最近の感想日記
遊☆戯☆王5D's第89話 「ガトリング・オーガの恐怖」感想です

すでに放送済みですが、一応ネタバレ注意
以下公式より。あらすじです。
(公式サイトへはサイドバーのリンク一覧から遊戯王公式を開いてみてください。他シリーズもあります。)

これまでのライディング
第88話 「勝利の先にある罠」
2009年12月9日本放送

ラモンやマルコムを始め、大勢の人々が見守る中、遊星と鬼柳のデュエルが続く。鬼柳は遊星に負けることでデュエルから解放されることを望んでいた。だがデュエルを裏切れない鬼柳は、エースモンスターである「インフェルニティ・デス・ドラゴン」を召喚し遊星に迫ってくる。一方、遊星は何とかこの状況から鬼柳を救い出す作戦を決行するために、必死にデュエルを続ける。そして、ついに遊星は鬼柳を倒すのだった。隙をついて作戦を決行しようとしたその時、仲間のはずのバーバラが不審な行動をとるのだが・・・・・・!?



今日の遊星の轍
第89話 「ガトリング・オーガの恐怖」
2009年12月16日本放送

バーバラにショックガンで撃たれて身動きのとれない遊星。
実は、バーバラの正体はマルコムの仲間だったのだ。

鉱山に送られてしまった遊星たち。
機転を効かせ鬼柳と共に脱出するが、デュエルに敗れ鉱山に送られて亡くなった人たちの墓地を目にする。
全て自分のせいだとショックを受ける鬼柳。

そこへウェストとニコが現れた。
2人の父親も鉱山に送られたことを知り、皆の救出を決意する遊星。
しかし追ってきたロットンがその前に立ちはだかる!



私の妄・・・アクセラレった感想
何で俺を・・・×いっぱい
遊星さんが基本的にそういう性格だということを思い出していただきたいものですね。
何で自分の身になったときに、他人の場合のを思い出さないのかなー。なんてね。
加えて、自分に対しては何で?でも、他人に対しては何でもくそもあるか!!っていうのも遊星さんの性格でしてwww
そこも、友達ならわかっておけよという。
まったく、矛盾極まりないwww
ある意味、シリーズ主人公の中で、決闘したらみんな友達だを一番体現している人じゃないかなと。

鬼柳兄ちゃんに学んだ
・・・満足時代じゃなくて、ここでのかウェスト!?
・・・いや、まあ、鬼柳スキーの私が突っ込むのもどうかと思うけど。
そして満足時代も十分尊敬に値しないけど<こら
あきらめずに闘ってた?うーん。
本人曰く、決闘に突き動かされたってことらしいですけど・・・

ニコ→?鬼柳
ニコねえちゃんいったいいくつなんだろうなあ。
中学生ぐらい?ウエストが小学校4~な小学生年齢っぽいけど。
そもそも、鬼柳の年齢が不明ですが、でも、問題なほどな年齢差でもないか。
最終的にくっついたのかどうなのか。
・・・クロウさんだけヒロインがいねーなーww
ちびっこの一人ととか?
子供のときに見てるとアレですけど、大人になっちゃうとああ、ちょっと年齢差あるね程度だから怖いwwwちびっこたち7-10歳ぐらいにも見えるので、あっても10歳差ぐらいという。

救えるものがある
今回の、鬼柳の転機
むしろ贖罪を利用すれば、鬼柳ついてくるんじゃないかい遊星君。
あれだよね、マイナスというか加害者意識に凝り固まっているヤツは、逆に償え!みたいな感じでいってあげる方が食いつきいいよね(苦笑)
お前は悪くないとか、かえってだめっていうか。実際に、やってきたことは事実なので、どう悪くないんだっていうwwww
そりゃ、一番悪いのは、指示してた黒幕ですけど。

ガトリングオーガの恐怖
今週はぁ。これ。
が、見たことねえと思ったら、なんとアニメオリジナル!?
ですが、
すごいのは、魔法罠をそろえるロットンデッキ構築というか引きというか。
もともともモンスター少ないのなら、ガトリングオーガを引ける引きの強さとか。
そこは、認めない!って感じなんですかー遊星さーん。

とはいえ引かせる強さ
ロットンの”引き”に、遊星さんの”引かせ”が加わって、モンスターだけど切り札になったということになるのかこれは・・・怖いwwww

ロットン:岩崎征実
そういえば、ゼアルではまだでてきていませんよねー。
磯野さんにして鮫島校長で、今回レギュラーでこそないものの遊戯王コンプリートな岩崎さん。
せっかくなので、登場期待したい。




遊戯王ZEXAL 激突! デュエルカーニバル! 数量限定特典 「マドルチェカードケース+キャンペーン応募はがき」 付 & 初回限定特典 「キャンペーン応募はがき」 同梱

遊戯王ZEXAL 激突! デュエルカーニバル! 初回限定特典 「キャンペーン応募はがき」同梱


関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター