最近の感想日記
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第124話「それぞれの対戦者」の感想です。

これまでの戦歴
2017年7月1日は、第123話「バトルロイヤル!」を放送しました。
まだまだ決着がつかない、準決勝の対戦相手を決める闘い。それぞれの戦略から、誰が誰との闘いを望んでいるのかが顕となっていく。


今日の王…城之内
第124話 それぞれの対戦者
2017.07.08 onair

求める対戦相手は庇うか標的とせず、残りの2名を先に倒す。バトルロイヤルの中で、そんな法則が定まりつつあった。一方で、狙っている相手が先に離脱した場合、自身の自滅によって組み合わせを決定する方法もある。

城之内は海馬の攻撃によってピンチに陥るが、そんな城之内との対戦を望む遊戯は彼を攻撃対象から除外する。マリクを攻撃しようとした瞬間、城之内が遊戯に「決闘者とは何か」と語りだして…?


本放送は2002年9月17日でした。


私の妄想力感想

羽山淳一さん
今日の作画
この人は結構独特な癖があるよね。

前筋?
俺と闘えーしか言ってないような気がするのは気のせいですか兄様ー(笑)

「運だけの男が…」「うるせー!」
マリクさんと城之内さんのやり取り。
尺が余ったのか中の人のアドリブなのか、今回ちょいちょい野次飛ばし合戦が繰り広げられるのが見所だと思うのです。
主に城之内さんの。

輪だけ視聴者に見せている海馬
上のバトルに介入する兄様。
収縮とか、見せていないカードでってのがなんか素敵あざといwww

舞さんの現状
静香ちゃんの呼びかけももう解らない…というシリアスシーンですが。
いや本当、虫(原作版)じゃなくてよかったなーと思うこの頃なのです。

「何見てんだよー!どーせガラ空きだよー!」
ギャラリーの痛い視線?に対する城之内さんの応答www

杏子(と静香)だけが知っている城之内の決意
トーナメント1回戦終了直後ってところでしょうかね?
城之内さんがこっそり杏子ちゃんと、舞さんの件について話しているという。
しかしこれ、ここ本田君の役割ではないかと今思ったりもする。
…本田君だと喋っちゃう?(特に遊戯さんへ)

本田君はむしろ突っ込みが入るから避けた
そんなことはないか?
と思いつつも、「真の決闘者ってなんだろうな…」という城之内さんのシリアスターン。
「真の決闘者は他人のターンにタイムかけねえ」
という突っ込みを入れる本田君なのであった。

いきなり気持ち悪い
こちらも本田君の応答。
城之内さんから皆への感謝のセリフなのだが…(笑)

不利なやつから潰していくのがセオリー
城之内さんの理論?
・いやそんなことしたらこれそのまま決勝で、順位でよくね?
・マリクと闘いたい口実に真の決闘者理論を持ち出す
バトルロイヤル中であることを考えると、やはり突っ込みまちのギャグなのかなんなのか、あるいは狡猾なのか、という話なのは間違いがなかったりして。

「凡骨と心中する気はない!」
普段なら「俺だってゴメンだぜ!」的な城之内さんの返答が聞こえてきそうだが、今回は黙っている城之内さん。
やっぱり本気だったのか…。って?(笑)
あとぶっちゃけ、自分(と遊戯さん)が残ったことで調子づいてますが、兄様、城之内さんの計算づくなのは間違いないです(笑)

マリク”ちゃん”
ここで初だったっけww
墓荒らしで痛恨の呪術返しの城之内さん。
本田君曰く、人の褌で相撲を取るタイプwwwww

「べー!あーばよ!」
マリクさんが先にライフ0で、ゴンドラ上昇につき。
やはりシリアスではないのか…ww
というわけで、次回からマリクVA城之内なのであった。

 
関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター