最近の感想日記
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第123話「バトルロイヤル!」の感想です。


これまでの戦歴
2017年6月24日は、第122話「決戦の地アルカトラズ」を放送しました。
準決勝の組み合わせを決める闘いがスタート。
4人は準決勝での自分の相手を定め、プレイを展開する。



今日の王様
第123話 バトルロイヤル!
2017.07.01 onair

バトルロイヤルは続く。海馬の城之内への攻撃に対し、遊戯は城之内との準決勝を狙うためサポートに入る。しかしその一方、マリクが海馬からの攻撃を城之内に移し替える痛恨の呪術を発動。マリクもまた遊戯との準決勝を狙っているため、ほかの2人を叩くのが狙いだ。


私の妄想力感想

澤田譲治さん
この人も結構いいなあ。

海馬の説得力
自分が遊戯と闘いたいからってだけなんですが、
・城之内は決勝戦に勝ち上がれない
・逆に言えばほかの3人は城之内となら準決勝は楽勝

っていう、城之内さんと闘いたい人の意味の一般化が素敵すぎてもうwww
もちろん遊戯さんはブチギレるわけですが、ふつーに考えるとそうなっちゃうんだよね。
遊戯さんが珍しく兄様に突っかかるので、城之内さん自身が仲裁することになるという珍しい構図(笑)
・・・
城之内さんをいじめ続ければ遊戯さんが突っかかってくるからそーしてるんじゃないでしょうね兄様(笑)

「城之内くん」ってだーれだ?
場面変わって静香ちゃんの回想。
逃走中に舞さんと会って…というシーンな。
御伽くんが城之内くんのところへっていうのに舞さんが反応したのが最初ですが。
城之内姓って珍しいけどなくはないよなーと思って。
特にどういう人物か確認もせず意気投合してるけど、これで片方が、え、この人誰?みたいなことになったら面白かったのになーって思っちゃってスミマセン。

城之内は良い男
舞さんのデレデレというには余りにも綺麗すぎる何か。
そーいえば、高橋先生は城舞というスタンスについてどう捉えているんですかねー。
公認というか、自分でもやりたかった感はあるんでしょうかねー。

惨劇の翌日に声変わり
というわけではないのかな?
さらに場面展開してイシズさんの回想。
マリクパパ殺害事件(←)の翌日にマリクとリシドは去ったっていう解説のシーンが、そのまま翌日に見えてしまって。
既に今の声になっとる!!みたいな(笑)
あれですよね?マリクたちが去って数年みたいな感じなんですよねシーンとしては。

オベリスク強奪事件失敗の顛末
イシズさんが自ら罠を張ってというか、オベリスク保管庫に自分が入ってという。
マリク様、その場で洗脳すりゃあ良いってのがあるので、オベリスクがその日もきちんと保管されているのかって調べなさそうだなー。
そんなことしない?どうかなー。

城之内は墓荒らしを伏せている
場面は戻ってバトルロイヤル。
城之内さんの背後からのカメラなので、伏せカードの墓荒らしが見える。
いいのかなあ、視聴者に分からせて。
あそこで、使え使え!みたいなのを期待させるか?

盗賊の七つ道具のリスク
つーかコスト。
マリクさんのミラフォを遊戯さんがそれで妨害というターン。
マリクさんの「てめーも(ライフ減少分)上がってきな」
っていうセリフがなんか好き(*´ω`*)

選択戦でも負けは負け
それちげーから!って言える城之内さんが大人(笑)
否定が解せん!(負けは負け)な兄様が子供(笑)

俺たちの神々の闘いを見せてやろうじゃないか!
というか、今回脳内会話がひどいなと終わり気味になって思うこのごろであったwwww
静香ちゃんとイシズさんの回想が、脳内で思うことの正しい使い方である。というのがよくわかるwww
決闘者は黙っとけじゃダメだ。思考も禁止(笑)…え、作戦練れない?

 
関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター