最近の感想日記
遊☆戯☆王ARC-V第三二話「唸る旋風 妖仙ロスト・トルネード!の感想です。

これまでのエンタメ

第31話「唸る旋風(せんぷう) 妖仙ロスト・トルネード!」
2014年11月9日放送

舞網チャンピオンシップ、いよいよ遊矢の初戦!相手はネオ改め、「ネオ・ニュー沢渡シンゴ」!進化した遊矢のペンデュラムデッキに対抗し、沢渡もまた新たに「妖仙獣」デッキを手に、憎きライバル・遊矢に戦いを挑むのだった!遊矢のペンデュラム召喚を目の当たりにし、大いに沸く観客たち。ここから沢渡の「伝説のリベンジデュエル」が幕をあける!






今日のエンターテインメント
第32話「熱戦!エンタメデュエルショー!!」
2014年11月16日放送

「ペンデュラム召喚がお前を敗北に導く!」
沢渡の言葉通り、ペンデュラム召喚を封じられ、追いつめられる遊矢。

遊矢のエンタメデッキと沢渡の妖仙獣デッキが繰り広げるデュエルは、まさしくエンタメデュエル!
このペンデュラム対決に、観客は最高の盛り上がりを見せていた。
その声を背に、2人のデュエリストも最大限の力でぶつかり合う!


私の感想
CM
先日、って昨日か。5D’sの再放送の時から放送開始してましたね。
遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム ストラクチャーデッキ シンクロン・エクストリーム
昨日も大騒ぎしましたけど、やっぱり、翌日になってもちょっと低めの遊星君の声が素敵なのであります。
そして、BGM
十代の兄貴の時もそうでしたが、決め展開に行く時のBGMで、再放送まだやってるっていうのに感動するというファンホイホイ\(^o^)/


名無し
さて本編です。
シリーズデッキの天敵かもしれない?のかな。名無しww
カード名を名無しに変更するって。
シリーズの特徴って、何を言ってもまずその名前ですからね(苦笑
名前が違ったらもうシリーズじゃないわけで、自分の効果も発動できないし仲間の恩恵も受けられないしで。
なんだろう、零児くんのDDD対策なんでしょうか。
(DDDは別にDDモンスターをどうのこうのという効果が・・・あったかなあという感じではあるけどw)
あるいはごんちゃんの超重武者?
まあいずれにしても、シリーズで組んでる子ってかなり多いのがアニメの常なので、入れておいて損はないよねw

脱出ショー
アクション・カードの位置をあらかじめ把握しておいて・・・?って
いや、あらかじめ持っておけよ。
と、真面目に突っ込みましたwすいませんww

遠吠え沢渡
強くて格好いいのにこういうのもきちんとやるから沢渡くんは好きですよ(*´∀`*)

消えてんじゃねー((o(>皿<沢)o)) !!
消えろ!って言ったじゃんか。と突っ込んだのは遊矢だったかギャラリーだったかww
ゴリラさんが効果スルーで、文字通り消えたのに文句をつける沢渡さんww
(文字通りだけどお望み通りじゃない。という)

沢渡のくせに×3
真澄ちゃん、刃くん、北斗くんからの・・・ツッコミ?
ダイバカセ(漢字めんどうですいませんw)をアドバンス召喚した理由が、場に残しておくためだったと知っての一言www
格好良くやったのに、身内にがっかりされてるとかwwさすがです沢渡さんww

脱出ショーだけじゃない
実は、全編通してマジックショーだったというオチなんですか遊矢くんww
ところで、その魔法カード、お父さんの衣装じゃないですかねww

ちっちゃいオッドアイズ
当社比。いや大刃過是比(あ、そんなめんどうでもなかったわ←)。
(*´∀`*)

お楽しみは、ここまでだー!
楽しもうぜって感じだったのに、獣眼登場で、沢渡さんさようなら~。
つか、アクションカード、沢渡くんが先にとっていたので、もしもう片方、あるいは両方とっていれば、勝てたかもしれないのにね(獣目の効果って、自分が破壊されてた場合は発動しない?)。

ほう、ここまで進化させていたか
零児くんが上からお兄さんポジションにノリノリになっている件。
遊矢に期待しまくりで楽しそうで俺も楽しいww

レンタルでした
沢渡のカードは回収しておけってwww
社長、きっちりしてるなww
んで、これが量産されたのがトライブ・フォースってわけですねわかります。

触れないのがもどかしい次回サブタイトル
つぶやきでさんざん暴走していましたが。
いざ、放送されると、当然かも知れないんですけど、話の中ではスルーなのはまたもどかしく。
次回のあらすじによると、それだけではないらしんんですよ・・・。


画像が見えない方>>
遊戯王関連の一覧載ってます

良かれと思ってクリックお願いします!(笑)
関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター