FC2ブログ
最近の感想日記
遊☆戯☆王ARC-V コミックス4巻の感想日記です。
ついさっき買ってきました読みました。

以下いろいろバレするので、気になる方は比較的少ないAmazonレビューをご参照ください
(りぃあcnの名前でたまにいろいろ書いてます)。


しかし、月が綺麗な今日の発売って何すんのスタッフwwwww
(十五夜かつ、ヴレインズ放送日 検索別所エマ?)
愛ネタっていう恐ろしいものも含んでいるわけでもうなんかこうwww
まあ今日自体は別にいいか。

☆表紙
ここでユートなんですか(笑)
そんな表紙の話。
ユート、今巻では決闘がないどころか消えてしまうんですけどね。
今生の別れではない…とは思うけど、今後どうなってしまうのか。


☆本編
ストーリーは、
・蓮VS遊矢に見せかけてユーゴと思いきや遊矢<わけわからんですが事実で
・アイザックVS零児

となっています。


☆蓮VS遊矢&ユーゴ
前偏?は主に
・蓮の正体と過去の発覚
・収録カード

が見所です。

遊矢に見せかけてユーゴと思いきや遊矢
1ページ目から面白いのが今巻の最大の魅力ではないかと思うのですがいかがでしょ。
遊矢、VS蓮に向けて特訓、かつ粒子加速器でおびき寄せ。
いざ蓮登場!で相手は…俺だ!とユーゴ入れ替わり。
脳内?の奥深くにほっぽられる遊矢という(笑)
ユーゴから遊矢へのバトンタッチは、ユートだけでなくユーリとユーゴも消えてしまうからなので、そこはシリアスなんですけど…ここは全力で笑いましたw

まさかユーゴの子孫ときますか。
そんな蓮の正体。
…リンちゃんは漫画次元にもいるんですかね…?かなり重要ですよね!?
おかげで20歳のユーゴという名の蓮の素顔が確認できる素敵具合。
漫画次元のユーゴは精神的にもイケメンに拍車が掛かって、アニメよりもキュンキュンしてしまうんですが、大人にされると余計やばいです(*´ω`*)

で、今巻の付録が、蓮の真エースである白闘気双頭神龍です。
ホワイトオーラ・バイファムート。
バハムート、バファムートじゃないんだっていう。
多分、バイ・バハムート(双頭)だからなんでしょうけど。
ストーリー要素の1つが、この子の能力の秘密を解き明かすっていうとこもあるので、できれば漫画を読む前にOCGの説明を見ないように(笑)

ちなみに蓮は今回で退場と思われます。
それを考えると、過去バレと言い決闘といい、表紙は彼でも良かったんじゃないかというぐらい活躍しているんですが、さすがに表紙抜擢ほどではないのか…。


☆後編のアイザックVS零児
決着は次巻まで持ち越しです。
しかしアイザックさんも決闘するんですねって失礼かな(笑)
なんか研究者さんという位置から察するに、最終決着後に残っていたあれそれを遊矢たちに説明する役みたいな印象があったんです。

オリジナルの海には負けん!
零児君、なぜか宇宙(人工衛星?)で遊矢VS蓮を観戦。
イヴサイドが自分をチェックしているだろうこともお見通しで遊矢側に映像配信は、いいんですが、なぜに宇宙へwwwww
闇異次元もとい、某映画次元に対抗してんじゃないかなと思ったりしたんですが、三好先生、吉田先生、そこら辺は関係ないですかね(笑)
すっかり言わなくなったけど、当時海馬2Pとか言っててごめんね零児君(笑)

そんなアイザックさんのカードはミラーイマジンというシリーズ。
詳しくは読んでみてというところですが、出現している範囲では、自身の効果だけで活躍するというより、同シリーズのカードを追召喚してサポート強化って感じです。
シリーズ内で相互作用を引き起こし、なおかつ追召喚効果もあるので、別途プレイヤーがドローやサーチを強化しなくても良いみたいな。
遊矢曰く、予測不能デッキ(笑)

アダムの素顔公開
後編、決闘自体はさほど進んでおらず、イヴさんの過去について触れるのが見所。
アダムさんという人が居るというのは、多くの方が予想しているかもですが、彼の素顔も明かされます。
因子の継承は別に子孫とか生まれ変わりっつーわけではないらしく、ズァークでもなければ遊矢とも零児くんともつかぬ感じ。
黒髪・色黒のアフリカ系青年(笑)
闇異次元もとい、某映画次元のマニ君に近いものがある気がします。

イヴと柚子
しかしアダムさんの話になる一方、やっぱりイヴさん柚子ちゃんにしか見えないんですよねえ。
前髪の形だけでも十分ですが、若い?頃、髪の毛がショートというかミディアムでふわふわしてる感じとか余計に。
そこら辺はあえてなのか偶然なのかも気になるところです。

一方遊矢自身の過去については未だ謎のまま。
ユーゴたちの様子から察するに、辛い過去ていうのは予想がつくので、蓮の言う「遊矢はGODに誘惑される」という展開はありえそうですよね。
ユーゴたち、下手すると遊矢がきっかけかなんかで死んでそうなので、彼らの復活と引き換えにGODに…とか。

アイザックの祖先とは?
さらに余談ですが、アイザックさんの
「君と同じ科学者の血を引く者」という発言も、気にしたがりな私。
零児くんに言っているんですが、これ、「同じ」の掛詞はどこへ向けているんでしょうか?
普通に考えて、「血を引く者」ですよね。
零児くんが零王さんの息子であるように、アイザックさんも先祖に科学者がいるとそういう。
しかし私、「科学者」に掛けたくなってしまうのです。
「同じ科学者」、つまるところ、アイザックさんも零王さんの血を引いており、ひいては零児くんの子孫でもある。みたいな。
彼が未来の人ってのか明らかっぽいですし、蓮のことがあるだけに余計にw
あとアイザックさん、零児君に興味があるとか言ってたので。
そういえばアニメの方で零児くんDDD学者名シリーズとか使ってましたけど、別にそんな因縁はアイザックさんとは関係ないか。

次巻は2018年春のようす。
アイザックVS零児の決着がつく一方で、遊矢は素良との対決が待っているっぽいです。
未宇ちゃんのこと、明かされるんでしょうかね?
楽しみにしつつ、今巻のデュエル展開をしっかり理解するまで繰り返し読みます(笑)

関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
アルバム
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター