最近の感想日記
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第105話「勝利への賭け」の感想です。

これまでの戦歴
2017年2月18日は第104話「デッキマスター ジャッジマンの裁き」を放送しました。
城之内の相手はビッグ3こと大岡。法廷を舞台に優位に闘う城之内だったが・・・?

今日の王…城之内
第105話 勝利への賭け
2017.02.25 onair

優勢かと思いきや、大岡の反撃によって逆転されてしまった城之内。
得意とする、悪魔のサイコロ&天使のサイコロコンボも失敗してしまう。
かくなる上はと、ギャンブルのカードで起死回生を図るが、果たして成功するのか?

一方、決闘を眺めていた乃亜は、大岡が不正を用いて城之内のギャンブルが失敗するよう仕向けていたことに気づく。

本放送は 2002年5月7日でした。


私の妄想力感想

カウンター系カードを伏せて相手を待ち受ける

城之内さん的にはスカッとしない手だそうでww

ハ・デスの誘導尋問

ハデスさんは立場的にどこなんだろう。
オシリスや閻魔大王で見るならやっぱ裁判長
弁護士か検事ならともかく(いやダメ大前提だけど)、裁判長が誘導尋問ってすげえなと思わないでもない。

大岡のイカサマ
するのはいいけど(いや良くない大前提だけど)、あからさまに1回止まってから良くない結果にしてやるってどうなのかな。
まあ、最初から悪い目だと、それこそ視聴者には判断付き兼ねるってのもあるんでしょうが。

2回とも1の目ってあざとい
これもなー、どうなのかなーと思うんですよね。
特に2回目。
ランドスターの剣士の攻撃力アップなので、別段2とか3でも良かったような。
2なら、炎の剣士のデッキマスター能力使っても+1000で魔装騎士ドラゴネスとようやく同じなので、大岡さんに対して損失はないんだよね。
炎の剣士の攻撃力を0にできないのだとすれば、+900が上限なので、やっぱり大岡さん有利というか。
そこら辺も、甘いっていうか。
そもそも、成功か失敗かで失敗になるより、
サイコロの目が連続で1って方が、確率的には低いんだぞ(笑)

乃亜にぃは、プログラム的なところから見て判断したのかもしれないけど。

夕日の海で叫ぶモクバ
を置き去りに進む兄様(笑)
ちっちゃいサイズでごちゃごちゃいう、ああいう描き方は好き(*´ω`*)
ともあれ、別に置き去りじゃないっていうか、どっちかといえば

いいぞもっとやれ
「もっと言ってやれ」ってまあそういうことですよね。

海馬の仲間たち
乃亜にぃの認識wwwwwww
兄様、最悪でも城之内は違うって言いそうですけどwww
というか、城之内さんの決闘中にそういうセリフになってしまうあたり、スタッフがさすがというかw

乃亜が自分に固執するのは剛三郎が比べているからか
ある意味名推理ですよ兄様
そもそのも動機も、そして現在も。

俺は運に見放されてないから(ギャンブルを?)続ける!
せっかくの無効提案を蹴ってまでしたいのかギャンブル!?(決闘がでなくギャンブルがというのがポイントよ)
相手がいかさま出来る状況下ってのも、十分運は見放してる気がしないでもないが(笑)
ともあれ、そういう精神こそギャンブラーだなと思ってしまうな。
乃亜にぃも呆れてたけど。

馬鹿の戦術
にひっかかっちゃった大岡さんは大馬鹿ってことなんですかねー。
解雇しといてよかったね兄様ってか?
しかし

城之内さん、ニヤリまで含めて仕組んでいたんでしょうか?
敵も天晴、流石じゃねーかという意味のニヤリだったら、大岡さん自滅じゃねーかと思わないでもない。
また、大岡さんに確認の回数が多いことを指摘されて、内心ヒヤヒヤしていたとかあるのかな?
(そこらへんもっと詳しく聞きたい)

っていうかですね、
大岡さんが右盾を選んでいるときは何度も何度も確認して、ゴブリンに変えた途端、確認せずにというか、こっちだなって言いつつもうハズレー!みたいな展開にするのがあざといですwww
その意味では、「何度も確認させるのは相手の望んでいない方だからだ」っていう大岡さんの推理は正しかったわけですが。

そんなわけで勝った城之内さん
静香ちゃんピンチフラグに急いで法廷を後にするのであった。
…城之内さん視点では多分続かないw

関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター