会いの一方で、ここでOPっていう視点を見ると「らしい」感じがして良いです。

キャタピー捕獲はOPで
ふむぅ。
バイバイバタフリーまで時間を使ってくれたので、これは目をつぶるべきか悩む。
っていうか、やっぱりあのイモムシ可愛すぎる。
愛河里花子さんに拍手。

エリカ:氷上恭子
アニメの人キター!!
ちゃんと確認しましたよ。

バッジ3つ目です。
…およ。
誰をすっとばしてんだこの子はwww
カスミなのかなあ。
まさかタケシの家かぁ?
マチスさんをすっ飛ばす理由はなさそうなんだよなあ。

エンテイの父みbyしょこたん
登場時点というか、サトシと並んでいるところで「あぁ」と思ったんですが、その後
ちっちゃいポケモンたちを連れて雨宿りって…確かすぎてヤバイwwwww
そして、モフモフ感が素敵すぎて抱きつきたい!!

ソウジとマコト
タケシっぽい子とカスミっぽい子とは言うものの、
2人をよりシリアスモードにした感じかなあ。
いや、シリアスっていうか、純なのかな。
ここが1回きりの映画とレギュラーアニメの違いだったりしてな。

ジョーイさんとしょこたん
マーシャドー受取から聞いていましたが。
なんだっけ?しょこたんにおけるお姉さんイメージだとダメって言われたんだっけ?
ぶっちゃけ、そっち版を聞いてみたいというか、もっと声抑えても良いのではないかと思うんだが。
それは私がしょこたん世代だからなのかなあ。

ラブリーチャーミー
シリアスなのは最初だけなのかwwwww
サトシと完全には接触を持っていない時期。
バトルもないので、アーボとドガースがいるのかさえ不明なのがちょっと残念かなあ。
そして今回は、いい感じに終わろうとして失敗するというアレンジが効いているw

クロスとヒトカゲ
あぁ、そういう改変なのか。
仲間がシンオウ組だけに、シンジ君代理要素が詰まっているというか。
(そもそもヒコザルの方がヒトカゲの繰り返しみたいなイメージではあるけど)

助演男優賞:ガオガエン
悪タイプという分類されからしてそうですが。
ヒールポケモンという分類され、頑張ってんなあって(笑)

助演男優賞:三木眞一郎
中の人は、ねえ。
コジロウじゃなくて(←)ヒトカゲね。
特にヒトカゲ時の高音ヴォイスは拍手しかないというか。
可愛すぎというか(笑)

私たちの世界観にサトシがいたら
リザードの敗北で、悪しき心をもってしまったサトシに対するマーシャドーの試練。
ポケモンのいない世界でサトシは思い出せるのかってのが問いなのかな。
しかし崩れていく異次元とか、ちょっとthe darkside of dimentionsだわねスタッフ。
知ってるスタッフがいたらお友達になりたいわ。

スイクンとライコウの出番
20thなんだから平等にしてやれよと思わないでもないんだが(笑)
エンテイ父さんに比べてかなりみじけえなwwwwwwww
スイクンはマコトちゃんが目撃っていうのでちょっとあったけど、ライコウさんあっという間かよwwww
しかもバタフリーのついで感やばいwww
そのうち何かなにものかww

オコリザルの怒り方
ワッショイってどういうことやねん!!!
みたいな。
怒っているようには全然見えないんだけどwwww

バイバイバタフリー
ピンクちゃんの登場はやっぱクるね。
オニドリルが悪漢なのは、後のピジョット想起なのかなあ。
(そういえばピジョンを捕まえんかいサトシ!!と、あの良い子の不遇を嘆いてみたり)
<<<ぶっちゃけ、泣きのハイライトはここでした。>>>
「俺、あいつと離れたくないよ」
的な、サトシのセリフはやばかったすヽ(;▽;)ノ

(てゆーか、ピカチュウとリザード(ン)だけでホウオウ倒す気ってこの子怖いwwwww)

マーシャドー配下
ニドキング、ニドクイン、サイホーン、サイドン、ゴルバット、アーボック

攻撃カモンカモン!!とかドMが発狂していたのは私です。
どういう選択なんですかスタッフ!!私ホイホイをしても何も出ませんよ?!
っていう。
多分、カントー内での悪っぽいとなると、やっぱ毒になるからだとは思うんですが。
マタドガスもいるってことは、ロケット団代理なのかなあ。
(サイホーン&サイドンとかを踏まえるに、ゲーム的サカキ様メンバー?ゲーム的ロケット団?とかとか。)

マーシャドーのボス感
一応、バトルはするんですけど。
上記の操心立場な時間の方が長くて意外だったww
影に徹する感じが。
もうちょっと活躍してもよかったのになーというか。
まさに暗躍というか。

七星奪魂腿
映画のマーシャドーちゃん、トレーナー無しで繰り出しやがったwwwwwwwww

山ちゃんの3音
確かにお聞きしました。
いつもの山ちゃんの高低音に、更に機械音と言えばいいのか、そんな感じで超高音が重なっているイメージですね。
4音とかそれ以上とかいう話もあるんだっけ。
すごいなあと改めて。

リザードンのツンデレ
クロスを助けてあげたリザードン。
映画ではサトシの言うことは全面的に聞いていますが、クロスがリザードンの顔を見たらそっぽ向いていてとても納得(笑)

クロスとルガルガン
ガオガエンは炎タイプ最強って言ってますけど、ベストパートナーはやっぱルガルガンなんですかねー。
噛み付いてきた出会いはイワンコの頃と勝手に妄想している。
そしてクロスがルガルガンを組み敷いてマーシャドーの操りから脱出させるとか、やっぱり2足歩行の使い方が秀逸すぎませんかスタッフwwwwwwwww
>イワンコを抱っこのグラジオルガルガン

サトシの消滅
あの倒れ方はミュウツーオマージュですかねえ。
今度は石化じゃなくて完全消滅だけども。
ところで、皆の攻撃からピカ様を守るサトシの図について、隣で見ていたちびっこが
「またかよ」
と言っていたのにツボってしまっただーよ。
サトピカの出会いを放送したのは、この伏線なのですかって後述がこれでした。
伏線として出すなら、やっぱりホウオウ編として完全別個で、出会いは無しでも良かったような…。
ほかのアニポケシーン、過去映画シーンとの区別は、やっぱ格別ゆえかなあ。

ifポケットモンスター
「ずっと いっしょに いたいから」
光彦やチョッパーより高音、あくまでピカ様の音程での人語。
どうしてピカ様がモンスターボールに入らないのか、その、「今」の理由
あーやべ、これ書いててまた涙が゚(つд⊂)
大谷さんがピカピカで感情を表せなかったら有り得た世界の一旦を垣間見ましたが、これはこれでやばいですね。

ホウオウとのバトル結果は内緒で
負けたんだろうけど、エンディングとしては相応しくないのでカット。
そんな感じでしょうか。
ピカ様がまだ動ける@ポケセンってことは、でもかなり良い勝負したのかなあ。
しかし、本来のOPのBGMをここに入れてきますか!さすがです。
っていうかBGMと言えば、波乗りとかちょいちょいゲームアレンジ(いやまあアニメBGMは基本そうなんですけど)してくるので、突然涙腺が決壊しますヽ(;▽;)ノ

そして別々の道へ
ソウジとマコトとのお別れ。
ソウジくんはカントー伝説の鳥を見に行くそうで。
フリーザーの目撃というその後は、あれかなあ。
レントラーの想起あるいは吹っ切れを企んでいたらスタッフ、私には大成功ですよヽ(;▽;)ノ
ポケモンの死に遭遇って、まさかの過去話に良い意味で驚かされましたよええ。
一方マコトちゃんは地元へ帰還。
お母さん?がシロナさんそっくりの髪型で(色違い)で、巷では親戚なのか?という話題が持ちきりだそうですね。
シンオウリメイクの際は、登場可能性があるかも?
(個別登場でなくても、バトラーとダイアンよろしく、名前付きトレーナーの1人って可能性とか。シロナさん実家のキャラとか。)

過去作の今
近年の映画特典というかなんというか(笑)
私の視界で1番目立ってたのはジャンタ母さんとゴルーグでした(笑)

「ポケットモンスター、縮めてポケモン」
ここで入ってきますか!と驚く一方で、
これから旅立つんだからこそ、ここでナレーション入れるのかと納得。

この先何があっても「一緒に」
オラシオンについてふと思ったこと。
めざせポケマスって、「ポケモンたちがいる」って歌じゃないですか。
に対して、オラシオンって、ポケモンとトレーナーが共にって歌じゃないですか。
ポケモン側からトレーナーへ(トレーナーの存在も大事)という、1種のアンサーソングのような立ち位置なのかなと思うんですがいかがでしょう?

あのもさもさは誰だよ
逆さまのアイリスwww
っていうか手の動きがアレなデントとか、イッシュ組の存在感がやばいwwww
タケシとカスミからしばらく感動気味だったのに、ここで吹いたww
シトロンも逆光メガネるし。
そんなEDの歴代仲間たち。

次回作は未だ未定?
そもそも、これまでは登場しない子でとりあえず映像作っておくってこともしていたのに、今回は2018年夏上映という文字だけ。
一体どうするつもりなのか。まだ悩まれているのか。
…個人的に、2時間弱ギャグワールドもアリだと思っていますけど(笑)

細かいところはまだまだあるかもですが、とりあえずこんな印象でありました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
関連記事
ポケモンSP20thアニバーサリーデータブック ポケSPedia (原画集・イラストブック)の感想です。


1ページ目から涙が止まらないです。

レッドさんが両利き並みの左利きとか、細かいプロフィールがあるのがまず嬉しい(そして皆年食ったとはいえ、私より背が高いことに違和感ww)。
また、ピカたちポケモンも、世代関係なく性格と個性がついてます。
イエローのピーすけのおっちょこちょいに笑いました。
比較的新らしい子らは、性別とかも分かっていないことが多いので、この子♂(♀)だったの!って驚きも期待できるかと。

表紙からそうですが、最初の描き手である真斗先生のイラストも入ってます。日下先生の秘蔵していたものとか、本邦初かも?ってのもあるので、真斗先生ファンで、クリスタル編以降離れてしまった方にも読み応えはあるのではないでしょうか。

びっくりしたのは、オーキド博士のコメント形式によるポケモン図鑑と技の一覧。流石に全地方でコンプとは行きませんが、カロス地方までのポケモン、かなりの数が登場しているんですね(初回でレッドさんが逃がしてしまったポケモンへの語りが多いカントー組に笑わされましたw)。

また、雑誌の付録や懸賞など、ポケスペ関連のグッズなども掲載。2章のスペシャルコミックは雑誌を買っていたので持っていて、懐かしいです。

個人的には、サカキ様とか図鑑所有者以外のプロフィールも細かく出して欲しかった(コミックス内で出ている方も居るとは言え)けどね。

中身はまだまだたっぷりですが一先ずこの辺で。
関連記事
ポケットモンスター サン&ムーン第37話「イワンコといのちの遺跡の守り神!」、の感想です。

これまでのお話
2017年8月3日は、第36話「ライチの大試練!一番ハードなポケモン勝負(しょうぶ)!!」を放送しました。
ついにライチとの大試練開始!サトシはモクローと、なぜか猛り狂っているイワンコで挑むことに。
ダブルバトルという大試練の中では珍しバトル方式、無事に超えることはできるのか!?
関連記事
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター