FC2ブログ
最近の感想日記
Tag : 草薙
今日の遊☆戯☆王デュエルセレクション感想日記は、 遊戯王VRAINSより第93話「交わした約束」です。

これまでの戦歴
2020年2月29日は、遊戯王VRAINSより第92話「大いなる試練」を放送しました。
ブルーメイデンを下したボーマンが、プレイメーカーの前に現れる。次は自分たちが相手だと敵愾心むき出しのアイをよそに、ボーマンは自分が次の相手ではないこと、次の闘いはプレイメーカーにとって試練となることを告げて去っていく。
その直後、光に包まれたプレイメーカーとアイが降り立ったのは、デンシティの広場で…?


今日の草薙さん
第93話「交わした約束」

弟である仁の意識を取り戻すため、草薙はプレイメーカーに相対する。しかし共に闘ってきた相棒を前に、プレイメーカーは迎撃することができず、あっという間にライフも僅かになってしまった。
そんなプレイメーカーに、草薙は唐突に2人の過去の話をしだして…?


初回放送:2019.03.13


私の妄想力感想

当時の感想
http://maryuudokuhaku.blog93.fc2.com/blog-entry-4382.html

オーラの見える山本先輩
と、オナラをかけられる斎藤後輩
…。
本当、この二人が癒し(´;ω;`)
(これだけ見ると下品な方向なのにね。つまりそれだけ本編のシリアスさがヤバいってことで)

弱体化と効果ダメージ
相手の攻撃力を下げて圧倒しつつ、攻撃自体を防がれれば効果ダメージで押せる
って、コードブレイカーなかなかにすごいよねっていう今更。

ライトニングの敗因1
草薙「俺にも少しは楽しませてくれ」で、「うーむ」って顔するけど結局ストップしないところ(笑)
「ダメだ。早くしろ」っていうのが本当の大悪党だと思うのよね。

憎悪以外の感情というか表情の出まくる話し合い
@主人公
憎悪はともかくという前提はあるのだけど。
しかしここだけで多分VRAINS全体の5割は出している気がするよ遊作氏。

エクステンド初登場回
スターターを2019でCMやってるのは、このためだったのか?とかふと思ったり。
いやスターター2020はまだだけどさ。

「エクステンドの効k「バーサーカーの効果!
って、最初の方が言い切るか言い切らないかのタイミングで、相手が食い気味に重ねてくるの好き。

ライトニングの敗因2
「約束を守る!」に特別な反応をしない件
2人の回想の中身は、視聴者にこそ詳細に伝わっているけど、その場での語りとしてはライトニングたちには仔細伝わっていない(と決闘終了後のシーンでもわかる)ので。
プレイメーカーが突然言い出した「草薙さんとの約束」に、ちょっとでも反応すべきだった。
その前の、突然の雄たけびには驚いているのにね。
「約束とはなんだ?答えろ!仁がどうなってもいいのか!?」的なことをするのが本当の大悪党。

次回、燃え上がるソウルバーナー…ではなくて(笑)
「哀の苛立ち」
3期、一波乱目。アイちゃんと財前兄妹のデュエル。
うーん、4月まであとわずかってことを考えると、ここはやはり最終回デュエルにするべきではないのかと思ったんだけど。
違うということは、SEVENSは別枠で、セレクションはまだまだ続くということなんでしょうか?
(4月までに…話数ちょうどいいセレクションの可能性があるのはもちろん理解はしているが…)



関連記事
今日の遊☆戯☆王デュエルセレクション感想日記は、 遊戯王VRAINSより第92話「大いなる試練」です。

これまでの戦歴
2020年2月22日は、遊戯王VRAINSより第91話「誇り高き乙女」を放送しました。
新たなハイドライブモンスターで圧倒するボーマンに対し、ブルーメイデンは得意の効果ダメージ戦術で迎え撃つ。
効果ダメージを無効にするカードすら駆使するボーマンだが、ブルーメイデンとアクアは諦めずに応戦。
クリスタルハートを素材とした新たなリンクモンスターを召喚し…?



今日の草薙さん

第92話「大いなる試練」
2019.03.06放送

ブルーメイデンが敗れて後、プレイメーカーの前に草薙が姿を見せる。リンクヴレインズ内に入ることはなく、これまでプレイメーカーのサポートとして共に闘ってきた彼だが、ライトニングに弟の仁を人質にされてしまったのだ。これまで闘ってきたのも全ては仁の為。決意の固い草薙に、プレイメーカーは応じるものの、いつもの調子は出ず…。

初回放送:2019.03.06


私の妄想力感想

当時の感想
http://maryuudokuhaku.blog93.fc2.com/blog-entry-4378.html

カエルとハト、ブルーメイデンの敵討ちが…
できない(笑)
ボーマンさんのひと睨み(ボーマンさん的にはチラ見程度だけど)でビビる山本先輩が癒し。

ボーマンさんからの助言
プレイメーカーへ。
敵に塩を送っているようなそうでもないような。
大いなる試練を乗り越えたら「おまえを倒すのは俺だ」とか、あたらしいパターンですよねってふと思った。
(典型的ライバルキャラは、大いなる試練に対して、ここで負けるとかアリエナイという野次に見せかけた檄を飛ばすけど、ボーマンさんは、無理かもしれないなーっての分かってて客観的)

1人追いつけてないアイちゃん
草薙さん登場に際して。
一方で「この時が来たんだな」っていうプレイメーカーのわかりみ。

ハト&カエル「「誰?」」
やっぱり山本先輩と斎藤君が癒し。

デコードトーカーの目
目っていうか、虹彩とかいわゆる黒目部分?があることに新鮮味を感じた。
んだけど、初回放送でも気にしてたかな。

元気がない「パワーインテグレーション」
草薙さんの悪手と思わせる一手に驚くも、自動なので使わざるを得ないプレイメーカーのセリフというか発音というか。

コードブレイカーの逆転効果とダメージ
弱体化ではなく、天邪鬼的効果で、さらに効果ダメージを与える
敵の懐に入り込んで破壊していくっていうのが、今の状況的なシビアさがあるように思える。

「この時が来たんだな」って言ったけど「応じる」とは一言も言っていない
「俺は草薙さんとは闘えない」の件。
応じるというか、積極的にやるとは一言も言っていない。というか。
最初のセリフに関して「合意の上じゃないのかよ」的なものがあるのではなかったか?という誤解を招きかねない。
「合意なんかじゃねーよ!やりたくねーよ!」って言えないクール系の悲哀というか。

次回は当然続きだけど
SEVENSがもし、この枠だとしたら、
これと、3期のラストデュエルでセレクションを終わりにして渡す感じにするのかなー?と、ふと思ったり。
いやでも4月初週からスタートだとしたら足りないか?(まだ時間帯は判明してない)




関連記事
遊☆戯☆王VRAINS第92話、「大いなる試練」の感想日記です。

前話のあらすじ
2019年2月27日は、第91話、「誇り高き乙女」を放送しました。
得意の効果ダメージでボーマンを追い詰めるブルーメイデン。しかしボーマンも一筋縄ではいかない。
ブルーメイデンがクリスタルハードを素材とするリンク4モンスターを展開するも、ボーマンもまた、リンク4のハイドライブで迎え撃つ。


関連記事
遊☆戯☆王VRAINS第64話、「ターニング・ポイント」の感想日記です。

前話のあらすじ
2018年8月8日は、第63話、「転生する炎」を放送しました。
ブラッドシェパードによって再び闇より出てし絶望を目の前にすることになったソウルバーナー。
自らを奮い立たせようとするものの、戦況の不利はそのままで…?

関連記事
カテゴリ一覧
アルバム
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター