最近の感想日記
遊☆戯☆王ARC-V第二八話「アユのエンタメ水族館(アクアリウム)」の感想です。

これまでのエンタメ
第27話「開幕!!舞網チャンピオンシップ」
2014年10月12日放送

ついに舞網チャンピオンシップが開幕する。出場デュエリストたちが着々と準備を進める中で遊矢は、父・遊勝の言葉を思い出していた。いよいよ開会式が始まり、LDSの北斗、真澄、刃をはじめ、各塾の代表ともいえる強敵が続々と会場に姿を見せるが、その中にはなんと遊矢の周囲で騒動を巻き起こしている謎の男の姿もあったのだった…。





今日のエンターテインメント
第28話「アユのエンタメ水族館(アクアリウム)」
2014年10月19日放送

遊勝塾の一番手・フトシが順調に勝利し、次はアユの試合の応援に向かう遊矢たち。

アユの相手は「LDSの秘蔵っ子」といわれる零羅。
皆の応援を受けはりきるアユとは対照的に、零羅は何かにおびえているようだった。

LDS理事長・赤馬日美香が見守る中、零羅はアユのモンスターをコピーするというなんとも不気味な戦略を繰り出す。



私の感想
何これ
アユちゃんパパのバカ親っぷりというか、それにみんな便乗してのアユちゃん応援
に対する素良のツッコミ。
うん、気持ちは良くわかる(笑)

零羅は”君”でした。
一応、妹予想も立てては置いたものの(弟妹位置は確定予想の域で)、レポーターのお姉さんがバッサリしてくれました。

なんて言ったのかねえ日美香ママ
4文字っつーのはわかったんだけど。
・・・頑張れじゃないよねー。
その言葉で余計に零羅君ビクビクしてるという印象を受けたので。
や、日美香ママの怖さを知っていれば、頑張れでも十分凶器なのかもしれないけど?

やる気のない前口上
闘いの殿堂に集いし決闘者たちが~~っていうあれ。
ノリノリのアユちゃんに対して、ぼそぼそという零羅君。
・・・普通はそうだってwwwwwwwwwwwww

アクア・アクトレス
アユちゃんのデッキシリーズ。
どんどんシリーズが増えていく・・・。
種族や属性ならともかく、カードシリーズを増やしまくって、もう収集ついてない気がするんだぜ遊戯王www

永続魔法コンボ
そもそもシリーズ(AAとかなのかね実は表記)
なのでコンボとかいうのもおかしいかもしれないが。
サポートは永続魔法なんですねって。

てへぺろアユ
先攻1ターン目は攻撃できない
のに攻撃宣言したアユちゃん。
可愛いのは認めるが、やっぱお父さんうぜえwwww

ちゃっかり宣伝
アユちゃんの決闘に取材陣が来ている件で。
遊勝塾をよろしく~!っていう塾長。
直後、娘からハリセンを食らったのは言うまでもない?

ペルソナ
ペルソナ 【(ラテン)persona】
《「ペルソーナ」とも。仮面・役柄の意》
1 人。人格。
2 キリスト教で、三位一体論に用いられる概念。本質において唯一の神が父と子と聖霊という三つの存在様式をもつことを意味する。位格。位。格身。→三位一体
3 劇・小説などの登場人物。また、文学作品の語り手。
4 心理学で、外界へ適応するために必要な、社会的・表面的人格。
5 美術で、人体・人体像。
6 商品開発の際に設定する架空の人格。名前・年齢・性別・趣味・住所などから始め、細部に至る人物像を作りだし、その人格に感情移入することで、ユーザビリティーに優れた製品・商品の開発に結びつける。
出典:小学館

ペルソナ【persona】
元来,舞台上で俳優のつける仮面を意味するラテン語。そこから劇中の役柄,登場人物という,今日でも西欧近代語の中に演劇用語として取り入れられている意味が生じ,さらに法人格を含めた役割・行為の主体としての人・人格という西欧近代語のperson(英語),Person(ドイツ語),personne(フランス語)等に通じる意味が派生した。ペルソナの語は,また一方で,キリスト教神学に取り入れられて,主として神の〈位格〉という意味を帯び,この用法では,今日でも原語のままで使われることが多い。
出典:株式会社日立ソリューションズ・ビジネス

改めて見てみました。
や、某ゲームのタイトルという意味合いになっちゃってるものでww
確かに仮面でしたねあれ。
相手のモンスターを演じるという。
表面的、つまり深層心理が明らかになっていない、零羅君の現在でもあるような。

2は相手のみ恩恵不可
相手のみ、相手の場のカード効果を受けられないって、えぐいなあwww
相手は、自分のためではなく敵のためにカードを出しているようなもんで。

おばあちゃんアロワナ
www
アユちゃんも負けじと。
水物語ウラシマって素敵だわね。
効果は結末ってことなのかな。攻撃力が100になり、そのほかの攻撃力変化の効果は受け付けないっていう。
ほかにもあるのかなあ。人魚姫とかどーよ?
で、ビジュアルも老けたアロワナに対してアユちゃんの発言www

零児君も見に来た
ぎょぎょっ!とか言って←
やっぱ心配なんですかね。心配なんでしたね。(後述
仏頂面デレっていやだわもー(*°∀°)=3

お兄ちゃんが来てくれるとやる気出す零羅
風にしか見えないのは、私がお兄ちゃん萌えだからじゃないと信じる。
ママ見てた時の怯えのようなのがないもんよ。

CC、CCC
零羅君のメインモンスター。
お兄ちゃんがDD、及びDDDなので弟はCっつーのはいいんだが。
何の略?というか、前例あったっけ?CC
お兄ちゃんのDDは、ディファレント・ディメンジョン(所謂除外族)であったんだけど。
Cっつーと、コクーンしかパッと出てこないんだわwwwほかにもあった気はするんだけど。

これからもこの調子で
勝利を収めた零羅君のところまで来ていた零児くん。
殴るのかどうするのかと見せかけておいて、撫でなでっていうこのお約束(*°∀°)=3
もう知ってるよそのオチはっていう感じで見ていた(*°∀°)=3
そして弟には笑ってあげろよと思ったり、萌えたり←
日美香ママは決着付いたらもういいやって感じなのかなー。

というか、零児くんが零羅君に近づいて来たのになぜ誰も気づかないんだ!!(爆笑)

タツヤくんと零羅君
遊勝塾の面々の中で、一番零羅君に注目していたのがタツヤくんだったように思います(青髪の子)。
おもえば、タツヤくんも厳しめのママがいましたよね。
日美香ままほど、ああしろこうしろって感じではないらしいですが、何かにおびえている零羅君を見て、その原因には通じるところがあったんではないでしょうか。と考えてみたり。
(ペンデュラムをみんなが使えるわけではないと解った後の遊勝塾へ、通うことを許可していることから見ても)
彼らの間に、何らかの友情があるといいなーと思ってみたり。

怖い弟子1号
敵地視察?の素良に弟子1号、改め、柚子ちゃんからお電話。
次は自分の決闘なので見に来いと、師匠に怖い弟子である(笑)
しょーがない、いってやっか。
というところで、運命のすれ違いってかんじで隼くん登場。
次回、素良はきちんと柚子ちゃんの決闘を見に来るのか・・・!?と心配したところでED


心配は杞憂な次回
隼くんが普通に決闘を観戦しにきてやがるwww
なんだろ、真澄ちゃんを心配しているとは思えないが、”瑠璃2号”が気になるのか( ̄∀ ̄)
実は遊矢と争うのは(柚子ちゃんの隣をかけて←)、隼くんなのか。
(ユートはそれこそ瑠璃ちゃん派だろうと思うので、恋愛面では遊矢のライバルにはならねえよね)
シスコンなのはいいとしても(いいのか?)、他の女の影はあんまり嬉しくないなあ、ファン以上希望(今のところ)としては。そんなどーでもいい話をしつつ、次回音姫融合。





画像が見えない方>>
遊戯王関連の一覧載ってます

良かれと思ってクリックお願いします!(笑)
関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター