最近の感想日記
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第91話「神のカードを奪え」 の感想です。

これまでの戦歴
第90話 舞vs(バーサス)マリク 闇のデュエル
2016.11.05 onair
決勝トーナメント第3戦、マリクの中に潜んでいた残虐な人格と孔雀舞が戦う。遊戯や城之内らは舞を応援しようとするが、意地を張る舞は本心とは裏腹に応援を断ってしまう。するとマリクは、舞が本当は最も恐れている「孤独」をかけた闇のゲームに舞を引きずり込む。


今日の王様
第91話 神のカードを奪え
2016.11.12 onair

バトルシティ決勝トーナメント3回戦、孔雀舞の記憶から仲間の記憶が失われていく「闇のゲーム」でマリクとの闘いが続く。
舞が最も恐れる「孤独」の世界へ追い込まれていく中、遊戯は舞を救おうと千年パズルの力を使って舞の意識の中に入っていく。
そして、この孤独が舞の心にある恐怖感から生まれる幻想であり、精神力でそれを乗り越えるよう励ますのだった…。


旧サイト
第91話 「神のカードを奪え」 2002年1月22日放送
仲間を忘れかけていた舞は、遊戯や城之内の応援の声を聞いて精神力を持ち直し…。

■第91話キーポイント
バトルシティ決勝トーナメント、第3戦。
マリクのしかけた闇のゲームの効果で、モンスターが消滅(しょうめつ)すると、自分の中の人の記憶がなくなってしまうという幻想を見せられ、激しく動揺(どうよう)する舞。
 遊戯らの励(はげ)ましに気力をふりしぼった舞は、マグネットアームズに捕獲(ほかく)されたアマゾネスの鎖使いを埋葬(まいそう)の腕で墓地へ送り、アマゾネスの鎖使いの特殊能力、死に際の鎖舞いを発動させる。

遊戯「舞、勝つんだ。闇のゲームに勝てば、マリクの幻想は消える。どんなときでも心に光をかざせ、失った記憶を取り戻すんだ」


私の妄想力感想

味方殺しの女騎士が城之内さん忘却トリガー
これってさー、デッキのカードあらかじめどれが誰って決まってないのかなー。
とか。
1人1枚該当するかは別なので、1人に数枚該当はありだとは思うんですけど。
ハーピィ、少なくともアマゾネスカードじゃないと、城之内さんというか、舞姉さんが大事にしている順位と見合わなくね?って当時から思っていたんですよ。
単体での攻撃力かなあ。
2000以上って、ペットドラゴンぐらいですよねあと。
あるいは、カードじゃなくてダメージの大きさ比例で決まるのかなー?

舞姉さんの過去
一般家庭だけど孤立しがちとかでもいいと思うんだけどね。
生みの親は悪くしたくないという配慮でもあるんだろうか遊戯王(笑)
その豪邸はそのままなのか、親戚連中に食いつぶされたのかとかも気になる。
ディーラーになった具体的な流れとかも。

遊戯さんの介入
うーん。
闇のゲームなので、そもそも遊戯サイドだとアテムさんしか介入できないのは仕方がないんだけど。
やっぱ舞さんは城之内さん第1なので、励ましも城之内さんにして欲しかったなあ。
と、思ったけど、来週の見せ場否定はしたくないし、アドバイスという意味ではアテムさんでいいのか(笑)

完全に記憶を消し去ったわけではないのか
マリクさんちょっとwww
まだモンスター2体だからwwww
孤独感前提だからなのかなあ。

ホールディング・アームズ
レッグスもそうだけど、彼らはアニメオリジナルからOCG化には至ったんだっけ?

遊戯さんのきょとん
城之内さんが駆け寄って、肩を掴むとき、アテムさんが一瞬天然気味に驚く顔をするのが良い。
えっと、肩を掴まれて振り向かされる時の、横顔かな。

「あんたが地獄で舞な!」
この時の、はるひさんのドスの効かせ方が秀逸だと思うのです。
オビトにもこのぐらい怒ればいいのにね<何の話ですか

目線というか想像というか、そんなもんでもぶった切れない兄様の前髪
が、きになってしょーがない解説シーンなんだがwwwwwwwwwwwww

アマゾネスの呪詛師
は、速攻魔法ということでw

スクラッチ・ホイール
まだ19時枠でしたっけ。
英語にすればよいって、苦手さんを馬鹿にしているのはまあ、おいておいて。
拷問車輪って、さすがに禁止ワードだったのかな。

三姉妹は3体扱いになる
今、神じゃなくても3体とかそれ以上リリースとか必要な子いるので、見直し改訂にハーピィズを入れるのもありだと思うんですがどうでしょうか。
とふと思った。

丸っこい太陽
某ゲームで機械族扱いになるぐらいに可愛げのないラーさんである。


  
 
画像が見えない方>>
遊戯王関連の一覧載ってます 

良かれと思ってクリックお願いします!(笑) 

 
関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター