最近の感想日記
Category : 遊☆戯☆王(Yu-Gi-Oh!)
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第173話「苦い勝利」の感想です。


これまでの戦歴
2018年6月23日は、第172話「激闘の果てに」を放送しました。
ヴァロンとの決闘がついに決着。ヴァロンから、舞を頼むと言われた城之内は、しかし舞との連戦を望む。
闘いを通してヴァロンと理解し合えた城之内は、舞の本心を理解するために、傷ついた状態ながらも再び決闘を始めるのだった。


今日の王…城之内
第173話 苦い勝利
2018.06.30 onair

舞のハーピィ強化デッキは、オレイカルコスの結界によってさらに攻撃の激しさを増す。
だが城之内の、拙いながらも説得を交えたプレイングで、舞は城之内を倒す絶好のチャンスを前に、躊躇してしまう。

初回放送は2003年10月1日に行われました。


私の妄想力感想
羽山淳一さん
今日の作画

クリティウスの単独攻撃
え、青眼といっしょって?いや合体しない方という意味で。
ヘルモスもそうだけど、単体が出張るというか、形を残すというか、あまりないので貴重映像(笑)

何が孔雀舞をそんな風にさせてしまったのか
マリク「ウチの裏人格が本当すいません」っていうのが絶賛脳内再生中です。
ていうか、実際どうなんでしょうね。
シーンとしては無かったけど、謝罪的なものあったのかなあっていう疑問はあるのよね。
無事に闇マリクさん倒せたと思ったらどっかのバカタレが会場爆破事件を起こすしさ(笑<俺は関係ないという某主催者の言い分待機し隊)
んでさらに無事に、童実野に戻ったらもうお別れのターンだしさ。
ちょっとでもごめん的なものがあれば、トラウマも少しは軽く…ならないかなあ。

城之内のタフな精神力
決闘の腕と精神力は比較的反比例する件の実例1(笑)
ある意味冷静と感情豊かさは相容れないからってことなのでしょーか。

ライトニングは舞さん初見?
闇マリクに一矢報いた城之内さんの切り札。
舞さんの意識が戻っていれば、これでさらにトラウマ軽減できたかも…とか、ifハッピーが多すぎる…。

王国編での借りを返せていない城之内
ってことは、やっぱ闇マリクさんから救えていないのだとそういう。
よく考えれば、というか舞さんの躊躇シーンにおいて、王国編でも助けてるし、BCではマグナムさんから救ってるしで、実際は城之内さんの方が貸しを作っている件。
自分では気づかないものですって?
男前だよ本当。

オレイカルコスの欠片を引きちぎる城之内
根本はマリクさんではあるけど。
舞さんの現状、オレイカルコスに掌握されつつあるってのも一因だと思うのです。
その欠片を舞さんから引き剥がしたってのも、大きな功績かなーと。

ティマイオスとクリティウスの慟哭
ヘルモスは別に死んでないはずだけど、その主ということで、同志を悼む…的な?
ティマイオスがクリティウスに比べて結構野太い声であることが判明したとかしないとか。<ポイントはそこなのか

落とし前はアタシがつける!!
展開がそもそもアレですやん、とか。
孔雀舞は最初からカッケーオネーチャンです、とか。
あるんだけど、
男2人のために女が格好いい少年アニメってなんですかこれwwwwwwww
(今後の展開もアレですねん、けど)
まあ、少女アニメとも言えない展開(セラムンやハニー系と言えるか?決闘だけにウテナと言えるか?)ではあるんですが。

次回、舞さんにヘルモスは微笑まない?
(ぶっちゃけ、この使用の可否はどうなのかすごーく知りたい。ヘルモスくん、舞さんの気持ち理解しているでしょうに。いやでも認めた主をここまで困らせるような人は仇討ちのためであってもお断りなのか?)

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ20周年リマスター版
第172話「激闘の果てに」の感想です。

これまでの戦歴
2018年6月16日は、第171話「響きあう魂(ソウル)」を放送しました。
ヘルモスの爪によってヴァロンのアーマーモンスターを全て破壊することに成功した城之内。
だがヴァロンはそれすらも利用し、ヘルモスの爪によって顕現した武器を奪って見せる。


今日の王…城之内
第172話 激闘の果てに
2018.06.23 onair

デュエルの最中、互を認め合ってヴァロンと城之内。だがオレイカルコスの結界が発動されていることで、敗北したヴァロンの魂は奪われてしまう。
最後に舞を頼むと城之内に言い残すヴァロン。彼に駆け寄る舞だったが、城之内は舞に伝えたいことがあるとして、自らもボロボロの状態ながら、デュエルを挑むのだった。

初回2003年9月23日放送に行われました。


私の妄想力感想

平川亜喜雄さん
今回の作画。原憲一さんと似ている(スタッフも共通が多い)らしいというので、納得してしまった。
あまり耳慣れなかったけど、結構やっている、というか、古代編のイメージが強い方らしい。

自分でもヤバイのわかってる城之内さんのナレーション
自覚症状があってもやめられないってしんどそうね。
いやそれでも興奮っていうかハイになってるって、実際のダメージは自覚以上に重いのかも?と言えるかも?

フェニックス・グラビテーション
いわゆるアーマー限定死者蘇生。みたいな。

アーマー×ヘルモス
ビッグバン・ブローと合体でビッグバン・ドラゴン・ブローとか。
ここではヘルモス・ブローとは呼ばないのね。

舞「城之内!」
ヴァロンが切ないよぉおおおおおおおお!!
2人のぶつかり合いで、舞さんが思わず叫んでしまったのはやっぱり城之内さんでした。
というのを、ヴァロンだけが気づいているという展開。
あの一瞬の顔。諦め付いちゃった感じかなあ。
決闘も満足で文字通り燃え尽きちゃったぜ感が…切ない(´;ω;`)
城之内さんが気づいていたらどうだっただろうか。

「お前が誰を思っていようとも、俺の方に振り向かせるつもりだった」
強引すぎず傲慢すぎず、まったく良い男だと思わずにはいられないよなー。
…ただしヴァロンに限るとかマエタケボイスに限るとかいう話は…いやまあうん←←←
細かい言違いはご容赦くださぇ。

デッキは逐一ディスクから取り外している城之内さん
あるいは、デッキセットがディスクの起動スイッチになるとかそういう仕組みなのかなあ。
舞さんとの連戦で、改めてデッキをディスクに入れているシーンにつき。

GPSから細かい路地探索が大変!
な遊戯さんサイド。
完全にスタッフの都合なんですけど、それならまだ「GPSが示した目的地にすら着いていない」の方が納得できる気がするんだが。
異国で複雑な道とはいえ、舞さんのオレイカルコス発動まで距離が全然縮まってない(笑)

そこは車で激突しろよ!
とは思わない。うん。思わない。
#ゼロシコ はやっぱすげえねえって思っただけ(笑)<あっちはそれが主旨…の1部
そんな海馬サイド。

舞さんはバランス型デッキ?
ハーピィ強化型って、結構攻撃的に見えるけど、そんなこともないのかなあ。
ハーピィ強化で、結果的に防御も兼ねられる、攻撃は最大の防御型イメージ。
まあ、確かにヴァロンと比べれば守備に寄せてはいるけれど。

未だに迷っている遊戯さんたちと、悪夢の三面鏡でエピソードエンド。

遊☆戯☆王VRAINS第57話、「雲上の決戦」の感想日記です。

前話のあらすじ
2018年6月13日は、第56話、「初陣!ブルーガール」を放送しました。
ウィンディからの頼みもあり、ブルーガールたちを追い返すためにデュエルとなったソウルバーナー。しかし先攻をブルーガールに取られてしまい、早々にトリックスターデッキのコンボを味わう羽目に。


カテゴリ一覧
RSSリンクの表示
遊戯公式他素敵サイト様
sponsored
管理人
訪問ありがとうございます。


ブログに関しては上記の「このブログについて」を、私に関してはプロフ(リンク一覧参照)やツイッターをご覧下さい。

その他、何かありましたら、コメント欄、及びメールフォーム(リンク一覧内設置)にて。コメントも管理人にのみ通知など可能ですので、お好きな方法でアクセス下さい。


FC2カウンター