最近の感想日記
Tag : ワンターンキル
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第97話「ONE TURN KILL(ワンターンキル)」 の感想です。


これまでの戦歴
2016.12.17は第96話 闇対闇(マリクvs獏良)が放送されました。



今日の王様っていうかバクラさん
第97話 ONE TURN KILL(ワンターンキル)
2016.12.24 onair
バクラはマリクからラーの翼神竜を奪い、召喚することに成功。
ところが、マリクはトラップカード『歓喜の断末魔』を発動し、バクラがラー召喚のための生け贄にしたモンスターの攻撃力を自分のライフに加える。
その結果、ラーの攻撃力は0になってしまう。
戦力にならなくなったため、バクラはラーを生贄に自らのモンスターを復活させて再起を図るが。
表のマリクもラーは墓地に置いておく限り安心と判断したようだが、闇のマリクだけが知っているラーの特殊能力が発動し…?

本放送での第97話 「ONE TURN KILL」 2002年3月5日に行われています。


私の妄想力感想
歓喜の断末魔
作画加々美さんでうっかりしてたけど、今日の脚本もしくはデュエル構成はだれだい?
武上さんかい?彦久保さんかい?
今でこそ、ラー以外にも、リリースの攻撃力重要ってモンスターそれなりにいるけど、当時はどうだったかね。
加えて、攻撃力を奪うだけでなく、自分のライフに換算するというまさに神行為というか。
(必要以上にアップさせるこの煽り感がさすがだと思います)

バクラさんとハ・デス
持っていたんだー?っていうのと。
キリスト圏というか、ギリシャ神話圏というか、世界的には、多分オシリスより有名なのになこの人(神?笑。)
そういうの従えてるあたり、意味深というか、面白いなと思ってみていました。

んなこたぁ、解ってんだよ!
闇マリクさんに急かされて、上答える時のバクラさんがなんか恥ずかしそうで可愛いww
(表マリクさんとの仲間割れをツッコマれて恥ずかしい的な)
からの

猪木バクラ
あれ、しゃくれてますよね。

ワンターンキル+速攻
どっちかというと、+のほうが重要だったりする昨今だな。
怨霊の湿地帯も、あえて出すことで、速攻効果の印象を強めたんですかねー。

嫌!!
杏子ちゃんのワガママという名のアテムさん想い(*´ω`*)
いろいろもう知ってるから力になりたいのっていう。
闇の外でラブラブ(コメディじゃないよな…ロマンスでいいのかな)が展開している話。

ワンキル+全破壊
ワンキルより重要だった入りする効果その2
(ワンキルが昨今手段増えてきてるからなーというのもあるんだけど)
闇マリクさん、ライフポイントアップしていたので、だれか倒せば解決した話と思うが、この煽り感がまた素敵というww

ワン着る実行時の
バクラさんの顔芸術は今更ですが。
表マリクさんが、先に服だけ燃えてる件。
闇のゲームだから、魂だけの存在に影響あってもおかしかないんだけど、
いや魂だけ存在だからこそ、なんだ先に服だけおはだけしたよ加々美さん!?みたいな。
サービスシーン?(笑)

闇マリクさんの正義
しかしとはいえ。
ゾーク様倒した点において、マリクさん世界救ってるよね(笑)

マリクの詰めの甘さは変わらず
魂の基本設定なんじゃないの。
表さんは杏子ちゃんに残ってイシズさんに助けを求めてるし、
バクラさんは遊戯さんに残ってスパイ活動優先させるし。

闇人格も、結構、見落としが多い話。

「明日は決勝戦なんだよ」
が、フラグになるとは思わなかったんだぜぃ
そんな海馬兄弟サイド。

海馬剛三郎って誰だっけ?
アルカトラズの建設秘話というか、
大5についての前に、大元について今一度おさらい的な意味しか感じられない(笑)

新年は1月7日からです。
というわけで2016年は準準決勝でちょうどストップという。
新年からは準決勝だよー!とは行かない話(笑)



関連記事
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター