最近の感想日記
投票数1位は「水の都の護神 ラティアスとラティオス」 でしたー。
公式の投票結果ページ
http://www.pokemon-movie.jp/eiga_tohyo/

特番三部作(笑。http://www.pokemon-movie.jp/news/?p=2718)
のラストを飾る人気ナンバーワンがこっそり決定していたとか。
(総合公式にも、映画公式でも、まだニュースとして告知はしてねーんだこれがw)

ある意味、ミュウツー(コピー1号)の完封ぐらいの盲目感があったので、新鮮に驚けたのが嬉しかったような、ちょっと残念もあるような。
しかしこれに投票しなかった自分が意外でもあるぐらいには、これも好きなんで文句ないという。

以下、回想という名のおすすめ

・アルトマーレ
水の都。
ヴェネツィアでしたっけモデル(ベネチアより気取り書きたかっただけ)。
もう舞台設定からして綺麗です。

・ザンナーとリオン
綺麗なオネーチャン×2
一応今作の敵なんですが、大水害が目的じゃないっていうセコさもちょっと好きです。
というか、盗みだけのつもりがとんでもないことに…っていう、悪側のミスから大惨事って結構好き。

・ラティオス
その結果、犠牲というほかない煽りを食ったお兄ちゃん。
これまでポケモン世界で死ぬという展開を見せなかった(生還込みならいくつかあるけど)スタッフに何があったのかと、今になって考える。

・ラティアス
奴は、最後にとんでもないものを盗んで行きました(笑)
少年の唇を…(笑)
多分人気投票の理由の多くはこの妹ちゃんにあると判断する。
最後に別のラティ兄妹?がやってきて、独りにならずに済んで良かったね的なものがどっかいったラティアス⇒サトシフラグww
一応、ベイリーフという先例はあるけど、大胆さではまだまだ甘い(ベイリーフが)っていうね。
っていうかこの時点だとサトカスフラグがあったりもしたわけで、何大波乱ぶち込んでんだスタッフ!という意見があったとかなかったとか。
(この点、アニメと映画の世界観断絶が惜しいのは安堵なのかも悩ましいww)

でもまあ無邪気かつ、それゆえにお兄ちゃんに叱られてたり、お兄ちゃんがいなくなった時のしょげ具合とか、そもそも可愛さ満点で、好きか萌えしかないという(林原めぐみさんの仕事も素敵すぎ)。サトシ嫁の皆さんぐらいじゃないだろうか、この子を嫌いと言うのは。

・ひとりぼっちじゃない
主題歌。名義はcoba&宮沢和史だったかな。
宮沢和史(THE BOOMでなくソロ)さんの声もそうですが、
cobaさんのアコーディオンもすげーんだ(確かOPも参加されていたかと)。
ラティオスからラティアスへの応援ソングのようにも聞こえるし、
あるいはポケモンたちがいるので1人じゃないというトレーナー応援歌にも聞こえるし、
遠まわしなラブソング(自分という味方がいる)のようであり。

ぶっちゃけ歴代主題歌で投票しても結構上に行くのではと思っています。
ぶっちゃけ、なぜかこれだけシングルでCD買ったぐらいには(笑)
宮沢さんは、この前年ぐらいに島唄の再ブームみたいなのがあって、その流れでこれというので驚いた記憶があります。

深夜かぁと思いつつ、頑張って起きようかなあと思いつつ。


▼今日はアローラキャップ
http://www.pokemon-movie.jp/tickets/satopika/

7月17日までアローラ帽子のピカ様となっております。
19日よりオリジナルキャップ2週目がスタート。

▼全国でビクティニ、トウホクでジラーチ
http://www.pokemon.co.jp/sp/pokecen_tohoku_2017/game/?a002=news

映画投票の告知はなかったけど、今日からポケセントウホクがリニューアルということで、いろいろ企画やってるようです。
これもそのうちの1つ。
ビクティニ:6月30日から9月3日まで全国のポケセン及びストアで
ジラーチ:8月6日から8月13日までトウホクのみ

七夜の願い星は7月じゃないんだーというのが正直な感想(笑)

ではでは。


関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター