最近の感想日記
 遊☆戯☆王ZEXALⅡナンバーズ146(第146話)
絆よ永遠(とわ)に… かっとビングだぜ、オレたち!!」の感想です。
これまでのかっとびんぐ!

ナンバーズ145「『わが名はアストラル』最強の決闘者(デュエリスト)!!」
2014年3月16日放送

全てのNo.(ナンバーズ)を手にしたアストラルは、5体の「ホープ」を召喚し、容赦なくその力を遊馬に見せつける!その猛威に圧倒される遊馬だが、怯むことなく、むしろ全身全霊でアストラルとのデュエルを楽しんでいた。そんな2人のデュエルには、遊馬アストラルの間で交わされたある重大な条件が隠されていて…!?

3月23日の放送は最終回です。お見逃しなく!




今日の遊馬のかっとビング!
ナンバーズ146「絆よ永遠(とわ)に… かっとビングだぜ、オレたち!!」
2014年3月23日放送

最凶の敵によって危機的状況へと追い詰められても、遊馬はいつもアストラルと力を合わせて勝利をつかんできた。
数々の闘いの中で、仲間との出会いや別れなど様々な経験を重ね、デュエリストとして大きな成長を遂げた遊馬は、全力で相棒・アストラルと激突する!

一方、アストラルは、遊馬への想いをある策略へと込めるのだった。
固い絆で結ばれた2人が交わしたラスト・デュエルの結末とは…!?


私のかっとんだ感想はここからw

最後に決闘するときは
おもいっきり笑ってやるぜ☆
というのが、約束?

アストラルの願い
というか、これまで散々泣かせてしまったお詫びとでもいうのかな。
なにより、遊馬ちゃんの笑顔のファンでもあったのが、他でもないアストラルだったという。

偶数作品の継承
(先週書いた)デュエルチャンピオンの方の予想に近い感じだったわけですね。
遊馬ちゃんの笑顔。
本来、デュエルは楽しんで行うものなのに、ずっと泣いてばかりだった。
十代のアニキは大人になることで、子供としての価値観をなくしてしまったという流れでしたが、
遊馬ちゃんは子供ゆえに、楽しめなくなってしまったとそういう。

もうひとりのアストラル
かつて、ドン・サウザンドとの戦いの中で、分かれて別れてしまったもうひとりのアストラルって
ええええええええええええええええ
いや、なんか、どこかでそういう話を聞いた気がしなくもないんだけど。しかし。
・・・先々週だっけ?カズマさんと話していたのはそういう話だったりするのかな。
遊戯を継承したものの、立ち位置は逆でしたか!?

何もなくても、今遊馬ちゃんが単独でシャイニング・ドローって別段驚かないんだけどなww

マスターピース
というカードってwwww
粋な計らいすぎるだろ。
他世界の例に漏れず、今回の主題歌はもちろんマスターピース

フューチャー・ナンバーズ
ランク0のナンバーズ。未来皇ホープ。ちゃんとテキスト見てないけど、皇は皇だろと思う。
未来なので、無というよりは、未知数と見るべきでしょうか。
1のルーツさんを上回る感じですね。

・・・ナンバーズの派生についてはもはやつっこまん。

コントロールを得る
ホープ恒例の、バトル無効に加えて。
相手モンスターを奪えるというのは、いいっすね。
無効にした上でなので攻撃力とか関係ないし。

笑うという約束。とはいえ
個人的に。
今までの悲しいとか辛いとかそういうのの泣きと、
今回の泣きは違うので。や違わないのか。
笑って見送って欲しいってのはあるか。

アルティメット・フォース
10にランクアップって、すげえな。もう。
ランクアップマジックについてももはや何も言うまいよ。

ナンバーズ99 ホープ・ドラグーン
・・・・ゴッズでしたか。と言いたくなるんだがこれwwwww
ヌメロンさんもそうだし、結局ドラゴンに落ち着くって・・・いいのかなあ。

効果を無効にして墓地から一体特殊召喚
場を離れる効果を無効・自分以外全破壊
条件こそあるものの、えげつねえな。
まあ、最強だから仕方がないのか。

かっとビングチャレンジ
ブレイビング・メモリー

後者は粋な計らいその2でいいでしょうか。ブレイビングのうたはすきなのです。

永続罠・運命の扉
永続でしたか。
しかし、持ち主の願いを叶える・・・サーチ系ではないんですね。

最後までダブルアップチャンス
笑っていいのかちょっと迷う。

勇気を持って一歩をふみ出すこと
は、かっとビングだそうですが、聞いてますかゆーや君。
(確か、アーク5の命題ってこれじゃなかたっけ?)
ほかにもいろいろ、かっとビングについての定義がありましたが、これだけ引っかかったので。

ヌメロン・コードの使い道は
そもそも。勝利者が手に入れるものではなくて、
アストラルにしか使えないものだった。
ということでいいんでしょうかねこれ。
遊馬ちゃんがコードをどうこうするというシーンすらなく、きっとアストラルが使ったんだ。
という遊馬ちゃんの憶測にすぎないその後になってますけど。

バリアンとカイト、遊馬両親の復帰
・・・・・
風紀委員璃緒ちゃんとか
ミザエルとドルべが3年生とか、
そもそも凌牙君お帰りなさいとか。
それは別にうれしいことではあるんだが。
あるんだがとはいうものの。

いなくなった主人公
もうひとりの存在設定といい、主人公というのならアストラルの話だったと見るべきなんでしょうか。



いなくなってない主人公
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
いつまでしょぼくれてんだ!?の凌牙君の声に、感動したのが束の間でした。

カイト「アストラル世界に新たなる危機が迫っている。」
・・・・・・・はぁ!!!!!!?????
ていう。

からの、
みんなで助けに行くぜ!
・・・・・はぁ!!!!!??????

そして
エリファス「行くのか?」
彼が無事で何よりですっていうのがどうでもよくなるそのまんまアストラルは元気です。

ついでに
ベクター「お前らとつるむのもいいかな」
カレも無事でなによりですっていうのがどうでも以下略


結論:続きはこれでいいんじゃないのか?
ゼアルⅢではいかんかったのか。
・・・・ゼアルスタッフは、アーク5スタッフになにか恨みでもあるんじゃなかろうか。
いや、ほとんど同じのはずだが。
みんな戻ってくるのはいい。
アストラルも無事なのはいい。
しかし、さりとて。
次がどうなってるのかわかりやすく説明してさようならって・・・・・・・・
諦めきれない視聴者多数というかほぼ全員だと疑う余地がないと思うんですけど。

アーク5が全然楽しみじゃなくなってきたんだけど。
この続きの方がめちゃくちゃ期待したいんだけど。



余談
ドルべが凌牙くんより1こ上なのはまあよしとしても、
まさかの、ミザエルがカイト君より3つしただとは思いもせんかったわ!!!
別に、みんなを学生に、中学生に落とし込まなくてもよかったように思うんだけどもさ。
まあでも、ミザエルが高校生だったとして、年下のドルべやナッシュに従うっていうのもなんかな。っていうのはなくもないけど。
いやでも、認めた人にはおkな印象はあるしさ。
年上のカイト君につっかかっていたとか、最後に、上から目線でカイト君のこと認めると、うーん、らしいといえばらしいんですけど。やっぱさー。
カイト君がやっぱ18歳ってそれこそ修正したほうがよかった歴史じゃねーのかと。

そんな感じで。
嬉しいやら悲しいやら、あるっちゃあるんですけど、この物語としての収束してない終息
嬉しいやら悲しいやらをないがしろにしたくはないんですけど、
旅はまだ続くみたいなのはいいんですけど、みんな揃いまくって全然終わり感がなくて。
いっそのこと、映画化何かで続くとかあっても不思議ではないというか。
やっぱ新シリーズに変わるっていう実感をなくしてる。

遊戯王が完全に終わるならまだしも、ゆーやくんになんか酷い仕打ちっていう気がするのは私だけ?
そいや、パックも、歴代ののパックとかでるしさwwww
みんな無事なのに、平和的エンドなのに。
・・・・なんだこの矛盾はwwwww



画像が見えない方>>遊戯王関連の一覧載ってます


良かれと思ってクリックお願いします!(笑)

関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター