最近の感想日記
Tag : 乃亜
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第143話「アルカトラズ炎上」の感想です。


これまでの戦歴
2017年11月11日は、第142話「バトルシティ終結!」を放送しました。
リシドの復帰によって、生きる力を取り戻した主人格のマリク。遊戯に礼としてサレンダーし、バトルシティは遊戯の優勝によって無事に閉幕。
と思われたが…?

今日の王様
第143話 アルカトラズ炎上
2017.11.18 onair

「1時間後にデュエルタワーを爆破する!」いきなりの海馬の発言に驚く遊戯たち。バトルシップに乗って脱出を試みるが、海馬とモクバの姿が見当たらない。おまけにバトルシップ自体もエンジンがストップしてしまった。バトルシップは河豚田らに任せ、遊戯たちは海馬を探すことに。
一方海馬は、デュエルタワーの地下にある制御室にいた。剛三郎との過去、そして自分の未来…。海馬の選んだ道とは?

初回放送は、 2003年2月4日に行われました。


私の妄想力感想

バトルシティ編最終回
原さん作画のターン。

城之内さんのあらすじ
遊戯がかったぜー!から、爆破とかマジかよ!と、終始ハイテンションww
「どうなっちまうんだぁ!(;゚Д゚)!」ほんとになw

「(海馬に)イジケてないででてこーい」
ふざけている場合の城之内さんww

その頃の海馬
乃亜編があるのがそもそも極みなのですが、主人公に自分捜索させて回想に1話費やして悩み浸ってるとか、本当頭が高いよなこの脇役wwwww
(別に高身長文字通りとか引っ掛けたつもりはないですw)

居残り組
御伽、獏良、静香、舞の4名は船に残ってるのかな。
舞さんと獏良くんは病み上がりなので、静香ちゃんと御伽くんで付き添いという感じ?
…この間、御伽は搜索に加われ的なひと悶着が、本田君と御伽くんであったりしたらおもしろいなあ。残るのは静香ちゃんにくっついていたいだけだろ的なw

晴れやかなモクバの顔
移動中、なんか楽しそうではあるモクバくん。
心中説の真っ只中なので、「覚悟を決めた人の吹っ切れた顔」に見せるのが狙いかスタッフwwとかいってw

気づけば残り13分
前回のラストで45分ほどありましたが、既に32分ほど捜索していたようで。

とっとっとっと?
シップ脇の救護ヘリを発見する城之内さんの動きが好きです。
いつまでも復旧できない船を捨てて、ヘリにみんなで乗り換えることに。

ワハハハハハハ!!
そして現れる青眼の白龍
もとい、本物の馬鹿(城之内談)。
にーたんは本当、真面目に馬鹿をやるのが得意だぜ。
多分バカをやるという行為を比較すると、遊戯さんはバレたら即謝る、城之内さんはこういうのも良いだろと馬鹿は理解の上でやる、兄様は馬鹿という自覚がない(そして周囲も気づけば納得している)。
そんな感じですかね。

KCアメリカ支社
そーいえば。
アメリカ側には既に話がついているってことですよねこれ。
磯野さんたち部下に内緒で話つけていたのかなーていうねw
(いきなりやってきたら向こうの社員さんも困るし…でもありそうなのが怖いw)

モクバとちょっとだけ乃亜
兄様が剛パパの回想なのでということもあり?
乃亜編って意外と、乃亜にぃと瀬人にーたんの対立ではなく、そういうことなのかなあとか。

グールズの隠匿
…ごめん、めっちゃ水を差したくなるマリクさんたちとの別れwwww
でもぶっちゃけ、まずは警察だろと思った人は少なくないのではなwwww
まあ、一般的には噂でしか知らない秘密結社な組織だから、自然消滅してもやっぱり噂だったのかと印象付けることはできそうだけど。

御伽くんもアメリカへ
すぐ会うことになろうとはwww
そしてこっそり電話番号を静香ちゃんの手にwww

俺の道とは?
一方悩める本田君。
特に目標が決まっていない自分はさて・・・?
というところで、やっぱり静香ちゃんに連絡先を教えるオチとかさすがであるw
なのに

静香ちゃんが惜しむのは舞さんとの別れ
男性陣乙。

言うべきか言わぬべきか
舞さんもそうだけど城之内さんもな。
言わなかったことが、まさか直後とんでもない事態になろうとは、この時誰が予想したかってね。
今見てみると「このままじゃ終わらない」って舞さんのセリフが、悪党が諦めてたまるかてきなノリにも聞こえてしまう。

翌朝早く
双六じーちゃんがこっそり出番を作っているのが秀逸w
遊戯さんはそれこそこっそり出かけようと思っていたけど、じーちゃん気づいていたっぽいな。

歩行中の「「友-情」」回想
本来これ(主人公の闘い回想)に時間を使うべきではないのかスタッフwwww
というのが素敵な遊戯王クオリティである。
そして俺たちの闘いはこれからだ!エンドへ。
このあと漫画はしばらく休止だったこともあって、展開としてはよくあるんだけど、アニメが文字通り闘いがこれからだってのはさすがでした。

VRのCM前の1枚絵
わかってるなあスタッフ。
別れる前のにーたんの左手を挙げるポーズな。
原作でもスペース使って描いてくれてたあれな。
コミック文庫化の時に手直ししてくれたあれな(直さなくても良かった気もするけどな)。

関連記事
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第121話「脱出!!」の感想です。


これまでの戦歴
2017年6月10日は、第120話「エクゾディア・ネクロス」を放送しました。
乃亜の策略にいち早く気づいた海馬は、剛三郎のもとへ出向き、現実世界へ戻すよう迫る。
しかし剛三郎は、決闘で決めようと提案し…?




今日の王…乃亜
第121話 脱出!!
2017.06.17 onair

ミサイルはついに発射されてしまう。乃亜の誘導で杏子たちは無事に現実世界へと戻る。だが海馬と剛三郎はまだ決闘の最中だった。遊戯もまた海馬を呼び戻すためにバーチャル世界に留まる。果たして彼らは、無事に現実世界へ戻ることができるのか。

本放送は 2002年8月27日。
1時間のスペシャルとして、第120話と共に「奇跡の大脱出スペシャル ブルーアイズVSエクゾディア・ネクロス」として流されました。

私の妄想力感想

乃亜編もとうとう最終回。
前話でネクロス使っちゃったからとは言え、シンプルなサブタイになったな。

高橋和徳さん
今週のというか、スペシャル後半の作画さん。
魔法騎士レイアースの原画とかあぁと納得してしまったじゃないかww
なんか可愛いところがあるよねこの方の画。
GXとブレインズ以外の遊戯王でも参加しているんですね~。
アイシールド21、ポケモンXY、こち亀とか、結構お世話になってた私。

あと8分
「それだけあれば十分だ」が正しい日本語だけど意味不明です兄様みたいなwwww
というか、8分ギリギリで決闘終了って、普通ダメだろwww
そっから脱出まで何秒でする気だったんですか兄様www
というか、剛三郎パパがご乱心してるのを「うろたえるな!」で済ますのも流石(に意味不明)だwww

AGO be back
城之内さんが知ってた数少ない英語って?(笑)
というか、高橋さんもAGO使ってんだなw

サルは足でまとい
モンスターの追っ手がまだくるので、非戦闘員?は先にという。
どっちかといえば、御伽くんが残って何してるのかという方が気になるんですが…。
ともあれ
ちゃんと人間の本田さんに戻れたウキ

透明なフタあるある
現実世界に戻れた城之内さん、カプセルに蓋がないと思ったのか、起き上がろうとして激突!!
誰かやっとかなきゃな⇒城之内が適任じゃね?っていうスタッフの会話が目に浮かぶようだww

城之内「あいつ馬鹿か?」
全くごもっともです。
ミサイルが発射って時に海馬は何やってんだという。
頭が悪いこととと馬鹿は同義ではないという困った典型例ですw

強力なモンスターだけに頼ったら愚か者

えーと。
「自分は魔法や罠も駆使しているから良い」ってことなんでしょーかおにーたん。
ネクロスさん頼みの剛パパへの一言。

魂砕きソウルクラッシュ
500ポイントで1枚除外。
にーたんのライフポイント残り2600。
エクゾディアパーツは計5枚。
秀逸だなあ。

青眼のトドメ攻撃
口をググぐっと(炸裂疾風弾を)溜めるようなこらえるような動きが好きです。
高橋さんはこの攻撃型の人かーと思って覚えようと思ったのも理由だったりします。
いやでも動きに関しては指示する人とか別にいるのかな?
そもそも脚本とかの問題かな。

乃亜「ごめんねモクバ。君の体、返すよ」
の時の乃亜にぃの目がデカスギテ、当時から気になってました(笑)

乃亜「僕は人間だ。機械なんかじゃない」
10年以上視聴者に記憶させるんだから、大したもんだと思うんですよね。
ぶっちゃけ、遊戯王の名台詞をと言われたら、アニメ込ならこれかなーと思うぐらいには印象的だ。

闇マリク「みんな吹っ飛んじまうぞ~」
そんな周囲をよそに1人楽しそうだww

モクバブン投げの過程と結果
にーたんの走行中の手の動きもなんだか気になるんですが(笑)
走りながら約30kgを片手で掴んでぽいっってのはすごいなあと思ったり。
世の男性諸君、そういうのは可能なんですか?
厳密に言うと、筋肉の割合は、186cmにおける65kg(68だっけ?)のレベルで。
火事場の馬鹿力的なものなのかなあ。
そして御伽くんが受け取り損ねて本田君を巻き込んで倒れるというwwww

そういえば、手を差し伸べていたのは御伽くんと城之内さんでしたよね。

兄様、「モクバを凡骨に投げたくない!」という無意識が働いたに1票ww
(そーいえば、おにーたん的に、御伽君ってどうなんですかねーと今更ながら気になってみたり)

システムをよこせ!からのポチッとな
要塞が消えたはずなのに未だ消えない剛パパの怨念。
脱出するためにシャトルモード?に変形した決闘飛行船ですが、
磯野&河豚田に操縦?システムをよこせとほざいた割に、にーたんその後の操作が緊急ボタン1つ(ポチッとなっていうか、ドカっとなって感じですが)で、ちょっと吹いたwww
いやもちろん、操縦システムを移譲しないとボタン押せないようになってるとかはあると思うんですよ。緊急時用なのでそう簡単に使えないようにしてるとかさ。
でもさwww

ED
あー、やっぱスペシャル用にはしませんか。
最後に
「この方法はスペシャルで~」云々を入れれば、問題ないと思うんですけどね。
ちょっとした痛みを残しつつ、準決勝戦へと続くのでありました。

関連記事
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第119話「海馬家の闇」の感想です。


これまでの戦歴
2017年5月27日は、第118話「LP(ライフポイント)10000vs(バーサス)100!!」を放送しました。
2人の差はついに100倍に。遊戯は乃亜のライフを削りきることができるのか!?


今日の王…乃亜

第119話 海馬家の闇
2017.06.03 onair

遊戯が乃亜に買った事で、石と化していた海馬らももとに戻った。しかし乃亜は、既に遊戯らの体も本物ではなく、バーチャルの存在にすり替えられており、本物の体はシミュレーターの中で眠りについていることを明かす。

驚くのも束の間、なんとそこに死んだはずの海馬剛三郎が現れる。彼は死の間際、乃亜に対して行ったように、自身の精神をコンピューター内に残し、生き続けていたのだった。意識体としての存在で、コンピュータを介し世界中を掌握しようとする剛三郎。彼はまた、現実世界に戻るための出入り口をも消去してしまったという。遊戯たちは無事に現実へと帰ることができるのだろうか。

本放送は2002年8月20日放送でした。


私の妄想力感想

モクバ…!からの何っ!?遊戯だと!!
の切り替えに笑う。
もうちょっと浸っとれとか思わないでもないが、それが海馬クオリティだからやめられないんだな<何が

乃亜とアテムさんの記憶共有
無意識の王様に追い出されるという。
しかしあれだな。もし乃亜にぃがアテムさんの方と交代していたらどうなってたでしょうかね。
遊戯さんが表に出ることなしとか?
いやパズル外してしまえば乃亜にぃの封印が完了するとか。
バクラさんと闘うのか?とか(記憶は関係ないんだけど、闇ばかりの世界って乃亜にぃの目的じゃないし)。
そもそもバトルシティどうなるのかとか。
…海馬は倒せるかも知れないZEとか内緒。

突然父さん登場
乃亜にぃが負けたからってことなんでしょうけど、突然過ぎて今見るとちょっと笑う。

海馬は乃亜の器
アテムさんの存在と絡めたって感じのネタなんでしょうけど、
ならなんでやってきたその日に乃亜にぃと精神交換しなかったのかなあっていう疑問があるのですはい。
瀬人にーたんの方に帝王学とか修めさせる必要ないじゃん。
脳や体が彼のものであるため、乃亜にぃがすぐに乗り移ったら勉強のやりなおし?
にーたんたちを油断させるために躾している見せかけ?
ここら辺、矛盾になってないかなーとオリジナルの闇を見てみたり(笑)

海馬が憎むのも最もだぜ!
アテムさんの心の声になんかニヤモヤするんだぜっと。
だからー、そういうのを口に出して、にーたんから同意するな的なツンデレをだな…。
心の中では海馬の味方という遊戯さんが炸裂しているよねこの掌編。

バーチャルからの支配
剛パパの作戦。
…(バーチャル世界の)スイッチ切っちゃえば?と、どこぞのギャグ的オチをつい言いたくなってしまう(笑)
まあ、そんなに上手くいかないというか。
現代に限っては、誰かがスイッチ切るという動作もあっという間に知れ渡ってしまうので、支配は無理としてもその前にミサイル発射!なんてこともできてしまうわけで。
30日かけて世界征服なのでその前に…という可能性もあるけど、1日目で自分ところやられたら割に合いませんよね(苦笑)

遊戯王の別エンディングがあった可能性
皆で仲良くバーチャル暮らし(笑)
この場合も、剛三郎VSゾークが展開するのかどうかという。
(そういえば、アニメという意味ではダーツ様が食い止めてくれようとするのかどうなのか。あの人も結構破滅願望あるよな)
ゾーク様、ぶっちゃけどうなんですかね。
剛パパは3%でも人が残っていないと意味がないけど、ゾーク様は全部壊しても関係ない感じなので有利か?

その頃の外
この人も全部消えてなくなれタイプなので、剛パパには有利かもしれん。
そんな闇マリク様と施設操作ロボットさんたちのバトル。
というか、オカルトって彼らにも通じるんですね。
(結構心理的な攻撃なイメージがあったんだけど、物理も0じゃないからいいのか)

乃亜疑い中の2人の会話
仲良しだなーとか言って殴られたい今日この頃(笑)
アテムさん、城之内くんはバ…いい人なのはわかるけど、せめて御伽くんとかさー。
と思わないでもないのだよ(笑)
それこそ、独り言…もとい、相棒に話すとかさ。
「貴様にいちいち言われなくても」っていう文句が降ってくるのは解るでしょうに。
と思うとニヨニヨする(*´ω`*)

記憶のふきだまり
という名のダイジェスト(笑)
だが…

海馬「立ち上がれ!遊戯!」
の前に気づいてしまったので、カット。
これアテムさんループに気づかずオシリスに負けるんじゃね(笑)
負けたのか?その違和感で気づいたとかだったら面白いんだけどwww
俺は本当は負けてない的なwww

サルが大人3人を相手に頑張る
いやまあ、お猿さんだって本気をだせばすげーとは思うんですが。
記憶のふきだまりなんだから人型でもいいのに。
…本田君…意識がもう完全にサルなのかw

城之内さんの記憶のふきだまり
なぜに捏造が!!ww
舞さんとのカップリングをスタッフが推奨するのはいいんですけど。
なぜ捏造を…。
城之内さんの意識としては思ってるってこと?
んで、それを記憶と誤認して再現されちゃったとかそういう。
しかし、だからこそ違和感に気づいたってどうなんだよ。
無意識下の願望?だから本人はありえねーのがわかるってなんかなー。

皆のハッ!
はいいんだけど、なんぜ先に気づいたはずの兄様までなんかに反応してんだwww
オシリス戦で遊戯さんに声をかけなかったのは違和感に気づいたからじゃないのかwww

そんなこんなで乃亜にぃがモクバくん乗っ取りに成功して次回へ続く。
次回だからその次だか、章内最終エピソードスペシャルなんすけど、やっぱ2~3分割なのかなあ。
関連記事
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第115話「無敵 デッキマスター奇跡の方舟」の感想です。


これまでの戦歴
2017年4月29日は、第114話 乃亜vs(バーサス)瀬人 天地創造の決闘(デュエル)を放送しました。
海馬コーポレーションの真のトップを決める闘い。乃亜のデッキマスターとは?


今日の王…海馬

第115話 無敵 デッキマスター奇跡の方舟
2017.05.06 onair

海馬と乃亜の闘いは、乃亜のデッキマスターである奇跡の方舟によって乃亜に有利に思われた。方舟は墓地にあるモンスターを自らのうちに回収する能力を持っているのだ。収容されたモンスターたちは、攻撃の縦とすることができるため、何度攻撃してもダメージを乃亜まで届かせることは不可能。

だが、高らかに勝利を宣言する乃亜に対して、海馬はそれを上回る展開を見せる。だが、とうとう海馬が乃亜を倒そうとしたその時、モクバが現れて乃亜の縦になろうと前に出る。モクバに攻撃できない海馬に、バトルを終了する以外の選択肢はない。

本放送は2002年7月23日でした。


私の妄想力感想

兄様の前すじ

奇跡の方舟の収容能力
これ、実装されていたらシステム的にどうなるんですかねー。
装備カードで5枚限界とするか、オーバーレイ先駆けて山積みするか。

そもそもモンスター化はなかったわけだけど
OCG化されていたら、絶対防御は、1回使ったら墓地じゃなくて除外とかありそう(笑)
とか、妄想してみたり。

「いらっしゃいませ、乃亜様。何に致しましょう?」
プログラムの臨機応変の限界ってか?
乃亜の過去回想と、剛三郎パパの広げた電脳世界の話。
乃亜にいが「今日はいい天気だね」と返しても、上を繰り返す販売員さん。
テレビゲームのロールプレイでも、「選択肢以外を選択したい」ってことが多々ありますが、そんな感じで。
当時のAIとかVRイメージとかを考えると、余計にそうせざるを得ないのかも?
余談だけど、3代目ブラマジガールにしてマナちゃんこと中尾友紀さんが中の人(笑。中尾さんはモブというか、女性モンスター担当多いですよね。)

「3%くらいかな」
乃亜にぃの真面目に狂気
冷静に分析の結果なので、これを狂気とか酷いと取るかどうかってのはちょっと悩んだりもする。
(酷いというなら、そもそも海馬コーポレーションの軍事産業部門で、世界支配できるってことで、シミュレーションしてみた乃亜にぃより、着手している剛三郎パパに求めるべきであって…とか)

70億人の3%
に、2億1千万人…?
当時はまだ60億人台だったから、もっと少ないか?
1世界住人が、下手すると1国家住人規模に下がるという・・・。
1人が支配するなら妥当というか限界レベルだとは思うんだけど、剛三郎パパはそれを良しとしないようですね。
このあたり、ぱっと見、
97パーセントまで命を奪う乃亜にぃのしれっとした態度に怒るべき
なんだろうけど。
剛三郎パパは何を思って接触を断つことにしたのかもちょっと考える。
極端な話、乃亜にぃが危険だと言うなら、消去してしまえば良いわけで。
瀬人にーたんを競わせるのが、本当に「生身の人間に勝てたら信用してやる」ということなら、それはつまり人類生存3%を受け入れるってことですよね。
それを考えると、「少し少なすぎないか?」のセリフが、「もっと多くの人を支配したい」って風にも取れなくもなかったり(笑)

破壊輪と防御輪
前にも書いたような気がするけど。
破壊輪は原作でなくOCG準拠なんですよね(防御輪など対策がないと自分もダメージ)。

双頭のサンダードラゴン
カードを重ねるだけで融合時代のテレビゲームでよく使ったなあ(笑。ゲームボーイとかそこらへん)

兄様が泣きそう
モクバくん登場のシーンが泣きそう。
作画が今日加々美さんだけあって、「アテムはもういないんだ」的な顔ですよね。

さてさてどうなるというところで次回へ続きます。
関連記事
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第114話「乃亜vs(バーサス)瀬人 天地創造の決闘(デュエル)」の感想です。

これまでの戦歴
2017年4月22日は、第113話「倒せ!ファイブ・ゴッド・ドラゴン」を放送しました。
霧の祭壇の発動によって、ビッグ5にファイブ・ゴッド・ドラゴンを召喚されてしまう遊戯と城之内。
どう攻略する?

今日の王…海馬
第114話 乃亜vs(バーサス)瀬人 天地創造の決闘(デュエル)
2017.04.29 onair

「どちらが海馬コーポレーションの真の後継者にふさわしいか」
海馬の前に姿を見せた乃亜は、自ら決闘を申し出る。海馬は乃亜の死から、闘うことに意味はないとするが、乃亜は改めて自身の過去を語るのだった。

決闘序盤。乃亜のカードが繰り出す破壊効果に対し、海馬はヴァンパイアロードの復活能力を使おうとするが、乃亜のデッキマスター、奇跡の方舟の能力によって封じられてしまう。

本放送は2002年7月16日放送でした。


私の妄想力感想

アテムさんの前すじ
「(ビッグ5は)乃亜によって消されてしまった!!」って、どうして知ってるのwww<キャラあらすじあるある
まあ、城之内死すとか、未来予知できる杏子ちゃんがいるぐらいだからむしろこのぐらいは軽い方なのかもしれないけどww

わかるなウキ!(`Д´)
城之内「本田、おめえがもう元に戻らないのはわかった」
www
この二人のコントは本当、いつも傑作ですよね。

どのボタンを押す?
サル内蔵の機能につき。
というか、あからさまに英字で色も違うボタンを避ける城之内さんと御伽くんの気がしれないわよ(笑)

関係者以外立ち入り禁止!!
エマージェンシーモードって、その場にいる人を助けるためのものではないんか(笑)
ともあれ、海馬ランドで牙をむ…こうとして殴られて終わるサル(笑)
殴られると我に返るって、古いテレビかよ。

「俺はこの目で見た」

すぐに乃亜にぃも肯定しちゃう話ではあったんだけど、おにーたん。
バーチャル世界で見たものをどうして信じているんだぁ~
と、突っ込みたいこの頃。
以前の、乃亜の物ではないプログラムがあるって勘なのよねそういえば。と思って。
乃亜にぃが自分が死んだ話を見せることのメリットってないのも根拠かなあ。
確固たる証拠が結構ないような…と思って(笑)

でかしたサル!の結果
あれもトロッコでいいんだっけ?
城之内さんが既にブレーキ破壊済みってのも凄いというか、
乃亜vs瀬人との対比がwwww(シリアスとギャグの)

「人生はゲーム」に対する
乃亜「少々僕には残酷だよ」って、今聞くと泣きそう゚゚(゚´Д`゚)゚
運も実力のうちって言うけど、これだと乃亜にぃ実力なさすぎって突き放されているようなものだものね゚゚(゚´Д`゚)゚

軍用AI

AIであることに変わりはないんですが、そもそも軍用に開発中ってことは、そういうことも入れるわけですよね。
乃亜にぃの性格の変化って、そこらへんにも理由があるのではと今更気づいてみる。

自分のため以外に何もしない
瀬人にーたんの話。
これ、ただ聞くと、モクバのためにもしないって聞こえるのがポイントなのかどうなのか。
いや実際は、「モクバのために何かしたい自分のため」っていう話になるからいいんだけど。

マグマに落ない幸せ
ようやくたどり着いたギャグ組(笑)
ここら辺、データ同士だから体は消えて、中身は彷徨うか戻るかになるから回避させたのかなあ。
と思ってみたり。
乃亜にぃ的に、遊戯さんたちの体も既にバーチャルってのは、まだ内緒っぽいので。

ジャイアントウィルスの効果
同名カードサーチですが、奇跡の方舟ここで効果使わないの?
墓地の枚数条件とかあったっけ?
あるいは、本当に、墓地に送られたカードそのものの復活なのかなあ。
(あとで方舟効果発動時に、1体しか映っていなかったので、そうっぽい)

ヴァンパイアロードはアンデットだよー!
悪魔ばっかりって乃亜にぃ(笑)
いやそもそも瀬人にーたんも何を考えて既にデッキ組んだのかしらんけども(笑)
ヴァロンの活躍が見られるという意味でも、今回は秀逸だと思っているマニアです。

というわけで、方舟様降臨で終了。

関連記事
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター