最近の感想日記
Tag : 零羅
遊☆戯☆王ARC-V第143話「覇王の魂」の感想です。

これまでのエンタメ
2017年2月12日は、第142話「あふれる記憶」を放送しました。
バトルロイヤルの中、かつての記憶を思い出していく遊矢、ついに自身の正体がズァークであることまで気づくが…。
関連記事
遊☆戯☆王ARC-V第132話「稀代のエンターテイナー」の感想です。

これまでのエンタメ

第131話「常闇(とこやみ)に射す光」
2016年11月13日放送
復活の時が近づくレイの想いを伝えようとする零羅が、零児の前に立ちふさがる!! 零王の野望を阻止するため、先を急ぐ零児は「DDモンスター」で猛攻を仕掛けるが、それを上回る零羅の戦略に驚がくする…!! 同じ頃、ユーゴvsユーリの闘いに決着がつこうとしていた!
関連記事
遊☆戯☆王ARC-V第131話「常闇(とこやみ)に射す光」の感想です。

これまでのエンタメ

第130話「欲深き猛毒龍」
2016年11月6日放送
ユーリとユーゴのデュエルに乱入するエドとカイト!Dヒーローと光波竜で果敢に攻めるも、4人の闘いは激しさを増すばかり。しかし「デュエルの本当の楽しさ」を遊矢から教わったエドは、遊矢を救うため、ズァークという闇に飲まれようとする2人を救うため、新たなモンスターを手に全身全霊で攻撃を仕掛ける!その時、ユーゴの心に変化が…!?
関連記事
遊☆戯☆王ARC-V第八六話「怯まぬ決意」の感想です。


これまでのエンタメ

第85話「水晶の翼」
2015年12月13日放送
ロジェの思惑でセレナに有利なコース変更がされる中、ユーゴとセレナの激しい攻防により、会場の盛り上がりは最高潮に達する!一方、独房内の遊矢の意識はユーゴとシンクロし、目の前にはライディング・デュエル中のユーゴと同じ景色が広がっていた。遊矢とユーゴ、2人の意識がこのデュエルを新たな方向へと導く…!
関連記事
昨日の遊戯王ARCV視聴後からいろいろ思いが炸裂したので昼休憩を利用してまた書き散らかしておきます。



テーマ1:零王さんはどんなお父さんなのか

特にというか、ほぼ、海馬剛三郎氏に集約されちゃっているんですけど。
高橋先生曰く「遊戯王はロクデナシ親父の品評会」
という、主にライバルのお父さんに悪評があるっていう。
思いはさておき、好意的には、古代編のアクナディン
ほとんど出てきませんけど、城之内くんのお父さんも典型で。

先生の言葉は無印限定ですが、これは以降もしっかりと継承していて(苦笑)
GXだと、エドの養父的な位置にいるアニメDD、漫画のMRマッケンジー、あたりがそうなのかな。
サンダーのお兄ちゃんずも近いけど、それを考えるとエドが1番ライバル位置という見解も)
ゴッズは、レクスがそうなのかな。じゃっくんの直接のお父さんって出てきてないし。
不動博士が、ゼロリバだけに限定して片足突っ込んでいるという見方もできなくはないが)
ゼアルはもろドクターフェイカーが該当で。
でもアクナディン同様、別に悪かないというかなんというかなんですよね。
悪いという点ではトロンがそういう位置に来ているとも言えるか。
(そういう意味では、やはり遊馬、凌牙、カイトがそれぞれ主人公で、アークライト兄弟がそれぞれのライバル位置という見方ができなくもない)

で、零王さんってどうなのかなーって。

なんで思ったのかというと、昨日のARCVにおける零児くんの立ち回りが、そのまんま零王さんに見えなくもないなって。
真意を隠して、悪役イメージだけを植え付けているというのが。
単なる悪い奴という気がしなくなってきてですね。
あと、息子に不審がられて敵になられてもなんかやってるっていうのが、ドクターフェイカーに近いかなと。
(ハルト、つまり零羅くんに何かあるのかどうかはさておきね)
また、単に悪い奴だったら、息子に会社とか街とか任せたいって思うのかなって。
それ以上に欲しいのが次元統一による世界征服とも言えるんですけど。
零児くんにバレなければ、ずっとスタンダードと融合を行き来する生活してたかなぁ。
息子にバレたので逃げたっていうのもなんかこう、関わらせたくないっていう意思が見え隠れするようにも思えてですね。

どうなんだー!とモヤモヤしています。
ロクデナシ親父の仲間入りでもそれはそれでいいんですけど。



テーマ2:零の意味は

零児くんを見ていて。
子供らしくないから、
児(児童っぽさ)が零(皆無)で零児なのかなあってふと思いまして。
そういう論法で行くと、大人しすぎる、臆病っけすらある零羅くんも、
まさに怖さというか度胸(修羅=鬼)が零(皆無)なんですよね
って。
(お兄ちゃんもご両親もそういう意味では鬼っぽさありまくりなので、対比しやすい)

んで、その論法で行くと、零王さんってボスなのに王の資質的なものがないってことになっちゃうんだよなーって思って。
それが嫌なので、示すために次元統一しようとしたのか、とか。
あるいは、自分にはない=別の誰か(息子のどっちか)に王の素質があると思ったのでそこに据えたいとか(アクナディンパターン)。
あるいは、彼の裏に真のボスがいるという意味なのかってのも有りですよね。
(前から書いたりしていますけど、ラスボスが大邪神ってのも伝統ですからww)

あと、すんごく余談ですが
零児くんが実子じゃなかったら面白いなってふと思いました。
あえて零の児(自分の子供の意)って付けるのは、それを隠すためじゃないかとか。
(赤ん坊の頃に引き取ったか拾ったかしたので名付けは出来たみたいな。本当の名前があったけど変えたも別に可能か。)
それこそ、次元自体別だったりすることもできるんだなーとまた妄想を広げてしまう私の悪い癖。
ただ、養父のほうが、お父さんがロクデナシ傾向があるのが悩みどころではある(笑)



まあ、そんなこと言ったら
ユートとユーゴとユーリ、セレナ、リンの苗字明かさないのはなんでなのよとか、
隼くんの手前とはいえ、逆になんで瑠璃ちゃんは黒咲になってるのよとか、
遊勝さんが紫でユート傾向、
黄色い洋子さんがバイク乗り回してユーゴ傾向ってちょっと怖いなとか、
セレナ、瑠璃、リンもブレスレット持って生まれてきたのかなーとか、
いろいろ突っ込みたいところは止まらないんですけどね。





画像が見えない方>>
遊戯王関連の一覧載ってます 

良かれと思ってクリックお願いします!(笑) 

関連記事
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター