FC2ブログ
最近の感想日記
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第141話「オベリスクの怒り ソウルエナジーMAX」の感想です。


これまでの戦歴
2017年10月28日は、第140話「不死の壁ゴッドスライム」を放送しました。
オベリスクの攻撃でマリクのライフを大幅に削った遊戯。
しかしマリクの主人格への精神ダメージに加え、メタルリフレクトスライムの発動、さらにはリバイバルスライムとの融合によって、不死のゴッドスライムをマリクの場に召喚されてしまう。



今日の王様

第141話 オベリスクの怒り ソウルエナジーMAX
2017.11.04 onair

再び死者蘇生によってラーを復活させたマリク。今度はゴッドフェニックスによってオベリスクを破壊することが狙いだ。ところが遊戯もまた、死者蘇生で神を復活。先に倒されたオシリスを蘇らせることで、オベリスクを破壊から守るのだった。

場の流れは今一度遊戯へ。しかしマリクの主人格の存在があるため、攻撃に踏み切ることができないでいた。
ところがそこへ…?

初回放送は、 2003年1月21日に行われました。

私の妄想力感想
武藤公春さん
今日の作画

「へその緒見てえに」繋がってんのか?
城之内さんの和みセリフ(笑)
遊戯さんが、自分有利でも攻撃を躊躇していることに気づいたギャラリーと、1人理由を知っているマリクさんin杏子。

「あれ、あたしなにかしてた?」
このあと、マリクさんが去って杏子は我に返るけど、周囲からスルーされてんなwww
あ、いや、マリクさんのセリフに入るから写っていないだけで、「汗ったぜー」的な心配
がされていると信じよう。

オシリスによるカバー
不死鳥によるオベリスク破壊に対して。
死者蘇生でオシリスを復活させて回避する遊戯さん。
戦闘の巻き戻しはないらしいけど、効果の巻き戻しもないんだろうか。
いや、あってもなくても、破壊対象のモンスターを選ぶ権利は闇マリクさんにあるわけで。
やっぱりこの意図がよくわからないwww

オベリスクの怒り
海馬の兄様が
「遊戯、貴様知っているのか?」
って言ってましたが、そういえば遊戯さんってこれまで見たことないんだっけ。
ソウルエナジーMAX。
タッグ時も普通に攻撃だったし、イシズ戦ではオベリスク自体がリリースされちゃってたし。

「カードテキストに書かれてるぜ海馬!」的なノリツッコミは秘密ですw
その頃、何とか船から降りてきたリシドさん。

「「この瞬間、この瞬間だけ」」
ラーとの融合状態なら、闇マリクを倒すことが出来る。という話。
風間さんお疲れっす。

相手ターンでもできるソウルエナジーMAX
ソウルテイカーは速攻魔法っぽいからいいけども。
あ、でも、アニメでは攻撃力を無限大までアップさせる効果?だから相手ターンで使うってのもありかな?
が、

階級制度による阻止
「神にもランクがあるんだよ」って実はここ?
それとも、アニメではカードルールで行うという意味で、上記セリフを再現してみたのかなあ。
「以上」ではなく、「超えた」相手のみというルールゆえに、同レベルの神同士では不可と。

闇からの奇襲再開
…。
バトルの巻き戻しはないけど、魔法効果のやり直しは可能ってことなのか?
いや、やっぱりオベリスクの効果が相手ターンでも使える「相手破壊効果」だったので、バトル自体にはなんの影響もなく再開ってことなのかな。

ラグナロクによる破壊
直前にディメンジョンマジック使っていますが、ディメンジョンでの破壊効果ってアニメにはないんだ?
これはOCG化というより、漫画でもあったような気がするんだけど、効果詰めすぎてややこしくなるの回避なのかなあ。

リシドさん到着で次回へ続く。
久しぶりに真面目に決闘展開について考えた回でしたww

 
関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
アルバム
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター