最近の感想日記
「青眼の白龍」を特殊召喚する効果が強力で相手は攻めにくい!

「ストラクチャーデッキ -青眼龍轟臨-」収録の新カード「青き眼の乙女」に多くの注目が集まっているぞ!
「青き眼の乙女」は攻撃や効果の対象になるだけで「青眼の白龍」を特殊召喚できる強力な効果を持つため、相手は攻撃をしかけにくい───その間に、自分のカードとのコンボで「青眼の白龍」を特殊召喚させ、攻撃に転じることができるからだ。

青き眼の乙女


(魔法使い族・チューナー ATK 0/DEF 0)
自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を特殊召喚する効果が強力!フィールド上の表側表示のこのカードが、[1]カードの効果の対象になった時、[2]攻撃対象に選択された時、に発動できるぞ! [⇒カードデータベースでくわしいテキストを見る]

この攻守に渡って強力な効果が話題となり、「魔導」などの魔法使い族を活やくさせるデッキや「征竜」「聖刻」などのドラゴン族を活やくさせるデッキに組み込むプレイヤーも急増! ほかにも、さまざまなコンボを考えユニークなデッキを構築するプレイヤーも増えてきているぞ!


「対象をとる(指定する)効果」とは?
効果を与える目標(対象)を選びながら発動する効果のこと。
⇒「月の書」など、効果をどのカードに対して使うのか「選択して発動」する必要がある効果は、基本的に「対象をとる効果」。
⇒「ブラックホール」など、どのカードに対して使うのか「選ばずに発動」する効果は、基本的に「対象をとらない効果」。


「対象をとる/とらない効果」を見分けるポイント

テキストが「(何かのカードを)選択して発動」と書いてある効果は、基本的に「対象をとる効果」だ。
⇒古いカードなどはテキストが分かりにくいものもあるが、新たな商品に再収録された時に分かりやすいテキストにしているものもある。困った時は、最新のテキストや「対象にとる/とらない」の情報などが調べられるカードデータベースをチェックしよう!
また、装備魔法のように「(モンスターに)装備」するカードも基本的に「対象にとる」効果だぞ。


以上、記事抜粋。

フーン。確かに。ね。
テキスト初めて観た時に最強か!!と咆えた記憶がある

屁理屈になりかねないけど、確かに、対象をとらないカードでやつけておけばいいんですが。
そのときは、失念するぐらいにはびっくりしたっていうかwwwww

青眼特殊召喚してその流れで銀龍さん召喚までもっていくのがSDの基本なんでしょうね。
レベル9の条件無し、あるいは条件合致シンクロなら、他のでもいいわけだ。
ぶっちゃけ、レベル変換なんてざらだし、そのとき通常召喚とかしていなければ、他にもいろいろ運用が効くんですな。

ネタそですが、遊戯さんの、や、アテム様のカードで対象取らない破壊ってなんかあったかなーと思ったり。


詳細、他の使い方はこちら!
http://www.yugioh-card.com/japan/topics/

関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター