最近の感想日記
ノロワレ 怪奇作家真木夢人と幽霊マンション (中) (メディアワークス文庫)
のレビューです。

>>画像見えない方>>ノロワレ 怪奇作家真木夢人と幽霊マンション (中) (メディアワークス文庫)


密林に載せてるんですがこっちでもということで。

上下で終わらないのかよ!ということでマイナス1しておく。
内容的には、こういうのって全部終わってから付けないと何とも言えないので、今のところは5つ星でもいいかなと思っている。

とはいえ
「呪いから逃げ続ける生活、それ自体が既に呪い」
という夢人氏の発言は、その後の「「悪意に満ち満ちた発言も含めて」」素晴らしいと思っている。

まあこれは、夢人氏の過去の「あれ」があるので、逃げたら負けっていうのを誰よりも理解しているからこそなんですよねきっと。
そしてそれを知っている読者じゃないと、後の発言を含めて同意っていうのはなかなか難しいかなとは思う(悪意的な発言は読者でも好みが分かれるかもしれないがw)。
西任さんは悪くない。

展開的には、より状況を悪化というか詳しく広げるというイメージなんですかね。
多分上下になってたら、事件数はもっと少なかっただろうしっていう。
そういう意味では、中巻が出たことにも感謝かもしれません。

ただ、これはあくまでミステリではなくてホラー・・・いえファンタジーなので(笑)、誰しも容疑者になる可能性と誰しも被害者になる可能性が100%ずつっていうのが厄介であり楽しいところです。

目下のところ、生駒さん祖父孫がミステリ的「第一容疑者」なのでしょうが、油断はできないというか。今回、「容疑」を深めているイメージですが、実は「犯行」を抑えようとする側という可能性も否定できないかなと。
子供がいる西任さんに出て行けというのは、子供好き(子供を被害に遭わせないため)という証左にも取れますしね。

それにしても、今回子供中心というか子供だけの被害なので、うーん、親御さんは甲田先生のファンでも、ゆめゆめご注意をってかんじかなーとも思ったり。

 
関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター