FC2ブログ
最近の感想日記
Tag : 遊戯王
とうとう漫画も終わってしまった、遊戯王アークファイブのコミックス第7巻の感想です。

内容は イヴさんもとい、彼女を乗っ取ったGODとの決着と、半ば恒例のライバル決闘。
また特別編として、イベント配布などされたミニエピソードがいくつか入っています。

・たっぷりライバルデュエル
遊矢はアニメでもそうですが遊星くんと同じく、もうひとりの自分ではなくライバルと最終してエンドになっていますね。
しかし前巻からGODとの決戦は始まっていたとはいえ、ライバル決闘の方が2倍ほどの厚さってすごい…。
最終巻だけに、本巻自体が厚めな印象もありますが…。
ゆえにライバル関係厨の私としてはありがとうございますとしかw

・零児くんが首に巻いているのはマフラーか?
んで、アイザックさんとの決闘あたりからスタッフが悪乗りしまくっている零児くんのマフラーですが、今回これでもかと活用されています。
ブーメランになるわ(硬度とは)、翼になって零児くんを空に飛ばすわ(耐荷重…)、もはや何がなんだかわかりませんwwwwww
発案者は誰なんだ…三好先生か吉田先生か、決闘以外のところで彦久保先生が関わっているとは思えないが…。
あるいは 好評を受けてという意味では、編集担当の相川さんが(好評だと)リサーチしやすそうな気もしますね。
アイザックさんのときもそうですが、あくまで決闘中の行為であり、今回のようにアクションデュエルの演出としてそう見せているに過ぎない可能性もあるけど、あれ毛糸じゃないというか布じゃないだろ…。
未読でマフラーファン?の方はぜひお楽しみに。

・漫画版に榊洋子が出ないわけ?
ほかの見どころでは、やっぱ遊矢と柚子ちゃんの関係性ですかね。
遊矢の時代が未来であることから、ある程度想像していた方もいるんじゃないですかね。
別の時代の人間であること、GODのあれこれの精算のため、次元移動の旅に出るという別離になってしまいますが、「いずれ会える」のが、ちょっとおもしろい展開に。
遊勝さんと出会うのが、本巻のエンディングで見られます。
漫画出たばっかりのときに、ちょっと私も発言した気がするんですけど、遊矢から見て過去の時代の柚子ちゃんは、実はお母さんポジになるのではないかとそういう。
あるいは次元の旅はまだまだこれから…という遊矢が、柚子ちゃんの時代に遊勝さんという形で生まれ変わったとも言えるかもしれませんが…。

・GODかつ零児くんモチーフの付録
また付録はカイバーマンの系譜とでもいえばいいのか。
なんとかキングとかナンバーズハンターとか(GXって誰だ?)のシリーズというかなんというかw
ライバルモチーフのカードが登場です。
その名もまんまレイジとかね。
GOD関係でもあるから、ここも笑っていいものかなやむ。

・本当にお疲れ様です
Vジャンプでは佐藤先生のオリジナルが始まりましたが、三好先生、本当、お疲れ様でした。
そういえばVRは漫画化はしないんでしょうかね。
アニメのほうが最終章かもしれないことを考えると、今更感はないではないですけど。
関連記事
遊☆戯☆王VRAINS第108話、「不撓不屈の精神」の感想日記です。

6月26日はお休み、次回の放送は、7月3日です。

前話のあらすじ
2019年6月19日は、第107話、「鬼を討つ」を放送しました。
プレイメーカーたちがコピーのアイに、またブラッドシェパードとゴーストガールがロボッピと対峙する中、本物のアイはGO鬼塚を視界に捉えていた。
実質アースの仇とも言えるGO鬼塚に、アイは決闘を挑む。

関連記事
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第224話「光の中へ完結する物語」(最終回)の感想です。



これまでの戦歴
2019年6月22日は、第223話「強き心 優しき心」を放送しました。
オシリスの効果を利用し、神のカード全てを倒すことに成功した遊戯。しかしアテムも負けてはおらず、早々に有翼幻獣キマイラを召喚する。
遊戯もまた、デーモンの召喚やカース・オブ・ドラゴンで対抗、アテムも暗黒騎士ガイアなど、上級モンスターのせめぎあいとなる。
さらにアテムは、マハード=ブラック・マジシャンを召喚し…?


今日のW遊戯

第224話 光の中へ完結する物語
2019.06.29 onair

ブラック・マジシャンが登場したことで、場の流れは再びアテムへと傾く。遊戯はそんな中、封印の黄金櫃のカードを発動。何らかのカードを櫃の中へと伏せた。
さらに遊戯はサイレントマジシャンを繰り出し、とうとうブラック・マジシャンを撃破する。
だがアテムは、死者蘇生の効果でオシリスを再び場に呼び戻し…?

初回放送は 2004年9月29日に行われました。


私の妄想力感想

南伸一郎さん
武藤公春さん
平川亜喜雄さん

ラストはトリプル作画でしたか。

実は反省している城之内さん
杏子ちゃんに格好付けた割に、W遊戯の展開力に城之内さん自身も「見てられない」状態に。
…デュエルシーンそこまでにも色々あったよね!という突っ込みは可。
語彙力の低下ですげーとすらかけないというか。
ええと、ガンドラさんよりは前かな

1番信じているのがアテムさん
もう遊戯の勝ちはないのか…?とギャラリーが沸く中
「相棒は諦めていない」
って言えるのが、
敵たるアテムさん
というのが遊戯王クオリティである。

魔法の教科書の発動条件
手札を捨てるのが条件になってるカードって、手札がない時は使えないのでは…?
と言いつつ、アニメではよく見る「俺の手札は0枚!」ですが。

あえてオシリスにした理由
アテムさんというよりアニメスタッフが?
漫画ではオシリスしかデッキに入れてない可能性があるので順当ですが、アニメでは大盤振る舞いしていたので。
また手札4枚なので、ラーはともかくオベリスクでもよかった(攻撃力4000)のになーと思ったりなかったり。
一方で、「冥界の王」(オリジナル)を死者蘇生禁止で封じるっていう点では、太陽神にも建造物←にも任せられない立場とも言えるのかなーとか。
いやまあ単純に、アテムさんが1番思い入れあるカードってだけかもしれないですが。

「サイレントマジシャンで、プレイヤーへダイレクトアタック!!」
の時の泣きの演技というか、もう風間さんが泣いていたんじゃないだろうかってレベルの泣きセリフ感。
何度聴いても涙腺にダイレクトアタックされますな゚゚(゚´Д`゚)゚
そういえばここらへん、アテム版と遊戯版とで収録分けたりしたんだろうか、いや仮に別日にしたところでシーンがシーンだけに、アテムさんは泣かないっていうの、風間さん大変だったんじゃなかろうかとかね。


俺たちの戦いはここからだエンド
が、大人にも気持ちよく響く作品の1つではないかと思うんだがどうだろう。
通常、打ち切りとかでもよく使われるネタですが、遊戯王はアテムさんをメインとした物語であり、遊戯さん自身にまつわるあれそれはこれから…っていうのが嘘じゃないというか。
ED後にあるとは思わず(うっかり忘れて)、あれ、「僕の物語は始まったばかりなんだ」って、アニメではないんだっけ?
とか、突っ込みかけたのは私ですw


7月6日以降は「遊戯王デュエルセレクション」を放送します
やはり捨てないかテレ東さん。内容を察するに、シリーズ混合でおすすめ?シーンをやるのではないかと。
初回はGXから、「覇王降臨・死の決闘者たち」ってえええええ(笑)
えげつなパック…レジェンド5発売記念ですか!?
VRからDMに流れてこれ初見って人いただどうすんだwwwww
スタッフがえげつないのも好きだけどwww

一方で、デュエルセレクション、もしくは覇王回でのスタート再放送って、どっかで見たような気がしなくもないんですよね…。
セレクション自体が再放送という可能性もあるのかな?
中途半端な時期なので、10月の編成時期までのつなぎ的な感じにするのかどうなのか。
またつなぎということは、10月からは遊戯王シリーズでない可能性もあるのかどうなのか。
感動の余韻に浸りつつも悩ましいこの頃。

関連記事
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第223話「強き心 優しき心」の感想です。



これまでの戦歴
2019年6月15日は、第222話「三幻神を倒せ!」を放送しました。
召喚に3体の生贄を必要とする三幻神を、全てに場に揃えてしまったアテム。
決闘は早くもアテムの勝利で終わるかに見えたが、遊戯はしかし、神を倒すことを宣言。
実際に神の攻撃や特殊能力を次々とかわしていき…?



今日のW遊戯

第223話 強き心 優しき心
2019.06.22 onair

遊戯がマグネット・フォースの罠を使ったことで、三幻神は場から消え去った。強者の弱点はその力こそにあるとする遊戯。その後はバスターブレイダーやデーモンの召喚、有翼幻獣キマイラに暗黒騎士ガイアなど、今までアテムと遊戯が幾度となく活躍させてきたモンスターたちによる応戦となった。
神以上に互いによく知るモンスターたちでのバトル、遊戯もアテムも対応しながら勝機を伺うが…?

初回放送は 2004年9月22日に行われました。


私の妄想力感想

平川亜喜雄さん
今日の作画

オシリスの不憫さというか
強制発動って、可愛そうだなーと改めて?(笑)
スライムの無限ループも、やはり召雷弾がキーだったじゃないですかぁ。
またこれ、マグネットフォースの効果ではなく、あくまで直接的にはオシリスの効果なので、オベリスクとラーにも通用するっていう。

「「ええ!?海馬が遊戯を信じるってのか!?」」
城之内さんと本田君の見事なはもりと、場全体での「ぼのぼの」。
ていうか兄様がいちいち「信じるぞ」とか言うことからして、笑うしかないwww

「神がいようがいまいがどうでもいいってのか!?」
城之内さんの名言というかなんというか。
遊戯王シリーズにおいて、結局そういうカードはピンチを助ける切り札にはなっても、自分のフェイバリットなエースにはしないっていうスタンスは好き。

疾風の暗黒騎士ガイア
トリッキーさんで捨てたのは、アニメではガイアさんでしたか。

(神が撃破されることも)読んでいたぜ!
いや嘘やろwwwww
アテムさんがいかに遊戯さんを信頼し、期待していたとしても、突っ込まざるを得ないwwww

ところでガイアさんはいつから変わったんでしたっけ?
今まで遊戯さんたちを幾度となく助けてきたモンスターたち。
ガイアさんだけは別カードになるのではと、野暮なツッコミを入れたのは私です。
(いやむしろ、通常モンスターのガイアさんの方が、出番は少ない可能性があるのだが)

「我が生涯最強のライバル」
は武藤遊戯。
とりあえず海馬が憤慨しそうですアテムさん(笑。遊戯さんのことを評価してはいるけど、そこはやっぱ怒るんじゃないかな兄様的に)
…だから心の声なの?(笑笑)

運命ドローどころか
そういえば、超越レベルで自ら望みのカードを、特殊スキルとかなしで、毎ターン。
ってのは、未だに(DMの)アテムさんのみでいいですかね。

そこも、スタッフが徹底しているのかな。

「それが友情ってもんだろ?」
杏子ちゃんを諭す城之内さんの図より。
格好いいんだけど、格好いいんだけど!!
半分はちゃうねん!!と、あのニブチン君にいってあげたい。

ブラマジにキュンとするイシズさんの図
DM次元では、イシズさんは生涯独身を貫いたとかそういう話が欲しいこの頃。
とはいえマハードはアテムさんと一緒に還っただろうし、以降出てこないだろうから、イシズさんがキュンをより深くさせる機会があるかどうかは未確定でもあるんだよなー。

ところで
再来週はGXですか?
リンクス中ということでゴッズですか?
「この枠における」再放送の機会がない気がするゼアルですかアーク5ですか?
今から入った人向けにVR1期ですか?
25th、30thに向けてもう一周しますか?

新作アニメとい可能性を別にすると、とりあえず遊戯王シリーズを繰り返すだろうって予測しかしてないこの頃ですw
(ポケモンが再放送の気配なくなっちゃったからなー。この上がボルトだからNARUTOをもっぺんとかぐらいしか考えられない。)

関連記事
遊☆戯☆王VRAINS第107話、「鬼を討つ」の感想日記です。

前話のあらすじ
2019年6月12日は、第106話、「がんばれ!!ロボッピ」を放送しました。
プレイメーカー・ソウルバーナー・リボルバーが迎撃に入るが、いずれも相手になったのはアイだった。
多勢に無勢と判断したのか、アイは自らのコピーを作り出していた。
一方でロボッピは、ブラッドシェパードとゴーストガールの2人と、タッグデュエルを始める。

関連記事
カテゴリ一覧
アルバム
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター