FC2ブログ
最近の感想日記
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第151話「予期せぬ敵」の感想です。



これまでの戦歴
2018年1月13日は、第150話「目覚めよ!クリティウス」を放送しました。
ペガサスに化けていたのはドーマのメンバー、アメルダだった。アメルダ自身のデッキに追い詰められる海馬。対抗する手段も尽きたそのとき、海馬はあるビジョンを見る。


今日の王…城之内?
第151話 予期せぬ敵
2018.01.20 onair

車で移動中の遊戯たちだったが、突然ドーマの襲撃を受けてしまう。それを救ったのは、ハーピィ・レディのカードを繰り出す女性だった。バイクで走り去ってしまったが、城之内は舞であることを確信する。
しかしI2社を訪れた遊戯たちを待っていたのは、「ペガサスはあたしが始末した」と告げる舞の姿だった。


初回放送は、2003年4月15日に行われました。


私の妄想力感想
置き去りと知らぬOP前
遊戯さんたちが、とりあえずガソリンスタンド見に行ってみよーというところからスタート。

渡辺英樹さん
今日の作画

城之内の耳の良さ
野生の勘もすごいのかな(笑)

ヴァロンとラフェールの命令?
手下にバイクでブイブイいわせる件
2人が何を持ってこういう手段に出たのかも気になりますなあ。
舞さんが天馬かいちょを始末する時間稼ぎ?いや昨以前夜に終わってるはずだし。
アメルダのための時間稼ぎ?いや兄様が遊戯さんたちと接触する可能性は低いし。
「俺たちの獲物」っていう認識はあるようなので、弱ったところで決闘だ!って展開にするつもりだったのかなあ。

とりあえずDMは手を傷つけるのに適している
そんな馬鹿なwww
といいつつ海馬⇒I2の手下に続いて、舞さんも活用するという。
紙もよく切れるとはいうけど、今回相手がグローブ装着なので、実はプラスチック製以上の何かという可能性もあるのかな。

ドーマデュエルディスク
この時舞さんはすでに…というのが視聴者サービスなのかどうなのか。
遊戯さん気づけよ!と思うものの、すぐに走り去ってしまったから印象としては薄いかな。

ちょっとだけ海馬のターン
クリティウスも可愛いよね←
しかし兄様、会社からのメールにはきちんと返信したんだろうな?

ヒッチハイクは美少女にやらせよう
(笑)
運転手のおっちゃん可愛そうだったなあなんか。

けん玉、抱き枕、星条旗パンツ…
本田君はまさかペガさんに見せるつもりだったのだろうか。
いったい誰に対する文化交流なのか気になるw

舞さんへの疑念
アテムさんは一応、なんで一言もなく去ってしまったのかという点で、舞さんに疑問がある(あるいは舞さんじゃない可能性を考えている)ようで。
この段階では、そもそも助けに入った理由も不明だしなあ。敵ならなんで邪魔になるのかってのもあるし、味方としても偶然やってきたのはなぜ?っていう。

スリに遭う羽蛾
と、助ける御伽くん。
と、それを利用?する羽蛾&竜崎
遊戯さんの親友という話は、御伽くんの思い込みによるところが大きいみたいだけど、一体どうしてそうなったw

一応会社に連絡はとった
青眼ジェット、ジャンボ?ジェットに牽引中
…燃料切れなのかな。
飛行機にくっついてく青眼と思うと、なんか微笑ましいものがあるようにも見えるw

ペットドラゴンの吸収には成功したらしい千眼サクリファイス
が、モンスター全体破壊をされてしまえば元も子もないと。
そもそも残りライフが100とかだったので、どうにかこうにかしての奪取だったんでしょうなあ。
そんなペガサスVS舞の回想決闘。

「どうしても自分で決着つけたい」
ってのが、今のところの、舞さんの邪魔理由か。
んー?いや、今となってはほれ、
「これしか気持ち、届ける方法知らないから」
の別ルートにしか見えなくてだな(笑) #VS闇マリク

闘いたくねえ!という城之内さんの叫びで今日はエンド。
そういえば、「舞さんの指が綺麗な加々美ターン」は次回でいいのかな?

オリジナルキャラクターデザイン:原憲一
…今日の運転手のおっちゃんのことじゃないですよね。
ドーマ全般でいいんですよね?
と、今更目にとまったので記しておくことにする。
そりゃー、ヴレインズもホイホイされるわけだぜ。
 
関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
アルバム
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター