最近の感想日記
 ・・・・・・道徳的に?満足って書いちゃいけないんだろうなと思いつつも。 



画像見えない方は>>時槻風乃と黒い童話の夜 第3集 (メディアワークス文庫)




今回のテーマは茨姫。 
これまた、断章でも取り扱ったテーマですね。 
騎士団がいないとまあこうなるというか。 

というか、風乃姉さんとしては救いたいっていう思いはあるのにも関わらず、全てを終わらせる=破滅という手だてしか上げられない。 
もしくは、受け手はそうとしか読むことができない 
ってのが、あるいはこれが非道徳的になり切れない理由なのかもしれません。 
むしろどこか、いやかなり同情的にならざるを得ないというか。 
憐憫というのでしょうかね。 

もっとも、風乃さんからすればまたそれが申し訳なく、それゆえに、突き放すことになってしまうのでしょうけれど。 

断章では、姫と王子の組み合わせ、あるいは組み合わせのすれ違いって感じでしたが、今回は、魔女とその他の国民たちにスポットを当てたって感じでよいのでしょうか。 
国民というよりは、王家に直接仕えていた家来関係か。 
関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター