最近の感想日記
遊☆戯☆王ZEXALナンバーズ104(第104話)
よみがえれ超え決闘者デュエリスト!!」の感想です。2013年05月19日放送


・・・なんというか。
本編<次回予告<CM
な気がしなくも無い。


これまでのかっとびんぐ!
ナンバーズ103「沈黙の闘士アリト 熱き決闘者デュエリスト)たちの再会!」
2013年5月12日放送

遊馬たちは次なるNo.を求め、拳闘士の伝説がある町へ。なんとこの地では、かつて熱いデュエリストをぶつけあった好敵手ゴーシュと再会する!プロデュエリストとして、子供たちのヒーローになったゴーシュを見て感激する遊馬は、マネージャーを務めるドロワから拳闘士の伝説を聞くが、No.が眠る遺跡は湖の底だという。ちょうど同じ頃、かつて遊馬との闘いで力尽きたアリトがバリアン世界で復活を遂げ、No.を手に入れるべくこの遺跡に向かっていた…。

今日の遊馬のかっとビング!
遊馬・ドロワvsアリト・ゴーシュのデュエルが始まった。
「RUM」によってアリトに洗脳されたゴーシュは、まるで闘う意思を失くした操り人形のようにデュエルを続ける。

そんなゴーシュ、そして卑劣な手を使うアリトという変わり果てた2人に驚く遊馬。
しかし、ドロワとともになんとかゴーシュの目を覚まさせようとあらゆる手段を試みるが、その想いが届かずにいた。

そんな遊馬とドロワをあざ笑うかのように、アリトとゴーシュは切り札を手に更なる追い込みをかけるのだった…!


私のかっとんだ感想はこちらからw

とんでもカード決闘
ライオンハート知らなかったくせに、こうも遺跡のナンバーズにあわせたカード持っているとか、アリトさん一体何者よ??っていう<遺跡の住人でしたが
なんというか、そこはやっぱりアニメなのでやって然るべきだとは思うんだけど、
でも、とはいえ
ちょっと引き気味で見ていましたwwwww
しかし、ゆえに、本当のアリトさんはとってもいい人(バリアン)なのよ!
っていうのが解るからいいか。

HCエクスカリバー
感動してしまったじゃないかばかやろー!!
っていう。
最後にちょっとだけだけどね。
でも、やっぱ洗脳を解くっていったらのカードで解かないとねっていう。

参考までに:


H(ヒロイック)-C(チャンピオン) エクスカリバー
/Heroic Champion - Excalibur

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻2000/守2000
戦士族レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を2つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力は、次の相手のエンドフェイズ時まで元々の攻撃力の倍になる。
RETURN OF THE DUELISTで登場した光属性・戦士族のエクシーズモンスター。


アリトは確定
遺跡の歴史。ね。
顔出し完全にしちゃってまあ。
もっとも、本人には、その記憶はないようで。
・・・アリトさんを取り戻す時に、ライオンハ-ト使ってとりもどすとかそういうんでいいですかね。

なんで起こしてくれなかったのよー!!
小鳥ちゃんww定番のオチですなw
というか、遊馬をそっちのけで璃緒ちゃんに怒ってるとか珍しいシーンかなーと思った。
相部屋なので当然といえばソウなんですけど。
カイト君と凌牙君が呆れ気味でまたいいww

彼らは相容れない
アストラルが不憫にみえてくるなこれ。
なんというか、視聴者は、ドンサウザンドの所為でこうなったんじゃないか?!
っていうのが解っているわけじゃないですか。
なので、いずれアリトさんは元に戻るんではないかと。
遊馬の願いはかなうんではないかと。
なので、アストラルの言っていることが間違いになってしまうというのがわかっているので。

次回、銀河兄さんの試練?
いや、カイト君の試練ですが。
ミザエルの遺跡でいいのかなああれ。
実は、あのドラゴンさんがミザエル??まさかねー。
一応、みんな人間設定ではあるので。
でも、ミザエル人間時の色合いが近いから怖いんだなこれが。
銀河にーさんの出番というわけでハイテンションのタ-ン

余談:
今月ゴウのVジャンプの表紙
・・・なんで遊馬&カイトにアテムと海馬鹿が乱入してるんだぃ。
(中央がでかいアテムさんとか、遊馬ちゃん涙目だわよ)
しかもさりげなく和希せんせーの画だろうあれ。
20執念・・・周年記念だそうだけど、なんかあるんかぃ。
とりあえず、Vじゃんのいいところは、いずれ壁紙配布してくれるところなので楽しみにしています。





良かれと思ってクリックお願いします!(笑)


FC2Blog Ranking

関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター