最近の感想日記
遊☆戯☆王ZEXALⅡナンバーズ95(第95話)、
「いざ決戦の地へ!皇の鍵の飛行船、発進!!」の感想です。2013年03月17日放送


カード・漫画・アニメ関連もどうぞ!
遊戯王関連の一覧載ってます
モバイル用ページもあります。
携帯の方は下記からどうぞ
遊戯王関連の一覧載ってます


内容感想なので以降ネタバレ注意です。


以下公式より。あらすじです。
(公式サイトへはサイドバーのリンク一覧から遊戯王公式を開いてみてください。他シリーズもあります。)

今日の遊馬のかっとビング!
凶悪なバリアン・ベクターに、自分の身代わりとなってさらわれた真月にショックを受ける遊馬。
消えたベクターから「マスター・キー・ドラゴン」のカードを受け取ったアストラルは、このカードから不思議な力を感じるのだった。
そんな時、遊馬のもとへ駆けつけたカイトと凌牙はこの事件にバリアンが絡んでいることを知り、すぐにでもバリアン世界へ乗り込もうとするが、その方法が見つからないでいた。


私のかっとんだ感想はこちらからw

見苦しいから落ち着け
カイト様ーwww手厳しいな。
とはいえ、主人公をぶっ飛ばしていいのはライバルだけという鉄則だからな<どういう
鉄男くんも凌牙君も、怒るにしてもしっかりしろよなっていうよね。
カイト様手厳しい

本当に俺たちのため?
遊馬のためなんでしょー?知ってるわよ。
って言いたいのか璃緒ちゃんや。
そこはまあ、激しく同意だが。

付いていきます!!
言ってもきかねえからってwww
二人っきりの時もそもそも止めなかったよなお兄ちゃんwwww
言ってもすら、もうしないんだwwww

大人なのはおばあちゃん
息子があんな感じだったので、孫もきっとそうなんだろうっていう経験は流石ですね。

大人なのはハルト君
いってらっしゃいっていうハルト君も大人だなあ。
子供なんだから、一緒に行くって我がまま言ってもいいのに。
自分が足手纏いニなるかもとか考えてるのかな。いい子です。

一番大人げないナンバーズクラブ
こっそり待機しているとかwwww
みなさん抜け目ないですね。
まあ、遊馬さんが持ち前の迂闊さを発揮して?げろっちゃいましたからね。
黙って待っている理由は無いも無いわけでして。

バーサーク・デッド・ドラゴン
あれ最強なんだけどなー。
移動してきているうちに攻撃力ダウンしちゃったのかなー。
素のままだと、銀河にーさんでも倒せないはずなんだけどなー。
誰が倒したんだろうなー。

異次元空間なので即召喚
みんなどうして心得ているんだwwww
使いまわしだけど銀河兄さんのあの召喚シーンはやっぱり可愛いと思うんだが←

一瞬、飛行船が壊れたのかと思った
異次元フィールドの荒れ具合がね。

真月のしぼうふらぐ
や、フラグじゃないんだけど。どうなのかしらねあれ。
とりあえずしんどいた方が人間としては普通だろうという真月の作戦なきがしないでもない。
変ないいかただけどね。
あと、ベクター曰く、眼を覚ますことはないってことなので、眠っているだけかもしれないのよね。

激昂からの闇堕ちフラグ
遊馬君の眼が怪しい上に、覇王ことホープレイVさんの早々登場らしいので。
今のところ、遊馬に限ってはらしいオチ・・・違う、堕ちがなかったように思うので、ここらで堕ちておくのもいいんじゃなーい?そうでもなーい?

予想通りというか
リーダー対決ということで、ドルペさんと遊馬かなとも思ったんだど、(凌牙君もベクターに借りがあるとか言ってたし)そこはやっぱり真月奪取が優先なんですね。
安定のカイトVSミザエルが楽しみだわー。
・・・もちろん光子にーさんのご活躍的な意味で。
しかし、ドルペさんと凌牙君で果たして話が弾むのかどうなのかwwww
他2試合が多分うっさいことこの上ないと思うんだがwwww

そんな1対1×3決闘
しかし、一応、ドルペさんがラスボスなイメージがあったんだけど、そうでもないのかなあ。

ベクターの正体
お前は一体何者だ!?って言ってますけど、実はタダのバリアンじゃないのか!?
(只のバリアンっていうのも変だけどな)
実は真月がベクターだったりしてなwwwww
なのその一人芝居ってwwwww
流石にそれはないか。

新番組!?!
あれ?曜日が違う・・・か?
確か4月2日とかいってたけど、2日は火曜日か?4月の第一日曜日は7日か?7日表示だった?
あれ、日付の覚え間違いか?どっちだ!?!?!
ちょいと混乱していますが、放送後に案内があった新番組ってゼアルにかぶせて来てませんでしたか?見間違いなら別にいいんですけど・・・・


余談:サルガッソ@ウィキペディア
サルガッソ海(-かい、Sargasso Sea)は、メキシコ湾流、北大西洋海流、カナリア海流、大西洋赤道海流に囲まれた海域。

サルガッソ海は多くの船舶が沈没したり行方不明になる「魔の海」「船の墓場」であるという伝説で知られるが、それらの話には裏付けがなく、あくまでも伝説に過ぎない。

伝説では、風が吹かず帆船が何週間も動けずにいる間に船体に海藻が絡みつき、風が吹いたときには既に動けなくなっており、ボートで船を引っ張ろうとしてもそのボートのオールに海藻が絡み付く、あるいはスクリューが海藻に絡み付くなどして船が航行できず、船乗り達は水と食糧の不足でしばしば全滅した、などと言われる。 また、無人となった船は、その後も幽霊船となって長い間この海域を彷徨うが、やがて帆が腐り、マストが倒れ、最後には海藻に付着して一緒に流されてきたフナクイムシに船体を食い荒らされて沈んでいき、無数の船がこの粘りつく海に捕まり脱出できぬまま沈んでいったとされる。

しかし、この海域の特異性を原因とした明確な遭難記録は皆無である。

この海域は貿易風と偏西風の狭間に位置する高気圧帯のため、帆船の航行に適した良風が吹きにくい。このため、貿易風や偏西風を利用して大西洋を航海していた帆船時代、この海域に進入すると船の速度は著しく落ちた。凪の状態になることも多いため、身動きがとれなくなる事もあった。魚がほとんど捕れない海域でもあり、船乗りは乗員の食糧保全のため、積荷の馬を食料とせざるを得なかったことから、北緯30度付近の大西洋中央海域を「ホース・ラティテューズ(Horse Latitudes, 馬の緯度、亜熱帯高圧帯)」と呼んだ。サルガッソ海は、本来の大西洋横断航海コースから外れた風の弱い海域であり、当時の船乗りにとって忌避すべき海域であったことから様々な伝説が生じたものと考えられる。


魔の海域となwwwww
飛行とはいえ船なので、採用したのかなー?と思います。
別のところからだったらそれはそれですごい共通だとww
特に、

サルガッソ海に関連のある作品
SF作品などで、宇宙船の航行が著しく困難な空間に「サルガッソ」の名が冠されることがある。

っていうのが顕著だわね。


これまでのかっとびんぐ!
ナンバーズ94「真月の危機!暗躍者ベクターの襲撃」2013年3月10日放送

真月からの緊急連絡に駆けつけた遊馬。なんと真月がバリアンとデュエルで闘っていた。勝負がつけられないまま身を引いたそのバリアンの名はベクター。真月たちバリアンズ・ガーディアンを長年悩ませていた凶悪バリアンだという。そんなバリアンの出現に身を引き締めるが、ついに遊馬とベクターがデュエルで対峙する!しかも、この2人は以前対決したことがあったというが…!?

良かれと思ってクリックお願いします!(笑)
Tremii(トレミー)は、ショッピングで価格比較、ブログなどを評価しあい、お得で楽しくなる総合評価サイト!
 ランキングはこちらをクリック!

FC2Blog Ranking

こちらの日記・ブログもよければ見ていってください(^0^)

遊戯王関連記事一覧

遊戯王関連商品一覧


関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター