最近の感想日記
後半はイタイ子でよろしく。

さて、21日発売のVジャンプ4月号にてなんかいろいろ飛び交って大変なことになったのでまとめておこうと。

>>V (ブイ) ジャンプ 2014年 04月号 [雑誌]


超融合が3月21日に地上波初
まずはなんといっても、これでしょう。
初の3D映画、遊戯王 劇場版 超融合!時空を越えた絆が地上波初放送します。
>>
劇場版 遊☆戯☆王 ~超融合!時空を超えた絆~ [DVD]

3月21日でよかったかな?朝10時から。
まあ、3Dではないと思うんですが、観ていないという不届きものはちゃんとみなさい(笑)<なんでえらそうなの?

アーク5の開始企画っていうことなんですが、先輩たちのまとめという点では、決闘王の記憶便乗企画のように見えなくもないけど。
とはいえ、出番というのを考えると、当時のテレビ放送の関係上、ゴッズ…遊星君が過去に行くという切り出しだし。
ヨハンのカードを!!とか、万丈目にパソコンの使い方聞いたとか十代の存在感がぱねえので。OCGで無印、現行ゼアルであることを考えると、忘れるなよ間を企画にみえないこともない。

ゼアルのときにやったように、アーク5の初回まとめみたいなのもやるみたいです。


☆マスターガイド4
ゼアルが終わるので。当然のごとく…か。
>>マスターガイド4
ヴァリュアブル結局でないなあ。
さておいて。
同梱カードが、冀望皇バリアンが確定。
で、もう一枚がホープさんの最強のなんとかで、多分今日アニメでばれたビヨンドさんじゃねえかと思われます。

☆ルールブック
この前も日記に書きましたが、ペンデュラムだけでなく、ルールに大幅改訂があるということで、企画でたんでしょうね。
>>ルールブック

幻想導師
買った目的←
まずは、誤字とイラストで謝らなければな。
ずっと、術師だとおもって書いていたのでwww導師なんですね。
そして、イービルじゃなくてマハードさんでいいのかも。
髪の毛の所為でにやーってしてるように見えたんですが、実際、口元は髪の毛で隠れています。
とはいえ、なんか目がキツい気がするんですよねえ。
眠りから起こすなとそういう話なのか。
とはいえ、マハードさんならばこそ、導師という称号は納得でして。

>>遊戯王カード 幻想の黒魔導師/Vジャンプ特典(VJMP)


漫画感想はコミックスのときにきちんと書きます。
こちらもどちらも大詰めなんで不安です。

他にはなんかあったっけ?情報。いや、いっぱいあるには違いないんだけど。



以下、アニメ引きずり
【冀望】きぼう

あることをかなえたいと願い望むこと。また、その望み。
「希望」とも書く。

【冀う】こいねがう

強く希望する。切に望む。
古風な言い方。
「希う」「庶幾う」とも書く。

バリアンを同じ読み・意味で難読漢字にわざわざした件について。
希との関係性は、ぱっとみというかぱっと調べではわかりませんでした。
別段、異字とか旧字っていう前後関係でもないみたいですが。

とはいえ、古風な言い方っていうのにちょっとしっくりきてしまってだな。
反面、今は無き使い方(っていうほどでもないかもだけど、希望って打って変換はできないからね)っていうのがなんか辛くもあり。

また一方で、難読・難しいほうが、より強い願いというか、強力な印象があるんですな。

ある意味、混沌な願望とでもいうんでしょうか。
ナッシュの、悪にとらわれないカオスの力が。

希の字は、どっちかっていうと、コスモス、あるいはアストラルな光イメージがあるので。
そこへいくと、冀の字は、カオスでありバリアンであり闇性なイメージというにふさわしい…ような。

そういえば結局、カオスナンバーズに頼らないというか、バリアン性、闇性、カオスを取り込まない遊馬は果たして遊戯王の展開としてどうなんだろう。

アヅトラルがいる手前というのもあるけど、みんな救いたいていう今の希望とかを適えるためには、自身の力として取り込まないといけないのではないかと。
アストラル体であるアストラルに比べれば、遊馬は人間なのでカオス寄りといえばそうだけど、そこまで闇の認可ができてないような。
気がすることに今気がついた。
そもそも、ベクターが託したカードっていうのが悪かったのかもしれないけど、正当な?カオスの力についてどうこうしていないような。
それをどうにかしないと現状打破できないんじゃないか。とか。

あるいは、その役割を果たすのがナッシュであり、遊馬の闇性は彼ということなのだろうか。
これまでの主人公って、かなり闇性にどっぷりというか、むしろ、それが遊戯王のスタンスなんだけど、遊馬は、認めてこそいるものの、話だけ、気持ちだけっていう感じがしなくもない。
遊馬がバリアンとか、カズマさんがバリアンとか、自身の因果になにかあるっていうのがそもそもない。ナッシュが一手に引き受けているというか。

倒すしかないっていうのが嫌だっていうのは、態度としても認めようとしているっていう証左なので、いいんだけど、その方法をまだ見つけられない。
ていうので、かなり不安というか不安定になってる気がする。遊戯王のテーマが。
ナッシュ自身も認めているからといって、求められるまま彼を倒してしまったら、倒すだけで終わりになってしまうのなら、だたの勧善懲悪でしかない。そんなのは遊戯王じゃない。

なんとかしてほしい(テーマ以前にナッシュの喪失を防いでほしいという希望が大前提なのは前日記で書いたが)が、その何とかを、今見出せないというのが余計に不安に拍車をかけているというか。
ヌメロン・コードで白紙に戻すのはもちろん否定したし、
トロンもカズマさんも、持ちこたえるは限界だろうし(永久にとどめておくとかしたら、それこそ主人公の存在意義がなくなるしね)。

願いの扉に願うというのはありなのだろうか。
そもそも。遊馬ってなんか願ってないよね。まだ。
シャークさんに勝ちたいって願ったんだっけ?第一話。
シャークさんに勝ちたい?・・・今、かなえるのか?
まあおいておいて。
代償として、アストラルは人間世界にはもうこれない。みたいな。
酷い話だが。とはいえ、元通りになるということは、そうであって。
・・・凌牙がいなくなるよりは、アストラルがいなくなるほうがいいなんて自分勝手を思っていないわけではないが。しかし。


最終回前症候群と好きな子の消失の2段重ねでかなり滅裂なこのごろな感想だけども。
関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター