最近の感想日記
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第128話「城之内死す」の感想です。

これまでの戦歴
2017年7月22日は、第127話「逆転!稲妻の戦士(ギルフォード・ザ・ライトニング)」を放送しました。
ラヴァ・ゴーレムの効果でさらに追い詰められる城之内。ドローしたのは稲妻の戦士だが、生贄が3体必要で、現状ではなすすべがない。…と思われたが、場の状況から打開策を見出す。


今日の王…城之内
第128話 城之内死す
2017.08.05 onair
ラーの召喚に成功したマリク。今回の特殊能力は対象のモンスター1体を破壊するというだけのものだが、今行われているのは闇のゲーム。モンスターの苦痛をプレイヤーも受ける影響で、ギルフォード・ザ・ライトニングが破壊されるその痛みを城内自身も体感しなくてはならない。

しかし対抗できるカードがない城之内。耐えられれば場に何もないマリクへの攻撃によって城之内の勝利に終わるが…?

初回放送は、2002年10月22日に行われました。

私の妄想力感想

2017年お盆前て。フハハ。ご先祖様よりも偲んであげようではないか
(「<俺は死んでねー!」という突っ込み待機中)

加々美高浩
そういえばそうでしたね。今日の作画。

業火から始まる衝撃回
キリが良いと言えばそうなんですけど、今回だけ見る人はかなりびっくりするのではないかと。

なかなか倒れないギルフォードさん
ツッコミ禁止?
ラーのゴッド・フェニックスは、ようはモンスター破壊(あるいは墓地送り)効果なのですが。
長いwwwwwwww
ギルフォード・ザ・ライトニングがなかなか倒れないせいで城之内さん死んだんじゃねえかなと思う約20年後。
(や、まあ、普通に考えると、ギルフォードさんの忍耐力より、マリクの支配下とは言えラーが拷問好きドSってことなんだろうけど)

待て磯野!!
モクバくんが地味に活躍している回だなと思いました。
カウントダウンなんかやってる場合じゃなくね?っていう危機感察知と、ただソリッドビジョンのショックで倒れたにしてはおかしいなという洞察力。
かなり格好いいなと(笑)
(ていうか、そういえば漫画における「城之内が息してない」は本田君のセリフではなかっただろうか、という突っ込みをしていいものか悩んだぐらいには良い)

「待っているぞ、遊戯」
個人的に。
開会宣言並に好きなセリフの1つだったりするんですよねー。
ライバルキャラというのは、基本報われない子が多いんですけど、まあ兄様はその代表と言っても過言ではないのですが。
遊戯さんがちゃんと来てくれたのがもしかしたらこれだけ。
しかも、「海馬との宿命の決闘だから」じゃなく
「城之内さんが生きている未来が解ったから」って…。
そもそも自分と遊戯さんにとって大事な試合のはずなのに、スタッフというか高橋大明神の御手によって、もしかしたら来ないんじゃねーか的な状況に追い込まれるってのも不憫すぎるwwwwwww
同情愛が9割以上な心境をもったりするんですよね。

助けを呼べない理由
乃亜編の所為でバトルシップもやばいっていう理由付けがすごいぜアニメスタッフ。
(漫画はそういえばなんでダメなんだっけ?そもそもお医者さんの、設備の整った病院でセリフがないんだっけ?)

アテムさんは海馬<城之内<遊戯
俺は闘えないとか、兄様が聞いてなくてよかったねってシーンの話。
遊戯さん、もといアテムさん的には、城之内さんの死は来るドーマ編のように発狂するほどではない。
のかな。
「その人が倒れたら自分頑張るぜ」
っていうのは、その人をどれだけ大事だと思っている証なんですかねえ。
(ドーマ編と言えば、兄様がアテムさんを庇うターンもあるなと思いまして。あれ、ショック感とかあったかなあって(笑))
いやでも、ドーマ編ならまだ勝てば復活可能性があるか。
いやいやでも、遊戯さん喪失に関してはアテムさんの自己責任っていう理由もあるから余計か。
と、いろいろ考え込んでみたり。
しかし、「マリクへの復讐心だけでしか闘えない」=「マリクが憎すぎて海馬との決闘どころじゃない」ってもうね゚o(TヘTo)
本当兄様不憫なモノローグやなと。

そんなかんじで準決勝第2が次回からです。
スペシャル回前に何話か通常であったっけ?
(いやま、朝枠ではスペシャルも分割なんですけど)
 
関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター