最近の感想日記
2012年09月15日再放送、遊☆戯☆王5D's第33話、
「復讐の劫火! かつての友 鬼柳京介」
の感想です。

・・・ふしゅー(空気抜けた音)
・・・おれはぁー。まんぞく、だぜー・・・

とか、この時点で言っているようではもうダメだなと全然思っていないヤツの感想です。
なんかこう、快感?違うか?やりきったというか見きった?感がある。
やっぱオニヤナギ好きだわ俺。




カード・漫画・アニメ関連もどうぞ!
遊戯王関連の一覧載ってます
モバイル用ページもあります。
携帯の方は下記からどうぞ
遊戯王関連の一覧載ってます
唯一無二の友
本放送の時も、美っきりしたような記憶があります。
なにせ海馬鹿2号機ことキングのセリフにしてはいかに本人たちが居ないツンデレ発言?とはいえ、えええええええええ!
っていう。
まあ、遊星君に関してすでに「友を捨ててシティへ来た」発言してるから、免疫が・・・
ねーよ!
って。
単に友達とか言わせるだけでもすごいことなのに、唯一無二って・・・・
どんだえ鬼柳氏すごいのかと思った覚えがある。

チーム・サティスファクション
もはや完全にネタとかしてしまっている満足同盟である。
それでも私は好きですが。
問題は、じゃっくんが何着ても似合う件だな←

ハジケる鉄砲玉
今回の話が好きな件は、クロウもそうだけど、遊星君もじゃっくんも生き生きしている感じがあるからかなー。
道化キングでも仏頂面でもないっていうか。別に今が死んでるような顔ってこともないんだけど。
ぶっちゃけ可愛い。今日の作画サンのせいですか?

俺のダチ
オニヤンギがすきだーとか書いておきながら、じゃっくんに対して書くことが多い今日の日記ww
あれですかね、レクス長官に言葉遣いをどうにかとか言われちゃったんですかね。

満足させてくれよ?
んー、エロイ!とか言ったらどうなのかしらね。
ネタセリフですが(加えてどっちかといえば悪党が言いそうなセリフですが)、妙に格好良いと思うのは惚れた弱みでしょうか。

悪魔デッキ?
そーいえばの話。
今でこそインフェルニティですが、以前はデーモンデッキでも使っていたんですかね。
(ゲームソフトではその傾向がありましたが)
タイタンのデッキとか思い返してみたり。
あるいは、悪魔族という少し広範囲とか。
しかし、天使は・・まあともかく、戦士族ではなく悪魔族っていうのがなんかこう、フラグなんですかねー。
自分たちは別に正義の味方ではないていうのには好感は持てますが。

救世主
じゃっくん語録が今日多いwwwww
ていうか、じゃっくんがオニヤナギを褒めすぎな件
何があったんだ本当に!ってな。
せっかくなので、出会いとか例の件までのあれこれをもっとうあってほしかったなあと改めて思います。

デュエルギャング
あえて俺たちもギャングになってやろうっていう心意気は正直好きです。
上でも書いたけど、正義面しない。みたいな。
サテライト制圧ってそもそも悪党な野望な目標だしね。

インフェルニティ
今日のキーカードがデーモンさんだったので、どこまでいくかと思ったら全然だったww
過去で満足したので文句はないですが。
しかし、デーモンの攻撃で遊星君が死にそう?になるとか、本当、リアルへの影響すごいっすな。

百眼
・・・初戦ででるよね?と、上のことのせいで若干不安になるwwwww
いや別にアノ顔なので可愛いとか可愛くないとかいう問題ではないんですが、
オニヤナギもドラゴンもってるのはちょっと嬉しいなと思ったり。
後々別ドラゴン出てきたのに、逆ルドガーさんにならんかったのがやっぱ残念だなあ。

その先の望み
過去話しで思ったけど。
制圧後の目的があったのって、クロウさんだけじゃないのかしらって。
チビちゃんたちの件でね。
遊星君とじゃっくんは、このままみんなでいれればみたいな漠然としたものしかもって居なかったというか。そんなこと考えもしなかったというか。
オニヤナギにいたっては、制圧自体が現状の目標なので、勝ちが見えた瞬間からまあ、あーなっちゃったわけですが。
遊星君やじゃっくんが、考えちゃっていたらどうなっていたでしょうね。と、ありえないけど考えてみたりする。
一番先に考えてしまったから、鬼柳さんがああなる結果になっちゃったような。
(それを見ていたから、遊星君もじゃっくんもそうならなあったともいえそうな)
別に同情とか憐憫とか・・・あるのかなー。ごめんね鬼柳さん。そういうのもコミコミで好きなんだわとか思ったり。

以下公式より。あらすじです。
(公式サイトへはサイドバーのリンク一覧から遊戯王公式を開いてみてください。他シリーズもあります。)
2012年09月15日再放送 2008年11月12日本放送
遊☆戯☆王5D's第33話「復讐の劫火! かつての友 鬼柳京介」

遊星はダークシグナーとの戦いに挑もうとしていた。
しかし、そんな遊星の行動に気付いたクロウは同行を申し出る。
仕方なく共に出発する。

一方、 カーリーの質問責めにあい、思わずジャックが口にしたのは、遊星の生い立ちであった。
遊星の両親はモーメント技術の基礎を築いたエリートだった。

その頃、 遊星とクロウの前に姿を現したのはかつての仲間・鬼柳京介だった。
訝るふたりに構わず、鬼柳は遊星を黄泉の底へ叩き込む、と宣言する。

そんな様子を見守る ジャックとゴドウィン。
そんなジャックの口から、遊星とクロウ、鬼柳、ジャックはかつて唯一、無二の親友だったことが語られる。


クリックお願いいたします
Tremii(トレミー)は、ショッピングで価格比較、ブログなどを評価しあい、お得で楽しくなる総合評価サイト!
 ランキングはこちらをクリック!
人気ブログランキングへFC2Blog Ranking
SEO対策
ゲームSEO対策漫画
SEO対策アニメSEO対策遊戯王SEO対策日記

こちらの日記・ブログもよければ見ていってください(^0^)

遊戯王関連記事一覧

遊戯王関連商品一覧


関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター