最近の感想日記
遊☆戯☆王5D’s第142話「生死を懸けた闘い!機皇神龍アステリスク」
の感想です。

これまでのライディング
第141話「絶望のデュエル!機動要塞フォルテシモ!」
2010年12月28日放送

アーククレイドルの中を進むジャックと龍亞と龍可は遊星ギアにたどりつく。そこには、WRGPの決勝で敗れたはずアポリアが待ち構えていた!遊星ギアを止めるには、デュエルで彼を倒すしかない。しかし、アポリアの発動したフィールド魔法で、強制的に取り付けられた装置によって4人はデュエルそのものと一体化されてしまう。4人の命も数値化され、ライフがゼロになることは死を意味する。命をかけたデュエルが始まった!



今日の遊星の轍
第142話「生死を懸けた闘い!機皇神龍アステリスク」
2011年1月5日放送

ジャック・龍亞・龍可VSアポリア!
仲間を守ろうと張り切る龍亞だったが、その攻勢が裏目に出て、ジャックと龍可はライフポイントが残り100になってしまう。
倒れた仲間を前に呆然と立ちつくす龍亞。そんな中でアポリアは非情にも機皇神龍アステリスクを召喚し、一気に攻撃をしかけてくる。

窮地に追い込まれる三人。
龍可を命をかけて守ろうと決心した龍亞は、敢然とアポリアに立ち向かう。
そんな龍亞にアポリアは全員の命が助かる方法としてサレンダーを勧めるが・・・・・・。



私の妄・・・アクセラレった感想
今朝は昨夜から来ていた友人と飲み明かし出かけたのでこんな時間に書いてまーす。

なぜ人には心があるのか?
前回の終わりの繰り返しですが。アポさんの言葉より。
善し悪しの問題じゃなくて、純粋に、なんで、あるんでしょうかね。
ほかの動物、いや生物、生きてない物であっても、心がないと言われている存在の方が圧倒的に多い世界じゃないですか。
爪や牙の喪失対価なのは知恵であるはずなので、やはり心が生まれる過程って謎ですよね。

今週はぁ、これ!
機皇神龍(きこうしんりゅう)アステリスク/Meklord Astro Dragon Asterisk


画像見えない方>>機皇神龍アステリスク

効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻 0/守 0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に「機皇」と名のついたモンスターが
表側表示で3体以上存在する場合に特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚に成功した時、
このカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在する
「機皇」と名のついたモンスターを任意の数だけ選択して墓地へ送る事ができる。
このカードの攻撃力は、この効果で墓地へ送った
モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在し、
自分または相手がシンクロモンスターの特殊召喚に成功した時、
そのプレイヤーに1000ポイントダメージを与える。

 EXTREME VICTORYで登場した闇属性・機械族の特殊召喚モンスター。
 機皇モンスターが3体以上いる場合に特殊召喚できる召喚ルール効果、他の機皇を墓地へ送ってその元々の攻撃力を得る誘発効果、シンクロモンスターを特殊召喚したプレイヤーにバーンを行う誘発効果を持つ。

アス”タ”リスクではなく、アステリスク。

機皇帝じゃなくてもいいんだ
機皇帝を召喚しなかったっけ?とか、全然違ってたという。
機皇と名のつくモンスターなら何でもいいんですね。ていう。
ただし攻撃表示しか対象にすることはできず、守備表示にしてしまうことで対策ができると。
(アニメ版の効果ね)
ふーん。
個人的には、攻撃名が裁断の神、ネメシスっていう方に萌えてみたり。
無限の天罰の嵐?ってすごくねwwwww

龍亞ってヘタれに見えるんだよね
お兄ちゃんに理想をつけすぎなのが遊戯王なので(笑)
そこへ行くと、普通な、しかもまだ子供だって言ってるのにも関わらず、
龍亞ががヘタれに見えてしまう。
お前がその立場だったらやべーだろって突っ込みあること請け合いだっつーのにな。
(というか、おいらがその立場だったら、絶望するまえにライフ0になってるか、アポさんに感情移入して寝返ってること請け合いというのは、まあ内緒でもないけど。)
だから、お兄ちゃんキャラの中では、あんまり、強い好きって感じではなかったなー。
なのでだからこそ?今回の話は感動したとも言える。

俺の命が俺の武器!
文字通り命張ってます。っていう。
生きていれば何かができるって感じかな。
11歳の子にすごいこと言わせてるよね本当。

一緒に逝ってくれと頼む覚悟
サレンダーすればみんなが助かると言ってるのにそれをしない決意。
普通に考えれば、いや、普通に考えたら一応悪の人に言うこと鵜呑みにしちゃダメか。
とはいえ、サレンダーしないってことは、負けを信じないっていうことじゃないんですよ。
仲間に一緒に消えてくれって頼むことなんですよ。
勝利はあくまで結果論なわけで。

仲間を想っているのならサレンダーすべきという論と、
一緒に消えてもいいと思えるほどの関係を築ける絆論と、
2極で揺れてます。


心臓のシグナー
最後の最後で。という。
妖精姉さんがこっそり知っていたという真実(笑)
とはいえ、龍亞は別に不幸な生い立ちとかじゃないんですよね。
だから、火事場の馬鹿力じゃないけど、やっぱり試練的なものはなくて。
だからヘタれになったというわけではないけど、
ケツァルコアトルスにとっては、認めるまでに不満があったというのかwwwwwwww
ってことですよね。
やっぱ気まぐれだわあの神様。
だが、このタイミングで認めるということに不覚にも涙した゚(゚´Д`゚)゚

Dライトンの功績
龍亞の引きなのかシグナーの力なのか
ケツァルコアトルスがなんと言おうと、龍亞自身の力だったと信じてあげたいなあ。
(おもえばさー、ゴッズって、何かにつけてシグナーの力の所為になっちゃってるから、もちろん、認められるって時点で当人たちがすごいってことではあるんだけど、本人たちの力なのか?っていう突っ込みはあるんだよね。)
緑に止まったらって、あれ、OCGだとコイントスとかなんでしょうかね。アニメだと緑か黄色かだったので。二択だとコインかなって。

画像が見えない方>>
遊戯王関連の一覧載ってます

良かれと思ってクリックお願いします!(笑)

関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター