最近の感想日記
Category : 遊戯王無印(DMも含む)
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第137話「真のデュエリストへの道」の感想です。


これまでの戦歴
2017年09月30日は、第136話「青眼の白龍(ブルーアイズホワイトドラゴン)VS青眼の白龍(ブルーアイズホワイトドラゴン)」を放送しました。
海馬は青眼を繰り出し、早々に決着を付けようとする。しかし城之内は墓荒らしで海馬のエネミーコントローラーを活用。青眼を破壊した上で死者蘇生を発動し、自分の場に青眼を呼び出すことに成功する。


今日の王…城之内
第137話 真のデュエリストへの道
2017.10.07 onair

一旦城之内が奪った青眼も、海馬は2体目の青眼を召喚、相打ちさせ、さらに自身も死者蘇生で取り戻してしまう。城之内は時の魔術師に望みを託す。果たしてタイムマジックは成功するのか?

その頃、杏子の危機を察してデュエルタワーに向かった遊戯は、同じくやってきたイシズからマリクの救出を請われる。闇人格を倒し、本来のマリクを救って欲しいという願いに遊戯は…?

初回放送は2002年12月17日でした。




私の妄想力感想

原憲一
今日の作画さん 
しかし彼のデザインした遊作は、黙って観ている感じがしそうなストーリーですよね最近。

なにっ!?
今日も今日とて城之内さんピンチなあらすじw
そしてようやく不在に気がつかれた遊戯&杏子という。

俺にも責任がある
いや、多分ないと思うんだがどうだろう(笑)
イシズさんの、マリクを助けて要請の話。
アテムさんに責任があるかっつーと、ないよな多分(笑)
ひどいこと言うと、マリクさんの心の弱さだし、他者に責任を求めるなら、ひどい掟を加えた墓守の始祖さんと、シン様(笑)
お前の父を殺したのはファラオの魂なりって、藍神くんが観てたらビックリしそうな話よね。

隼の騎士を狙う兄様
さて海馬VS城之内
ベビードラゴンと隼の騎士、どちらに守備封じを使うかという兄様のターン。
なんでベビーちゃんにしないのかなと思ったんですが、攻撃力では隼の方が低いのか。
そりゃなっとくか(笑)

体力増強剤スーパーZ
遊戯さんと城之内さんの共通カードってマジですか(笑)
いや、遊戯さんは乃亜にぃ編で一時的に入れていただけって可能性もあるけども。
友情のカードって実はこれじゃないの?と思ったりしなくもなく。

… …!キター!
おっ(*^ω^*)っていう城之内さんのデフォルメ系顔は好きです。
今回の時の魔術師ドローのターン。

ドラゴン族とタイムマジック
…青眼はもう3000歳超えてる?ので、タイムマジック掛かったら干からびるしかないのだろうか。
ベビーちゃんはベビーだけに、まだたっぷり寿命がありそうですが、そもそもデュエルモンスターズ界におけるドラゴン族の寿命って何年なんですか?という。
マハードさん、もといブラマジすら1000年生きることは可能らしいので、青眼もぶっちゃけ1000年ぐらいなら耐えられる(というかドラゴン族全般)気がするんですがどうでしょうか?
システム上、仕方がないとは言え。
そんなことを考えながら見ていました(笑)
…。
そういえば、真紅眼は干からびちゃったんですよね…by王国編@ダイナソー竜崎

マリクと杏子の関係は秘密
そういえば、結局遊戯さんたちに明かされることはないのだっけ?
主人格さんが杏子ちゃんを洗脳していたという話。

サウザンドドラゴンの白目
おじーちゃんが撃破される時に白目剥いてるのが印象的でした。

いつかお前に勝つ!
そして最終回まで起きない(笑。KCグランプリがなー、彼がいなければもしかしたらあったかもしれないのになー。)
やっぱ25thか30thで城之内さんの打倒海馬な奮闘編を是非(笑)

イシズさんのお願い
イシズさん、兄様にだけ冷たい気がするんだが(大笑)
「マリクを助けてください」からの切り替えが素敵すぎてもうwww
↑の延長で言ってるはずなのに、必死感が皆無www

死者への祈り(ペレト・ケルトゥ)
屍は横たわる
器は砂となり塵となり
黄金さえも剣さえも 時の鞘に身を包む
骸に王(ファラオ)の名は無し
時は 魂の戦場
我は叫ぶ
闘いの詩を 友の詩を
遥か魂の交差する場所に
我を導け――


最近のことはどんどん忘れていくのに~な、典型的な症状の要因がこれな私です。
あとはポケモンの名前な(笑)

イシズさんよりもモクバくんの説得
モクバパワーはもう最強で。
ぶっちゃけ、この流れだと、死者への祈り(遊戯さんへの感傷)よりも上にすら見えるのが凄いところでして。

むくれる城之内
さて遊戯さんたちが合流してきて。
本田くんが揶揄するのでむくれている城之内さんなのであった。
御伽くんもフォローしたかと思えば、負けちゃったは結局言われてガッカリとかw

海馬はギャンブル好きか?
なんか前にも私こんな話をしなかったっけ?
自分への言い訳にしても、確率20%のゲームと動機にするあたり、好きだからですよねーやっぱさ。
というわけで
「受け取れ!遊戯!!」で終わる今週なのでした。

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第136話エネコン…違った、「青眼の白龍(ブルーアイズホワイトドラゴン)VS青眼の白龍(ブルーアイズホワイトドラゴン)」の感想です。


これまでの戦歴
2017年09月23日は、第135話「炎の凡骨(ぼんこつ)ロード 城之内VS海馬」を放送しました。
遊戯の勝利が城之内との友の力故という動機であることに、納得のできない海馬。そんな海馬に、城之内は3位決定戦として決闘を持ちかける。


今日の王…城之内
第136話 青眼の白龍(ブルーアイズホワイトドラゴン)VS青眼の白龍(ブルーアイズホワイトドラゴン)
2017.09.30 onair

城之内と海馬の決闘は続く。海馬は早々に決着を付けようと、青眼の白龍を召喚。死のデッキ破壊ウィルスによって、城之内には対抗できるモンスターがいないと思われたが…?

初回放送は2002年12月10日でした。




私の妄想力感想

をがわいちろを
今日の作画さん

CM:リンクスGX
KENNさんがTGSで話題になってましたが、CMでもいよいよって感じですね。
しかし初期登場は
・十代
・万丈目
・明日香
・エド

の4名だけっぽい。
亮ちゃんとヨハンはどこいった?(エースがでかすぎる子はダメとそういうのはないですよね)
いやそもそも翔くんが初期にいないってどういうこと!?(あと三沢君←
随時追加はあるのでしょうけども。
…パソコン版、実装されたらやるべきか悩む。
スマホゲー以上に、妄想家としてはコナミ君がいない(我々が存在できない)のが気がかりだったりします。
まあそれはそれとして以下本編です。

城之内さんのあらすじ
何ぃ~?!的な。自分がちゃんと悔しがってるって表現をするのが素敵クオリティ。
あらずじなんだから、上手いこといろいろ言えるのに(笑)

「絶対に、勝つ!」
この次の、城之内さんへの反応もそうなんですが、
なんか「ガクン」とした遊戯さんの動きが地味に記憶に残る話でして。
いやもちろん、城之内くんのためにもマリクには勝つっていうセリフ自体も素敵なんですが。

魔法吸収をふせる海馬
ニヤニヤ( ̄∀ ̄)

その頃のマリクさん
千年ロッドさんの反逆?について考えるの巻。
八つ当たりしたところで、杏子もとい主人格様登場。
…別に見せてあげてもいいと思うんですけど、なんだろね。
単に資格が無いってことなのか、それともパズルとセットじゃないと発動しないのか、はたまた前主人の転生後である兄様を守るためとかなのか。

ブレイドナイトも戦士族
多分、もしかすると、条件は無視なのかもしれませんが。
海馬VS城之内に戻って。
魔法吸収で城之内さんの攻撃力アップ効果を奪う兄様。
戦士族専用アップをブレイドナイトに適用ってのは、スタッフ敢えて考えたのかなと思いまして。
(相手の攻撃力アップを自分に適用するなので、攻撃力アップの条件は自分がわざわざ満たさなくても良さそうなイメージがある)

杏子と千年ロッド
また場面は入れ替わり(笑)
操られとはいえ、レアシーンですな。
アニメオリジナルということも踏まえると余計に。
そして遊戯さんは気づくのか。
やっぱロッドって反逆心あんじゃないの?(笑)
パズルが探知したっていうより、あれ、ロッドが教えたって風にも取れるのでww

二度と俺に立ち向かおうなどと思わないようにしてやる!
海馬から城内へ

そもそも機会すらなかったかもしれないとか禁句。
そんなところで繰り出したのがエネコンって、ちょっと笑わざるを得ないようなw

城之内にはもったいない青眼

王国編でも使ったけどなー(ボソ)

杏子のアクロバット
場面変わって。
マリクさんの度胸に、ダンサー志望の身軽さのコンボで…という。
これもまたすごいレアシーンというか。
イシズさんは追いかけてきたようで、遊戯さんより先に到着と

邪魔ばっかりの日
とはいえイシズさんにも手はないので、ピンチに変わりなく…
というところで邪魔その2、もとい遊戯さんがようやく到着と。
このピンポイントで2回もって、闇マリクさんがケチつけたいのもわかるぜ。

城之内さんとエネコン
青眼のコントロールを奪うのではなく、破壊した上で死者蘇生で自分が奪う
っていうのは、ちゃんと頭使ったなーって思います。いや褒めてますよまじで。
しかしサブタイトルの青眼対決自体は、引き分けに終わったというオチで次回決着へ。
(これ結構、攻撃力変化でのバトルを想定していた人いるんじゃないかな(笑)兄様の怒りでバトル自体は即終了になっちゃったというwww)


遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第135話「炎の凡骨(ぼんこつ)ロード 城之内VS海馬」の感想です。


これまでの戦歴
2017年09月16日は、第134話「憎しみを撃て! ブラックパラディン」を放送しました。
アルティメットを召喚し、海馬の勝利は目前に見えた。しかし遊戯は憎しみに囚われている海馬に真の勝利はないとして、超魔導剣士ブラックパラディンを召喚する。



今日の王…城之内
第135話 炎の凡骨(ぼんこつ)ロード 城之内VS海馬
2017.09.23 onair

遊戯の勝ちに終わった準決勝第2試合。遊戯は海馬に、城之内との友情で勝利できたと話す。友の力を信じない海馬。しかし復活した城之内が、海馬に対して3位決定戦を持ちかける。

初回放送は2002年12月10日でした。




私の妄想力感想
武藤公春
今日の作画さん

しょ、勝者、武藤遊戯!!
っていう、磯野さんの焦りが秀逸だと思うんですはい。
(主がぼーぜん中なので、焦るのも無理はないのですけど)

モクバの複雑な心境
兄様が負けるなんて嘘だ…って言ってますが、先週、先々週?憎しみを打破したい兄様=勝利したい兄様を否定気味だったモクバくん。
勝ってほしいけど、優しかった過去まで忘れて欲しくないという、複雑な心持ちで。

ライバルと親友の境界線
ライバルと書いて親友と読む。を、召喚したいところですが、
アテムさんはどーも兄様に対して上から目線というか、諭してあげたい感が強くてですねー。
(救ってあげたいからこそなんでしょうけど)
それと比べると

「突っかかる」城之内
やっぱ、互いに嫌い反応をするっていう城之内さんの方が、しっくりきてしまうんだなー。喧嘩するほど仲が良い。
アテムさんは兄様の嫌なところを否定する前に、「認めてあげるけど直したほうが良いよ」っていうスタンスにも取れるので( ̄▽ ̄;)

元は友情否定だった立場ゆえに
経験があるってのも、城之内さんの好感度上げちゃう理由なんですよね。
昔は自分も1人でやろうとしたっていう…あれ本田君はry<今だけ内緒で
でも変わった城之内さんだからこそ、兄様の説得?役には向いているというか。
…王様の記憶があれば、まだ1人で背負おうとしたっていう感触は得られたかもしれないですが、それはアニメだとずーっと先の話ですね(笑)

ともあれ
原作にはないオリジナルストーリーなので、およそ15年前?今作のサブタイトルでびっくりした人は多かったでしょうね。
でも、遊戯王のちょいちょい挟むオリジナル展開(ストーリーまるっとでなく今回のような一場面)は、ありえるよねーってのも多く、驚きはあっても意外ではないのがすごいところ。
自分と遊戯さんとの友情を馬鹿にされたままで、城之内さんが黙っていられるわけはなし(笑)


モクバはどーなんだよ!
城之内さんは、モクバくんに対しても話を向けるのがまた良いというか。
遊戯VS海馬中では、モクバくんの心境というだけの話だったんですが、城之内さんに吹っかけられて、兄様の前で話さなくてはいけなくなってしまったという。
そして、そんなモクバくんの本音を聞いて、「クッ…」って感じにならざるを得ない兄様(*´∀`*)

いつ何時であろうとも、誰の挑戦であっても(決闘は受ける)



今断ろうとしたやん!!素通りしたやん!!
ツッコミ待ちにしか見えないと思った人は私だけではないはず。
多分、城之内さんの言葉に押されて承諾なんて死んでも言えるか!という言い訳だと理解します( ̄∀ ̄)

城之内の経験値
マリク戦までのかなり簡略ダイジェスト。
デュエルモンスターズで成長を描くってなると、やっぱじょーのさんが主人公だわと思ってしまうわ。
そして海馬VS城之内のなか、突然いなくなる杏子、もといマリク

城之内と思考
本田「考えてるじゃん!」
御伽「考えないほうがうまくいくのでは…?」
兄様の伏せカードがモンスター弱体化の装備魔法と踏んだ城之内さん。
弱体化までは正解だったけど、収縮は自身のガーゴイルパワードに使い、さらにウィルスコンボで返り討ち。
結果、御伽くんが正解(笑)
更に言うと、収縮は装備カードじゃないので、ギアフリードさんにも効果を与えることは可能だったり(笑)

肌の色素
海馬と城之内のアップ画について
兄様本当、肌白いよねーって思っただけ(笑)
どちらかといえば兄様は黄色、城之内さんは、ややピンク系の肌色ですね。
その頃バトルシップを出たイシズさんとマリクが鉢合わせ。

城之内の強運スキル
でも本人、運が良いと解るまではヒヤヒヤものっていうのが、彼の素敵なところだと思ったりします。
強運を別に頼り切るつもりはないっていうか。
運だけの男かもしれないけど(うるせー!ヽ(`Д´)ノ)、運頼みの男ではないというか。

バカは風邪引かん
(死のデッキ破壊)ウィルスにへこたれない城之内さんに対する海馬評
本当にね。

例え復讐の念に支配されていようとも、生きていてくれれば
さてイシズさんとマリクの会話。
これ漫画だと決勝戦の最中とかだった気がするなあ。
いや確信かというと低いですが( ̄▽ ̄;)
しかし一方で、これマリクだけじゃなくて兄様にも言える話なんだなって思ったり。
モクバ君とはまた違うような、もしかすると同じなような、復讐者の身内の話。

リシドを頼むと改めてお願いして、まさかの杏子VS闇マリクか?というところで今回は終了なのであった。
さて、どうなったんだったけかね。
杏子ちゃんは多分無事になると思うから、ギリギリのところで海馬VS城之内が終了。
決勝戦だとしてタワーへ向かい、マリクに襲われている杏子発見って感じかな?
もっとも、これも2週で終わるとは限らないわけですが(笑。某エネコンがそろそろですね)

でもあれだな。
決勝戦よりも前に(表)マリクが死亡フラグ告げたからこそ、イシズさん心配になって、
兄様にペレト・ケルトゥを話すことにしたっていう流れ?
は人情的に納得が行きますよね。

カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター