FC2ブログ
最近の感想日記
今日の遊☆戯☆王デュエルセレクション感想日記は、 遊戯王ARC-Vより第32話「熱戦!エンタメデュエルショー!!」です。

これまでの戦歴
2019年11月30日は、遊戯王ARC-Vより第31話「唸る旋風(せんぷう) 妖仙ロスト・トルネード!」を放送しました。
舞網チャンピオンシップ、遊矢の初めての相手は沢渡だ。自らをネオニュー沢渡と称し、妖仙獣デッキとペンデュラムカードで遊矢を追い詰める。
遊矢もさらに進化したペンデュラムデッキを駆使し、沢渡に対抗するが…?


今日のネオ・ニュー沢渡さん

第32話「熱戦!エンタメデュエルショー!!」

決闘開始時に、ペンデュラム召喚こそが遊矢を敗北に導くものだと宣言した沢渡。その言葉通り、遊矢は自らのペンデュラム召喚を封じられてしまい、思うような決闘ができないでいた。
かに見えたが、遊矢はまだ諦めない。
両者ともにペンデュラム召喚を駆使する一戦に、観客もかつてない盛り上がりを見せる。

初回は2014年11月16日放送でした。


私の妄想力感想

OP出だし
遊矢:ペンダント
柚子:ブレスレット
ごんちゃん:ハチマキ
で、改めてまじまじと見た結果、上2人のアイテムが重要すぎて、ごんちゃんのハチマキにすごく笑ってしまった…ごめん。

そんなごんちゃんこと権現坂昇くんも14歳なんだぜみんな!(笑)

相手が(目の前に)いない決闘
デュエルフィールドを駆け巡る!!最終進化系とはいえ、結構シュールな図になるのでは…と思ったり思わなかったり。
…ARCV世界は、デュエルディスク同士もしくは大会のシステムなのか、で、互いに連絡・通信はできるようですが。

ダイバカゼって乗れるんだ
いやソリッドビジョン系なのにっていう話じゃなくて、
風の塊っぽいのにっていう話で(笑)
直前に、旋風で沢渡くんを吹き上げる演出がありましたが、全身があんな感じと考えれば、その要領で沢渡くんを乗せるというか浮かせているのかな?

沢渡「このターンで終わらせてやる」
からの
「次の俺のターンで」
最初のセリフはヒーロー感あったのになあ。
フラグ立てちゃったなあ(笑)

沢渡「消えんじゃねー!!」
アユちゃんたち「「「自分が消えろっていったのに」」」
沢渡さんの楽しいセリフオンパレード回ですか今日はw
自分の攻撃で消えろ!っていう意味で、この直前に消えろって叫んだんですけど、結果はそうでなく、ドラミングコングがカード効果での透明化で消えたのに対して、消えるなっていう。
でも、消えてることに変わりはないので、子供たちからツッコミを食らっているというw

「「「沢渡のくせに」」」
ダイバカゼをアドバンス償還した沢渡さん。
今度はLDSのエース3人組にツッコまれる。
ダイバカゼは特殊召喚だと1ターンで手札に戻ってしまうけれど、アドバンスしておくと場に残り続けるため。
3人の中でへらへらしている沢渡イメージがあるのも秀逸w

ビーストアイズ
初…ではないのかな。
ドラミングコングとオッドアイズちゃんとの融合・ペンデュラム
・相手モンスターをバトルで破壊した際、融合素材となった獣族の、もともとの攻撃力分のダメージを相手に与える
のが効果。
素材は獣族であれば、ドラミングコングに限定しない。という。

アクションカードは取ったものの、遊矢に返り討ちされて沢渡さんは敗北するのであった。


次回は初対決!素良VS黒咲!
…ではなく(笑)
「革命の嵐」で、遊矢VSシンジです。
(再放送とはいえ、放送回を絞るなら、テロップは消すか改変した方がいいような気もするなあ…)
シンジ君が誰?って話になる方は、シンクロ次元で検索を(笑)

関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カテゴリ一覧
アルバム
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター