最近の感想日記
遊☆戯☆王ZEXAL 7 (ジャンプコミックス)の感想日記です。
遊・戯・王ZEXAL 7 (ジャンプコミックス)



コロンちゃんと愉快な仲間たち
掲載は後の方だけど。
表紙においてコロンちゃんが一番でかくなった件。
前巻はフェイカーとハートランドのおっさんずだったことと、
ゆえにまた男ばっかりってのはどうなのかということ、
でも小鳥&キャッシー以外のナンバーズクラブを出したいということ、
で、コロンちゃんの出番になったらしい(笑)
んー、せっかくなので、鉄男くんあたりは決闘的な活躍の場でも・・・ってそれは前の巻収録カー。そんときにでも表紙にしてあげればよかったのになーとかね。

FA銀河眼
昨日勝手に爆発していた(おれが)、
ギャラクシーアイズFA(フルアーマード)・フォトン・ドラゴン。やはり漫画でしたな。
装備カードをエクシーズ素材にしてのオーバーレイゆえFAってことで、凌牙くんは全然関係なかったっていうwww
いやただの防具つけた銀河兄さんだからこれまでどおり大好きですけど。

爆発の原因
>>遊・戯・王ARC-V オフィシャルカードゲーム 公式カードカタログ ザ・ヴァリュアブル・ブック 17 (愛蔵版コミックス)

上が見切れる
・・・なんとかが見切れるっていうのが、なんとかの部分が写っていないということでいいんだよね。
時系列はちょっともどるけれども、銀河兄さんの召喚後、きたな銀河眼とかって遊馬ちゃんのセリフがあるんですが、そこで、
カイト君をちゃんと描くために、浮いている上にデカイ銀河ニーさんが足しか写っていないというwwwww
マンガ版におけるカイト君の身長がわからんけど、下手すると銀河にーさんの膝下ぐらいしかないのよねー。
もしアニメのように低身長(これもはっきり測ってはないけど)だったとしても、推定6メートルはあるのかいな銀河眼。・・・大怪獣はおいしいの知ってるけどな。

三好のカイト
三好先生の、というか、マンガ版のカイト君は、アニメより絵も大人びて見える。
ムキになると童顔っぽく見えることもあるけども。
だから、漫画の方は以外と身長もありそうな気がしないでもないんだけどどうかね。

水属性の貴公子


貴公子っていうのは悪ぶるバカヤローに付ける名称ってことでいいんでしょうかと思わなくもない。実際に悪いことしてるけど、主人公になんか絆されるバカヤローのことでいいんでしょうか。
( ̄▽ ̄;)
そうなんだよなー。悪ぶる前は準優勝が多いとは言え結構な人気があったわけで。
救うことができない子っていうイメージになっちゃってるけど、漫画ではどうなのかなー。凌牙くん。

FA銀河にーさんは素材付与
FAの共通効果だったりしたっけ?装備カードをオーバーレイユニットにできるっての。
銀河ニーさんはありやすそうで。
OCGになることがもう決定していますが、どうなるのかなー。
オーバーレイユニット1個で相手モンスター1対破壊効果、
あと、全部のオーバーレイユニット消費で、相手の効果に対して銀河ニーさん効果(想像除外時てEFに戻ってくる)発動っていう。だそうです。

鉄男くんはシャークの相棒に弱い
アニメで璃緒ちゃんにぞっこんの鉄男君でしたが、
漫画では瑠那さんの涙に惚れたぜ!!って感じで頑張る鉄男君。
そもそも年上が好みということなのか。
んで、なんでまた凌牙くんの近くにいる女子に手を出したいと思うのか(笑)
まー、小鳥ちゃんもキャットちゃんも、周囲の女子がこぞって遊馬ちゃんラブだからなあ。
そーいえば瑠那さんはいったい何歳なのかなー。フェイカーの元にいた時点、天才小学生じゃないよなあ。カイト君ぐらい?(高校生)つか、未成年でフェイカーの元に至っていう時点で彼女かなりのジーニアスっていうのは肯定するしかないんだけど。

僕をかばったって?ムカつくんだよ
一方凌牙くんと八雲
子供たちの英雄になって欲しかったから、勝ち続けて欲しかったから、
悪いことだと知っていて庇った
っていう。
そーなのよねー。凌牙くんがいい子なのでムカつくまではいかないけど、それはイカンだろうという点では、おいらは八雲の味方なのよね。
正直に言う方が八雲のためになるとか、正義感をかざすつもりはないけどさ。
地獄かどうかは知らないけど、無理に英雄やってる方が大変だっつーのは同意する。

冥界の霊騎士ランスロット
今回の付録でもあり、八雲のエースの一体。ナンバーズ23
にー、さん、とは、八雲だからなのかどうなのか。
アンデットエクシーズなので、機会があれば使いたいもんだ
(いや今デッキ放置しまくってるからww)
個人的には、八雲のアンデットって結構好きなのよねー。

実力が足元にも及ばないくせに仲間とか言うな!
遊馬ちゃんの説得にしたいしてカイト君の態度。
そーいえば、ゼアルは主人公が最初から弱いタイプで、敵に買ってこそ居るけどライバルには勝てないっていう珍しいタイプでしたなー。
そういう点では、ライバルに従うメリットがないというかなんというか、うまい逃げ道というかなんというかww

八雲の過去
今回、ちょこっとだけでましたけど、
でも、なーんで弟をやっちまったのかについては触れないままなんですよねー。
何があったんだか。
八雲もまた、何かにとりつかれているとかそういう設定なのかなー。
そいつが弟君をやっちまったとか。

決闘中は基本2対1だけどなー。
瑠那さんの制作秘話について。
遊馬とアストラルが基本2人で1セットなので、
カイト君と凌牙くんにもセットとなるもうひとりをってことで彼女になったようです。
(カイト君のもうひとりはハルトくん)
ただ、どうなんでしょうかね。っていうわけで上の言葉になるんですけど。
ハルトくんと瑠那さんは、タッグ決闘でもしないかぎり、決闘には協力できねっていうかwwwww
ここぞというときの試練は基本決闘ですから、そういうときにもいてくれるキャラのほうがいいような気がしたりしなかったりww
まあハルトくんはカイト君にとっては心の支えで、二人で戦ってるようなもんでもいいし、
凌牙くんはそもそも八雲を救いたいっていう気持ちも入ってるので、瑠那さんは攻略上の相棒って感じになるのでしょうが。

小泉八雲と狂
八雲興司のネーミングについて。
原作担当の吉田先生曰く。
もともとホラーなテイストだったそうで。彼の有名なホラー文豪というのはいかにもでした。
興の字は、狂の音読み共通ということで。
同様にゴッズの鬼柳も、狂の読み違えで入っているそうです。
んー、ダグナー京介あるいは満足終盤の彼を敢えて狂介とか言いますが、間違いではなかったという事実wwww

ナンバーズ95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン
カイト君の心の闇。の具現化。
銀河眼と闇の究極ってイメージですかねー。
これカード化するのかなあ。
素材となったモンスターの攻撃力が攻撃力。
ユニット消費で2回目攻撃可能。
だそうです。

やられたらやり返してVJ8月号に続く?
今巻のラストシーン。
孤高なる鮫の流儀なのかなこれ。どうみてもチンピry
8月号でやりかえすっての言ってたけど、この続き?
・・・たまに買うと、続きの話が載っているVJである(笑)





画像が見えない方>>
遊戯王関連の一覧載ってます

良かれと思ってクリックお願いします!(笑)

関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター