最近の感想日記
(TOT)

さて。私の予想は何点だったでしょうか
(前日記参照http://maryuudokuhaku.blog93.fc2.com/blog-entry-2549.html
あっているようないないような。とりあえず例によって書きたいことから描いていきます。


きっと、キミを、見つけ出す
まさかのウテナクオリティ(解らない人は少女革命で検索)
行方知れずになってしまった光秀を探して、御長さんの新たなたびが始まります。
というハッピーエンド。
御長さんが馬で駆けて行くところで涙腺が崩壊しました(TOT)

太閤様の心意気
そして、まさかまさかの秀吉善い奴で本当すんませんでした。流石は太閤様。
あれかなあ。女のためにっていうところは似たようなもんだったので、とか。
あるいは、”織田信長”にほれ込んだ同志としては。みたいな。
なんにしても、悪役って言って本当すみませんでしたー!!!(してもし足りない土下座)

信長、海外へ行く
顔見せてないから、はっきりそうだといってない。
ということでいいんだとは思うんだけど。ねえ。
宣教師さんの帰りの船にちゃっかりのっているカップル一組。
ちょっと上の感動が拍子抜けしたような・・・や、まだ決まっていないんだけど。

タヌキの腹の中・解決編
実は初恋の人でした!!!
って何。
あわや、家康のご側室にでもなるエンディングかと思っちまったい。
しかし、その気持ちをずっと抑えて同盟がんばた家康が一番偉い気がする。
こっちで探すといったものの、結局、御長さんが光秀探しに行くのも止めないし。
(幼いころに消えたという可能性も無くはないけど)
家康は光秀よりは、天下とり拒まなかったと思うので、そういう意味では、光秀の助言はあっていただろうし、信長の見る目は灯台下真っ暗だったともいえるなー。
幼いころからの忠臣だったのにね。
うーん、そういう意味では、この世界においては家康が一番好みかもしれんワシ。

婿がヘタレでどうもスイマセン
ちょっと変わって。光秀をこきおろそうの回。違うか。
信長が天下を取ることこそが自分の夢っていう、忠臣ップリはおいしいんですけどね。
俺も断るクチなんで、偉そうなこと家ないんですけど。
やっぱ、こう、ね。取りに言っていただければ。
譲られた天下に意味はないって言い訳だよね。
その後で、この首を(寝首だったね)を掻き切って見せよ!!といわれるわけですが、おっしゃる通りというか。譲られることに意味はないんなら、さっさろ寝首かけよみたいな。
忠誠心は解るんだけど、向けられる方としては歯がゆいことこの上ないって言うか。
・・・そういうのは、史実なんですかね。野心メラメラの光秀ってあんまり居ないですよね。

たまに怒るから捨てがたい
最後の最後で?叱咤激励。
これもヘタレだなあ・・・と思わなくも無いがマアそれはおいておいて。
滅びたいのか!!!?
て大激怒ね。
あsこは格好良かったですはい。
んで、本当は滅びたいのかもしれない。御長としての幸せを失ってもいいていう信長の気持ちを慮りまくっての本能寺ですね。
いや逆か、その気持ちを断ち切るための本能寺ですね。
御長さんと滅ばせたくはない、幸せを失って欲しくない。
「女は逃げろ」
という回答は、理想の予想範囲でした。

人間の矛盾
天下を取る素養がある人間は野心がなくて、
野心のある人間には、素養がなくて。
困った世の中だぃ。
秀吉が唯一そういう意味では両方があったといえるのかなあ。
関が原で、家康氏が野心を思っていたのか知らんけど。
(あるいは関が原の時点では、すでに秀吉はいなかった訳で、秀吉なら任せられたけど・・・という印象があったのかなと思わなくも無い。信玄様が、自分の死を隠そうとしたように。・・・秀頼・石田氏には悪いけど。)

御市様の最期
勝家さんが敗北したら、今度こそ秀吉に・・・
っていう野心がなかったのがなんか逆に驚きました。
女としての意地ってことでしたが。
それならそれで、勝家さんには愛情を持っていたとかそういうらぶらぶが観たかったなあ。
(どこぞの大がドラマでそういうのを観た記憶があったので。)
信長が死んだということで消えたのかな。
やっぱりあくまで信長への恨み、御長への嫉妬から来る者だったということなのか。


とりあえずも、お二人とも生きているハッピーエンド展開なのがよかったです。
関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター